2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】四国のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して四国(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の四国の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが四国の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、四国のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】四国のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速四国の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)徳島県1:大歩危小歩危

 

大歩危小歩危
大歩危小歩危
 
みどころ: 2億年という永い時間をかけて吉野川に産地を削られてできた渓谷で、難読地名でご存知の方も多いのではないでしょうか。大理石の彫刻であるかのような芸術的な景観ですが、昔から山歩きの難所、泣かされ所でもあったそうです。当然、のんびり紅葉を見ながら歩けるところではありませんので、遊覧船で川を行きながら1000m級の山地が両岸に続くところを覆う紅葉の美しさを堪能しましょう。
 

期間:色づき始め11月初旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: モミジ、カエデ、ケヤキ、ウルシなど
場所:徳島県三好市山城町(剣山国定公園) 大歩危小歩危
料金:遊覧船→大人(中学生以上)1080円、子ども(3歳以上小学生)540円。団体割引もあります。
駐車場:無料
問合せ先:0883-84-1489 道の駅大歩危(ラピス大歩危)、0883-76-0877 三好市観光案内所

 

 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)徳島県2:剣山

 

剣山
剣山
 
みどころ: 日本百名山のひとつに選ばれており、あたりは国定公園に指定されています。西日本では第2の高峰、標高1955mの山ですが、登山リフトを利用しながら気軽に登山も楽しめます。頂上付近は平坦な草原のようになっており、360度パノラマの展望から、色鮮やかに色づく紅葉を楽しめます。
 

期間:色づき始め10月上旬~見ごろ10月中旬から下旬
木の種類: ナナカマド、モミジ、ブナ、カエデ、ウルシなど
場所: 徳島県三好市東祖谷菅生見ノ越 剣山
料金:観光リフト 往復→大人:1,860円、小人:870円。片道→大人:1,030円、小人:510円。
駐車場:無料
問合せ先:0883-76-0877 三好市観光案内所、0883-67-5277 剣山観光登山リフト

 

 


四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)香川県1:栗林公園

 

栗林公園
栗林公園
 
みどころ: 江戸時代に高松藩の歴代藩主たちによって100年余りの歳月をかけ手を入れ続けて完成された庭園です。国の特別名勝にも指定されており、日本を代表する大名庭園として高い評価の名勝です。湖に映った紅葉と庭園の趣ある眺めはひとしお。南湖の楓岸(ふうがん)、楓嶼(ふうしょ)などカエデの名がつけられるだけあって見事に染まるカエデの紅葉スポットや、鴨場西のオオイチョウの黄金の塔さながらの姿も楽しめます。11月22日(金)~12月1日(日)には紅葉のライトアップがあります。夜の灯りに照らされる紅葉の静寂は壮観。
 

期間:色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: タカオカエデ、ハゼノキ、イチョウなど
場所: 香川県高松市栗林町1-20-16 栗林公園
料金:入園料→高校生以上410円、小中学生170円、未就学児無料 (※元日と開園記念日の3月16日は無料開放)
駐車場:県営東門駐車場→100円/25分、県営北門前駐車場→100円/25分
問合せ先:087-833-7411 香川県栗林公園観光事務所

 

 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)香川県2:小豆島 寒霞渓

 

寒霞渓
寒霞渓
 
みどころ:車で1周すると2時間程度しかかからない(もちろんどこも観光しないで、ですが)小さな島に、日本三大渓谷美のひとつとされ、ミシュラン・グリーンガイド四国で一つ星をもらう日本屈指の景勝地、寒霞渓があります。島で最も高い星ヶ城と美しの原高原の間の渓谷は、南北4km、東西7kmにもわたる深くきれ込んだ渓谷となっており、そこをロープウェイで渡ることができます。広々とした車窓から渓谷と瀬戸内の海岸の美しさを一度に目に納めることができます。秋には島全体が紅葉し、長い年月をかけて作られた自然の景観を赤く染める秋の紅葉が大きな魅力です。11月3日(日・祝)には「寒霞渓もみじ茶会」が開かれます。(問合せ先→寒霞渓ロープウェイ0879-82-2171)
 

期間: 色づき始め11月初旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: オオモミジ、イロハモミジ、ニシキギ、ダイセンミツバツツジ、ナツヅタなど
場所: 香川県小豆郡小豆島町神懸通乙168 (山頂駅) 寒霞渓
料金:ロープウェイ 往復 大人(中学生以上)1890円、小人(小学生)950円
駐車場:無料
問合せ先:0879-82-2171 寒霞渓ロープウェイ、0879-82-7021 小豆島町 商工観光課

 

 


四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)香川県3:金刀比羅宮

 

金刀比羅宮
金刀比羅宮
 
みどころ: 「こんぴらふねふね おいてにほかけて(金毘羅船々 追い手に帆かけて)」の歌は耳にしたことがあるのではないでしょうか。古くから「こんぴらさん」として親しまれている由緒ある神宮です。1368段にもおよぶ長い石段が有名で、約10万平方メートルの広大な神域を持ちます。多くの種類の樹木があり、春には桜、秋は紅葉とほかにも四季を通じて目を楽しませてくれる植生が見事。11月10日(日)に開催の紅葉祭では、紅葉に染まる山を背景にして古式ゆかしい衣裳をまとった神職と巫女が「八少女舞」を奏進し、豊穣の季節を祝う姿が見られます。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ10月下旬から11月下旬
木の種類: カエデ類、イチョウなど
場所: 香川県仲多度郡琴平町892-1 金刀比羅宮
料金:無料
駐車場:なし。町営駐車場をご利用ください。
問合せ先:0877-75-2121 金刀比羅宮社務所

