2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】北陸のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して北陸(石川県、富山県、福井県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の北陸の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが北陸の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、北陸のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】北陸のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速北陸の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)石川県1:特別名勝 兼六園

 

兼六園
兼六園
 
みどころ: 石川、金沢と言えば、やはりここをリストから外すわけにはいかないでしょう。

国指定特別名勝で、日本三名園の一つで国の特別名勝に指定されています。

紅葉はモミジ類だけでも合わせて300本余りあり、ほかにも多種多様な赤や黄色に色づいた紅葉で園内がなんとも風雅な様子に包まれます。

背の高い人であれば思わず背を丸めたくなるほど、赤い葉を茂らせた枝は頭上で交差し、紅葉の屋根を造るところも少なくありません。

冬将軍の早い来訪があれば紅葉と冬の風物詩”雪吊り”の共演も。「金沢城・兼六園ライトアップ秋の段」は11月2日(土)~24日(日)(問合せ先:石川の四季観光キャンペーン実行委員会(石川県観光企画課内)076-225-1542)
 

場所:石川県金沢市兼六町1 特別名勝 兼六園
料金:通常開園時間(8:00~17:00)は有料。大人(18歳以上)→310円、小人(6歳~18歳未満)→100円、団体割引(30人以上)あり。 (※ライトアップは通常開園終了後に行われます。17:30~20:45(閉園21:00)。入場無料)
駐車場:近隣に有料駐車場あり
問合せ先:076-234-3800 石川県金沢城・兼六園管理事務所

 

 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)石川県2:那谷寺

 

那谷寺
那谷寺
 
みどころ: 23万平方メートルもの広々とした境内には重要文化財が点在し、いろいろな種類のモミジやカエデの赤が白い奇岩遊仙境の岩肌に見事に映えます。

国に名勝指定を受けている奇岩遊仙境は見る角度によって異なる表情を見せるので、お近くの方はぜひ、何度でも出かけていただきたい場所です。

このお寺はフランスの旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に南加賀エリアでは初めて掲載されたお寺で、一つ星をもらっています。

まるで白い美しい肌の陶器に描かれた赤い紅葉のようにも見える奇岩と紅葉、お楽しみください。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ11月上旬から11月下旬
木の種類: イロハモミジ、ヤマモミジ、オオヤマモミジ、ハウチワカエデ、ドウダンツツジなど
場所: 石川県小松市那谷町ユ122 那谷寺
料金:拝観料 大人(中学生以上)600円、小学生300円、幼児無料
駐車場:無料
問合せ先:0761-65-2111 那谷寺

 

 


北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)石川県3:宝達山

 

宝達山
宝達山
 
みどころ: 最寄りの鉄道駅「宝達駅」を出ると正面に堂々たる姿でそびえる能登半島の最高峰です。

最高峰と言っても標高637mですので山頂まで歩くのも良いですし、ドライブも楽しいでしょう。

歩いてもおよそ2時間半程度で山頂に着きます。

そして、もっとも高い山なわけですから、山頂からの大パノラマは言うまでもなくすべてを見渡すことのできる景色。

また山自体の山頂にもブナの原生林で黄金色に染まった遊歩道が見事で、歩くだけで秋を満喫できます。
 

期間: 色づき始め10月上旬から中旬~見ごろ10月中旬11月上旬
木の種類: モミジ、ナナカマド、クロモジ、コシアブラ、ウルシ、サクラ、ブナ、ウリハダカエデなど
場所: 石川県羽咋郡宝達志水町紺屋町 宝達山
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0767-29-8250 (宝達志水町企画振興課)

 

 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)富山県1:立山 黒部ダム

 

黒部ダム
黒部ダム
 
みどころ: 大きくなだらかにアーチを描く標高1470mの黒部ダムは、高さ186m、堤長492mという日本一であり、かつ、世界でも屈指の規模を誇るアーチ型ダムです。

そして、背景にはそれを抱えるように立山の峰みね。

「山が燃える」は別の山を謡った演歌の歌詞ですが、まさに連なる峰が赤に染まる美しさは人工の造形物であるダムの機能美と美しさを共有しているように思えます。
 

期間:色づき始め10月上旬~見ごろ10月中旬から10月下旬
木の種類: ナナカマド、ミネカエデ、ダケカンバなど
場所: 富山県中新川郡立山町芦峅寺ブナ坂1国有林 中部山岳国立公園 立山・黒部ダム
料金:無料
駐車場:なし(※自家用車は立山駅無料駐車場または扇沢駅駐車場を利用ください)
問合せ先:076-432-2819 立山黒部アルペンルート、076-462-1001 立山町観光協会

 

 


北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)富山県2:美女平

 

軽井沢 雲場池
軽井沢 雲場池
 
みどころ: 美女平駅の駅舎前にある大きなタテヤマスギには伝説があります。

山は昔から女人禁制と言われますが、立山も女性は入ることができないことになっていました。

しかしおきてを破って立山へ入ったお姫様が山の神の怒りに触れてこの場所で動けなくなり杉の木に姿を変えてしまったと伝えられています(異説あり)。

杉のところに立ててある立て札にある文言「美しき 御山の杉よ 心あらば わがひそやかなる祈り ききしや」を3回唱えると恋愛成就するそうです。

この姫が美しい人だったところから杉の木は「美女杉」そして高原を「美女平」と呼ぶようになったと一説に言われます。

美女平には立山杉やブナ、ツガなどの原始林が繁っており、名前のとおり美しい、たおやかな色に山を染める紅葉の風景がみられます。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月中旬から11月上旬
木の種類: ブナ、コシアブラ、カエデ、ヤマブドウ、タムシバ、ナナカマド、ミズナラなど
場所: 富山県立山町芦峅寺ブナ坂外11国有林 中部山岳国立公園 美女平
料金:無料
駐車場:なし(※立山駅より先は自家用車通行不可です。自家用車の駐車は立山駅無料駐車場をご利用ください)
問合せ先:076-432-2819 立山黒部貫光株式会社 営業推進部

