2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】北海道のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して北海道のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の北海道の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが北海道の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、北海道のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】北海道のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速北海道の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)1:円山公園

 

円山公園
円山公園
 
みどころ:札幌市民の憩いの場は春は桜、秋は紅葉で楽しめます。

おまつりこそありませんが、公園周囲には人気ランチやカフェのお店が歩いて行けるところにたくさんあります。

また、広大な公園の中には動物園や北海道神宮などのみどころもあり、公園の名前にもなっている円山は子どもの足での20~30分で登山でき、山上から札幌の街と紅葉のコラボレーションの風景が見られます
 

期間:色づき始め10月初旬~見ごろ10月中旬・下旬
木の種類:カツラ、サクラ、ヤマモミジ、ナナカマド、イチョウ、イタヤカエデなど
場所:北海道札幌市中央区 円山公園
料金:無料
駐車場:普通車700円(軽四輪車・小型特殊自動車含)、中型車1000円(マイクロバス)
問合せ先:011-621-0453 円山公園管理事務所

 

 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)2:銀河の滝・流星の滝

 

銀河の滝・流星の滝
銀河の滝・流星の滝
 
みどころ:もともとアイヌの言葉で「ソウウンベツ」(滝の多い川)と呼ばれる大雪山のふもとの2つの滝のあたり。

切り立った崖から雄々しく激しく落ちる流星の滝と、白糸のように美しく流れ落ちる銀河の滝はそれぞれ雄滝、雌滝とも呼ばれます。

ふたつの滝を受け取るかのように足元に美しく広がる赤や黄色の警官は見事です。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬・中旬
木の種類: カツラ、イタヤ、カエデ、ナラなど
場所: 北海道上川郡上川町 層雲峡
料金:無料
駐車場:有料
問合せ先:01658-2-1811 (一社)層雲峡観光協会

 

 


北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)3:イワオヌプリ

 

イワオヌプリ
イワオヌプリ
 
みどころ: アイヌ語で「硫黄の山」を意味するイワオヌプリはニセコ積丹小樽海岸国定公園の中にあります。

硫黄の結晶と火山礫の岩肌を赤、黄、山吹と色づいた葉と常緑の深緑が彩る美しさは、標高1116メートルと低めの山ですのでトレッキングしながらも楽しめます。

秋とは言え、すでに風は冷たくなりつつあるので、服装は冬を想定してくださいね。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ9月下旬・10月中旬
木の種類: ナナカマド、ダケカンバ、ハルニレ
場所: 北海道虻田郡倶知安町 ニセコ積丹小樽海岸国定公園内イワオヌプリ
料金:無料
駐車場:無料(※野営場側の駐車場は盛装協力費100円)
問合せ先:0136-59-2200 五色温泉インフォメーションセンター(8:00~17:00 ※11月~5月は休館)

 

 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)4:知床五湖

 

知床五湖
知床五湖
 
みどころ: 知床連山を背景に原生林の中にたたずむ5つの神秘的な湖が知床五湖です。

「神様が指をついた」とも言われるように、点在する5つの湖から望む秋は、湖面の鏡に映る燃えるような紅葉です。

高架木道と地上遊歩道の2通りの歩き方で紅葉の景観を楽しむことができます。(※地上遊歩道の大ループ
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬・中旬
木の種類: ハウチワカエデ、ナナカマドなど
場所: 北海道斜里郡斜里町 知床国立公園 
料金:高架木道は通年無料。地上遊歩道は期間によって散策できる条件が異なりますので、ウェブサイトよりご確認ください。(https://www.goko.go.jp/index.html)
駐車場:有料(7:30~日没まで)
問合せ先:0152-24-3323 知床五湖フィールドハウス、0152-24-2639 知床観光案内所

 

 


北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)5:滝上渓谷 錦仙峡

 

 
みどころ: 東西似流れる渚滑川の渓谷が「錦仙峡」と呼ばれる景勝地で、洛陽の滝、白亜の滝など大小さまざまな滝があります。

渓谷の両岸には広々とした遊歩道があり、美しい紅葉のトンネルをくぐりながらゆっくり歩いてみるのはいかがでしょう。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月上旬から下旬
木の種類: カエデ、モミジ、ナナカマド、ヤチダモなど
場所: 北海道紋別郡滝上町旭町・元町・新町  滝上渓谷 錦仙峡
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:商工観光課 商工観光係 0158-29-2111

 

 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)6:屈斜路湖畔

 

 
みどころ: 日本最大のカルデラ、屈斜路カルデラの中にある美しいコバルトブルーの湖屈斜路湖。それを縁取るかのように色づいた紅葉が取り巻き、晴れた日には秋の高い青空がまるで湖の色を映したかのように広がります。

来るまでなら湖畔線をドライブすると、紅葉のトンネルも楽しめます。

紅葉馬車(ルートにより有料)に揺られての紅葉狩りもまた良し、です。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬・中旬
木の種類:ナナカマド、ヤマウルシ、カエデ
場所: 北海道川上郡弟子屈町屈斜路 屈斜路湖畔
料金: 無料
駐車場:あり
問合せ先:015-482-2200 摩周湖観光協会(受付時間8:45~17:15)

