2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】東北のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して東北(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の東北の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが東北の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、東北のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】東北のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速東北の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)青森県1:八甲田連峰

 

八甲田連峰
八甲田連峰
 
みどころ:奥入瀬を通り過ぎ八甲田山へと山道を登るとやがて八甲田ロープウェーの乗り口に。

約10分のライドで津軽平野から陸奥湾、そしてお天気が良ければ北海道も望むことができる360度のパノラマコンパートメントの足もとは連なる山と谷の間を赤く黄色く染める山の錦。

山頂から山のふもとまでが9月下旬から10月下旬にかけて楽しめます。

ロープウェーの営業時間は9:00~16:20(11月中旬~2月は15:40最終)です。
 

期間:色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬から下旬
木の種類: ブナ、ナラ、カエデ、ダケカンバなど
場所: 青森県青森市荒川字寒水沢 八甲田連峰(八甲田ロープウェー)
料金:片道→大人1250円(※中学生以上)、小人450円、未就学児以下は無料。
往復→大人2000円、小人700円、未就学児以下は無料。
5回券、シーズン券などもあります。(※シーズン券には証明写真が必要)
駐車場:あり
問合せ先:017-738-0343 八甲田ロープウェー 業務課、017-723-4670 青森市観光交流情報センター

 

 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)青森県2:弘前公園

 

弘前公園
弘前公園
 
みどころ:春はGWの前半頃に見事な桜の花で埋め尽くされる城下の弘前公園。

現在、お城の石垣を修理する大工事の最中ですが、曳屋という、なんと建造物だけを移動させて、城下の公園は開園しています。

公園内には桜2600本と言われますが、春に花で楽しませてくれたそれらは、秋にはすべて紅葉するということでもあります。

弘前城は東北で唯一現存するお城です。北の郭から眺める岩木山は大変美しい姿です。

公園内で行われる菊と紅葉祭りもぜひお楽しみください。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: カエデ、桜、イチョウ、ケヤキ、カツラなど
場所: 青森県弘前市下白銀町1 弘前城
料金:弘前城植物園、本丸・北の郭、藤田記念庭園は有料エリアとなります。植物園のみのチケット、有料エリア共通チケットがあります。
駐車場:あり
問合せ先:0172-33-8739 弘前市都市整備部公園緑地課

 

 


東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)秋田県1:十和田湖・十和田大館樹海ライン

 

十和田湖・十和田大館樹海ライン
十和田湖・十和田大館樹海ライン
 
みどころ:十和田湖は青森県と秋田県にまたがるカルデラ湖です。

今回は秋田県側からのご紹介。

十和田湖から小坂町を抜けて大館へと続くドライブロードは、ゆっくりと秋を辿る道のよう。

十和田の紅葉は十和田湖の外輪山から湖畔へと次第に染まっていきます。

雨の日には濡れた車道に頭上の紅葉が映り、紅いトンネルの中を走っているかのようです。

くれぐれも見惚れて事故には遭わないようご注意くださいね。
 

期間: 色づき始め10月上旬から中旬~見ごろ10月中旬から11月上旬
木の種類: ナナカマド、モミジ、カエデ、ウルシ、ブナ、ナラ、カツラ、ヤマブドウなど
場所: 秋田県鹿角郡小坂町十和田湖 国立公園十和田湖
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0176-75-2425 (一社)十和田湖国立公園協会、0186-29-3908 小坂町観光産業課

 

 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)秋田県2:獅子ヶ鼻湿原

 

獅子ヶ鼻湿原
獅子ヶ鼻湿原
 
みどころ: 秋田と山形の間に会怯える鳥海山。

その秋田側山麓に広がる獅子ヶ鼻湿原は、ブナの巨木が群生し、そこに入り込めばまるで、神話か古代か、はたまたジブリのアニメの世界に入り込んだように幻想的な感にとらわれます。

そして、ブナは紅葉ではなく黄葉、そう黄色く染まるのです。大きなブナの葉が黄金に染まった景観は見逃せません。

奇形ブナの中でも最大と言われる「あがりこ大王」と名付けられた木は生命の神秘を美しく雄々しく魅せてくれます。もちろん、紅く色づく木々も。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬
木の種類: ブナ、ナラ、カエデなど
場所: 秋田県にかほ市象潟町横岡字中島岱地内 獅子ヶ鼻湿原
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0184-43-6608 にかほ市観光協会

 

 


東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岩手県1:平庭高原

 

平庭高原
平庭高原
 
みどころ:平庭岳の中腹、標高800メートルのところに広がる広大な平庭高原。

国道の両側に約4kmも続く白樺林は高原全体で約31万本だそうです。

白い木肌とカエデやモミジの紅葉のコントラストはまるで映画のシーンのようです。

10月20日(日)に行われる東北唯一の闘牛、平庭闘牛大会の名称は「もみじ場所」としゃれています。
 

期間:色づき始め10月上旬~見ごろ11月上旬
木の種類: カエデ、モミジ、シラカバ、ツタウルシなど
場所: 岩手県久慈市山形町 平庭高原
料金:無料
駐車場:あり
問合せ先:0194-72-2111 久慈市 山形総合支所 産業建設課