 

 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)富山県3:神通峡

 

神通峡
神通峡
 
みどころ:岐阜県の川上岳に流れの端を発し、富山県まで流れ込む神通川は、富山県の七大河川の一つです。

川の流れと幾重にも重なる山並みが作り上げた神通峡谷は、流れが削って鋭く切れ込んだ谷間が美しくうねる姿を見せる自然美の極みと言えましょう。

豊かな自然で春にも秋にも植物の変化や川の水の美しさで人の目を楽しませてくれます。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月中旬
木の種類:モミジ類
場所: 富山県富山市笹津~猪谷 神通峡 
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:076-443-2072 富山市商工労働部観光政策課

 

 


北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)富山県4:黒部峡谷トロッコ電車

 

黒部峡谷
黒部峡谷
 
みどころ: 黒部峡谷は日本で最も深いと言われるV字峡になっています。

山肌には常緑樹も多く、その合間に紅葉と黄葉樹が点在し。3色の美しい絵のようです。

峡谷を行くトロッコ電車の車窓を流れる赤と黄色と緑の模様はモザイクのように映り、秋が進んで初雪のころにまでなると、雪化粧したサンナビキ山が中腹の紅葉、裾野の緑と美しい染め物の着物のようです。

その美しい色合いを「黒部の五段染め」と呼びます。
 

期間:色づき始め10月上旬~見ごろ10月下旬から11月中旬
木の種類: ヤマモミジ、コミネカエデ、ナナカマド、オオカメノキ、ヤマウルシ、ブナ、ナラなど
場所: 富山県黒部市黒部奥山国有林 黒部峡谷トロッコ電車
料金:トロッコの運賃は区画により変わります。全区画乗った場合、大人(12歳以上)1980円、子ども(6歳以上12歳未満)990円
駐車場:350台乗用車900円/1日、マイクロバス1700円/1日、バス2000円/1日、自動二輪 400円/1日
問合せ先:0765-62-1011 黒部峡谷鉄道 営業センター(受付時間9:00~17:00)

 

 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)福井県1:九頭竜湖

 

九頭竜湖
九頭竜湖
 
みどころ: ダム湖ですが、その湛水面積(貯水池が最高水位のときの面積のこと)は日本でも有数の大きさです。

九頭竜湖にかかる箱ヶ瀬橋(「夢のかけはし」の通称があります)と、赤く、黄色く、黄橙にと染め上がった周囲の山々とのコントラストが美しい景観です。

紅葉は気温差があると美しく色づくと言われますが、九頭竜湖のあたりは昼夜の気温差も大きいため、より色鮮やかに色づくようです。

10月26日(土)、27日(日)は九頭竜紅葉まつり(九頭竜国民休養地にて。

問合せ先→九頭竜まつり実行委員会0779-66-1111)が開催されます。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月中旬
木の種類: サクラ、モミジ、カエデ、ブナ、ウルシなど
場所: 福井県大野市 長野~箱ヶ瀬 九頭竜湖
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0779-66-1111 (代)大野市商工観光振興課観光振興室、0779-65-5521 大野市観光協会

 

 


北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)福井県2:一乗寺朝倉氏遺跡

 

一乗寺朝倉氏遺跡
一乗寺朝倉氏遺跡
 
みどころ:一乗谷にある朝倉氏遺跡は、278万平方メートルという広大な範囲が国の特別史跡として指定保存された全国でも稀有な戦国城下町遺跡です。

遺跡の中には数多くの庭園が残されており、それらは京都の文化の影響を強く受け、どこか高雅な美しさが教養の中に醸し出されている造りが見受けられます。

中でも特別名勝に指定される諏訪館跡庭園は秋には紅葉が美しく庭を染めるのが見もの。

なお、この一乗谷、2010年には携帯電話のCMで白い犬のお父さんの故郷として撮影された場所です。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月上旬から11月下旬
木の種類: モミジ、ドウダンツツジなど
場所: 福井県福井市城戸ノ内町28-37 一乗谷朝倉氏遺跡
料金:無料(※資料館は有料です)
駐車場:無料
問合せ先:0776-41-2330(一社)朝倉氏遺跡保存協会

 

 

北陸の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)福井県3:永平寺

 

永平寺
永平寺
 
みどころ: 除夜の鐘の中継で有名な永平寺です。

曹洞宗の総本山、770年余も前に開かれた、禅宗の中でももっとも厳しい修行をされるとか。

杉の古木が凛と立つ林の中に七堂伽藍の回廊が静かに佇み、参道には老木、大木が迎えるように、しかし静かに静かに立っている光景は、厳粛でありながら拒まれているようには思えません。

入口に近い報恩塔、祠堂殿のあたりや最奥にある法堂周辺で美しい紅葉が見られます。

木々が織り成す紅葉の道をゆっくりと歩いてみましょう。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ11月上旬
木の種類: モミジ、ケヤキなど
場所: 福井県吉田郡永平寺町志比5-15 永平寺
料金:大人(高校生以上)500円、小人(小学生、中学生)200円、障害者手帳をご提示の方200円
駐車場:普通車400円
問合せ先:0776-61-1188 永平寺町観光物産協会

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】北陸のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

9月に大きな台風が続けて2つ来たせいなのか、急にぐぐっと気温が下がっている北陸です。

そんな北陸の紅葉は、早いところではそろそろ色づき始めようかなという時季にさしかかっています。

北陸にはイベントの多い「紅葉どころ」が多いですね。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが防寒対策もお忘れなく。

北陸の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の北陸の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!