 

 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛媛県1:松山城・松山城二之丸史跡公園

 

松山城二之丸史跡公園
松山城二之丸史跡公園
 
みどころ: 松山市の中心地にある標高132mの勝山山頂に築城された松山城。城の最上階からは瀬戸内海や石鎚山などを見渡すことができ、眺望が楽しめるでしょう。お城を見上げた時の天守と紅葉のコントラストは必見です。東雲口から長者ヶ平までをロープウェーで行くこともできます。また、二之丸史跡庭園は、松山城二之丸跡の敷地を整備して公開されている庭園です。色鮮やかなヤマモミジの紅葉が庭園を彩り、デートスポットや婚礼の前撮り写真の背景としても人気の「恋人の聖地」にもなっています。毎年11月中旬から下旬に紅葉のライトアップ「二之丸光の庭園」が行われ、松山城のライトアップとともに灯りに浮かび上がるシロと紅葉の幻想的な光景が見られます。
 

期間: 11月上旬から中旬~11月中旬から下旬
木の種類: ヤマモミジ、モミジ、ハゼ、アベマキ、ヤマウルシ、コナラ、クヌギなど
場所: 愛媛県松山市丸之内1 松山城、愛媛県松山市丸之内5 二之丸史跡公園
料金:天守観覧券は大人510円、小学生150円。天守観覧券とロープウェイ・リフト往復券があわさった総合券は大人1020円、小学生410円(※10月1日から料金改定あり)
二之丸庭園入園料:大人200円、小人100円、未就学児(5歳以下)保護者同伴で2名まで無料。
駐車場:無料
問合せ先:089-921-2000 (二之丸・堀之内管理事務所)

 

 


四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛媛県3:白滝公園

 

白滝公園
白滝公園
 
みどころ:詩人・野口雨情が「秋の白滝 木と木のもみじ 山に錦の幕をはる」と称賛した秋の白滝公園。紅葉と7つの滝の自然の美しさは絶景です。園内には30分ほどで往復できる遊歩道があるので、ゆっくり紅葉を愛でながら歩くのもいいですね。毎年11月には紅葉フェスティバルとして第3日曜に「滝まつり」、23日に「るり姫まつり」が行われます。
 

期間: 11月中旬~11月中旬から12月上旬
木の種類: ノムラモミジ、カエデ類など
場所: 愛媛県大洲市白滝甲124-2 白滝公園
料金:無料
駐車場:300円/台
問合せ先:0893-52-1111 大洲市観光協会長浜支部、0893-54-0301 大洲市白滝公民館

 

 


四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛媛県4:瓶ヶ森

 

瓶ヶ森
瓶ヶ森
 
みどころ: 霧氷と紅葉が同時に現れる景色は何とも言えず幻想的です。標高1897mの頂上一帯はなだらかな平原で足元の熊笹と、モミ、ツガなどの白骨林が美しい景観になっています。そして白い林の向こうにウラジロモミジ、ブナ、ミズナラなどが赤く染まった山が見える様は寂しげで美しい、日本の秋らしい風景が広がります。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月上旬から中旬
木の種類: ウラジロモミジ、ブナ、ミズナラなど
場所: 愛媛県西条市西之川 瓶ヶ森
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0897-52-1446 西条市 観光振興課

 

 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)高知県1:瀬戸川渓谷

 

瀬戸川渓谷
瀬戸川渓谷
 
みどころ: 吉野川の上流、源流域にある瀬戸川の渓谷は1000m級の山々に囲まれる深い谷です。原生林が生い茂り、緑のころですら美しい景観を織りなすその様子は、秋の紅葉が谷を染めると、清流とともに自然のすがすがしさが味わえます。えめらるどの池、ぶらぶら橋、蛇渕の滝、であいの展望台、もみじ街道、アメガエリの滝、盆栽岩と、紅葉のスポットも多いのでゆっくり堪能できますね。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: モミジ類など
場所: 高知県土佐郡土佐町瀬戸 瀬戸川渓谷
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0887-82-2450 土佐町企画推進課

 

 

四国の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)高知県2:天狗高原(天狗ノ森)

 

天狗高原
天狗高原
 
みどころ: 天狗ノ森(てんぐのもり)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町と高知県高岡郡津野町と吾川郡仁淀川町にまたがる、四国カルスト台地の東部にある天狗高原の最高地点にあります。

ブナやヒメシャラ、アケボノツツジなどの多種多様な植は、10月も下旬のころには森全体が見事に朱に染まります。

森林セラピーロードで美味しい空気と珍しい高山植物の中に目にも鮮やかな紅葉を楽しんでくださいね。
 

期間: 色づき始め10月中旬から下旬~見ごろ10月下旬
木の種類: カエデ、ブナ、トチなど
場所: 高知県高岡郡津野町芳生野乙4921-22 天狗高原(天狗ノ森)
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0889-62-3188 天狗荘

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】四国のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

四国は温暖な気候に包まれている土地のような印象がありますが、四国本土には中央に四国山地もあり、四国の紅葉はさまざまな紅葉スポットが楽しめます。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが場所によっては防寒対策もお忘れなく。

四国の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の四国の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!