 

 


北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)7:香雪園(見晴公園内)

 

香雪園
香雪園
 
みどころ: 函館市の見晴公園の中にある香雪園は、素封家岩船峯次郎氏が明治31年頃から造成した本格的風景式庭園で、岩船家の別荘として使われていましたが現在は函館市最大の総合公園です。

「旧岩船氏庭園(香雪園)」の名で北海道唯一の国指定文化財庭園にもなっています。

10月19日(土)~11月10日(日)まで「はこだてフェスタ」が開催されます。

期間中は園内がライトアップ(16:00~21:00)されて秋の夜に光に照らされた紅葉の木々が幻想的です。また、100メートルものカエデ並木は圧巻の美しさです。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月中旬から11月上旬
木の種類: ヤマモミジ、イロハモミジ、イタヤカエデ、イチョウ、カラマツなど
場所: 北海道函館市見晴町56 見晴公園内香雪園
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0138-57-7210 一般財団法人函館市住宅都市施設公社 花と緑の課 東部公園事務所(8:45~17:30)

 

 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)8:神居古潭

 

神居古潭
神居古潭
 
みどころ: アイヌの言葉で「神の住む場所」を意味する神居古潭。「かむい」は古い少年漫画の主人公の名で、古潭は今年2019年の上半期朝ドラのオープニングロングバージョンの歌詞で耳に覚えのある方も多いかもしれません。

そのせいか、響きがとても懐かしい気持ちにさせてくれます。

北海道には「かむい」の名がつく場所が何カ所かありますが、「かむい」と着くところはすべて神の住む場所で神聖なところを意味します。

石狩川に架かるギシギシと鳴る木の橋を渡りながら、赤や黄色に染まる岩肌を見る眺めは心が澄み渡るような気持ちになります。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬・中旬
木の種類: ナナカマド、ミズナラ、カエデなど
場所: 北海道旭川市神居町 神居古潭
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0166-25-7168 (旭川市観光スポーツ交流部観光課、平日8:45~17:15)

 

 


北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)9:阿寒湖畔

 

阿寒湖畔
阿寒湖畔
 
みどころ: まりもで有名な阿寒湖は、温泉天国でもあります。紅葉を眺めながらの温泉も魅力ありますねえ。

阿寒湖の水と太郎湖の水が合流し阿寒川となる阿寒湖の滝口は滝の白い飛沫と秋に色づいた下草、そして中空のもみじの錦で大変美しい景観です。

もみじ祭りではありませんが、10月8日~10日はまりも祭りが行われます。まりもの勉強から、アイヌの民族舞踊なども楽しめます。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ9月下旬から10月上旬
木の種類: イタヤカエデ、ハウチワカエデ、ヤマモミジ、ナナカマド、カツラ、ヤマブドウなど
場所: 北海道釧路市阿寒町 阿寒湖温泉 阿寒国立公園
料金:無料
駐車場:雄阿寒岳滝口の無料駐車場が利用可。国道沿いスポットのため路上駐車禁止なのでスポットに隣接したパーキングを利用してください。
問合せ先:0154-67-3200 阿寒観光協会まちづくり推進機構、0154-67-2505 釧路市産業振興部 阿寒観光振興課

 

 

北海道の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)10:滝の上公園

 

滝の上公園
滝の上公園
 
みどころ: 夕張川の浸食によりできた渓谷は奇岩や大小無数の滝が凄みのある迫力を見せ、自然の力強さをうかがい知れる美しい景観です。

アイヌ語で「ポンソウカムイコタン(北方の神々が住むところ)」と呼ばれ、竜仙峡や千鳥ヶ滝といった北海道有数の名所の紅葉も楽しめます。

国道274号線の紅葉の下のドライブも良いですし、紅く燃えるツツジの山肌を歩きながらゆっくり見るのも素晴らしい眺めでしょう。

夕張川に架かる千鳥橋と滝の吊り橋からの眺めも美しいです! 吊り橋はちょっと怖いかも・・・。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月中旬
木の種類: モミジ、カエデ、ナナカマド、カツラ、ツツジ、桜など
場所: 北海道夕張市滝ノ上 滝の上公園
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0123-52-3128 夕張市産業振興課地域振興係

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】北海道のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

北海道の紅葉は、もっとも早いところはもう色づき、そろそろ見ごろを迎えようかなという頃にさしかかっています。

今回は9月下旬以降に色づき・見ごろ時を迎える北海道の紅葉の名所をご紹介しましたが、今すぐに「秋」を見に行きたいんだ~!という方は日本一早い紅葉を迎えると言われる大雪山旭岳や黒岳、赤岳などへGO!!

北海道の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

北海道の紅葉の名所は山や岩場が多いですので、足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいもので。

言わずもがなですが、行楽先での飲食後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。

もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の北海道の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!