 

 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岩手県2:毛越寺

 

毛越寺
毛越寺
 
みどころ:藤原道長に始まる王朝の殿上人たちの浄土への憧れは宇治の平等院鳳凰堂に始まり、源頼朝の鎌倉、永福寺の浄土庭園を経て奥州藤原氏によって北の地、平泉の毛越寺に受け継がれます。

11月1日~3日には「秋の藤原まつり」も開かれ、鹿踊り、神楽などが紅い紅葉の下で繰り広げられる様をお楽しみください。

庭園の中央の大泉が池に逆さに映る紅いじゅうたんも見事です。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ10月下旬から11月中旬
木の種類: モミジなど
場所: 岩手県西磐井郡平泉町平泉字大沢58 毛越寺
料金:拝観料大人500円、高校生300円、小・中学生100円
駐車場:有料
問合せ先:0191-46-2331 毛越寺事務局

 

 


東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)山形県1:山寺(立石寺)

 

立石寺
立石寺
 
みどころ:「閑さや岩にしみ入る蝉の声」、松尾芭蕉が330年前に山寺こと立石寺を訪れて詠んだ句です。

800段余もの石段を数えて奥の院まで、夏はさぞ青々とした木々が陰を作っていたことでしょう。

それが秋になると色づいていくのです。

10月27日から11月10日にかけては「宝珠山ライトアップ・光のロード」が行われます。

立石寺は夜間入山禁止なので、門前町商店街や芭蕉記念館から光に浮かび上がる紅葉と立石寺境内も楽しめます。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ11月上旬
木の種類: サクラ、カエデ、ブナなど
場所: 山形県山形市大字山寺 山寺(立石寺)
料金:大人(高校生以上)300円、中学生200円、4才~小学生100円、団体(30名以上)240円
駐車場:有料
問合せ先:023-695-2816 山寺観光案内所、023-647-2266 山形市観光案内センター

 

 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)山形県2:眺海の森

 

眺海の森
眺海の森
 
みどころ:西に日本海、北に鳥海山を望む広大なパノラマの眺望が魅力の眺海の森。

夕日の赤い光を受けて、色づいた紅葉がきらめく絶景をぜひご覧ください。

「森」のてっぺんにはピクニックランドがあり、広々とした広場やアスレチック、小さいお子さんも楽しめる遊具も。

ドームのある天体観測館「コスモス童夢」には口径50センチの反射望遠鏡もあります。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ11月上旬
木の種類: 桜、ナナカマド、モミジ、ブナ、クリなど
場所: 酒田市土渕字大平 眺海の森
料金: 眺海の森は無料。コスモス童夢は大人100円、小人(小・中・高)50円。
駐車場:あり
問合せ先:0234-62-3323 眺海の森森林学習展示館

 

 


東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)宮城県1:碧玉渓

 

碧玉渓
碧玉渓
 
みどころ: あまりの美しさに、明治時代の文豪・徳富蘆花が、詩の中で「碧玉渓」(青や緑の宝石の谷)と詠んだことから、その名がつきました。

春夏の木々の緑が、黄金色のもみじに変わり白石川に映り込む秋もまた絶景です。

吊り橋の上からはエメラルド色の白石川と赤・黄のもみじの対比が美しいです。
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: ナラ、クヌギ、カエデなど
場所: 宮城県白石市小原 碧玉渓
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:0224-29-2031 小原公民館

 

 

東北の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)福島県1:安達太良山・安達太良連峰

 

安達太良山・安達太良連峰
安達太良山・安達太良連峰
 
みどころ: 古くは『万葉集』にも歌われ、高村光太郎の『智恵子抄』にも「阿多多羅山」の名が出てくる安達太良山は、「日本百名山」、「新日本百名山」、「花の百名山」、「うつくしま百名山」に選定されています。

連峰の中でもとりわけ薬師岳の山肌は、燃えるような美しい赤に色づきます。

多種多様な木々が植わっているためだと言われます。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬から中旬
木の種類: ミズナラ、ブナ、イタヤカエデ、ナナカマドなど
場所: 福島県二本松市永田字長坂国有林 安達太良連峰
料金: 無料
駐車場:あだたら高原スキー場駐車場は無料。ただし、一部日程、有料になることがあるのでお問い合わせください。
問合せ先:0243-55-5122 二本松市観光連盟
0243-24-2141 あだたら高原リゾート(ロープウェイ)

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】東北のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

東北の紅葉は、そろそろ色づき始めようかなという時季にさしかかっています。遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが防寒対策もお忘れなく。

東北の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の東北の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!