2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】東海のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して東海(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の東海の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが東海の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、東海のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】東海のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速東海の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛知県1:徳川園

 

徳川園
徳川園
 
みどころ: 徳川3代将軍家光の娘を正室とした徳川光友の隠居所、大曽根御屋敷跡に築造された大庭園で、公園として一般に開園されたのは2004年のことになります。秋にはいろいろなモミジ類が園いっぱいを彩ります。

庭園は高低差ある地形や、既存のまま取り入れた樹林、立体的に迫る大きな岩組みが特徴で、それがむしろ大名庭園としての荘厳さを醸し出す造りになっており、緑や花も多く、四季を通じて美しさが楽しめる庭園です。

11月24日(日)~12月8日(日)「錦を纏う 徳川園紅葉祭」(問合せ先→徳川園事務所052-935-8988)が開催されます。

また、 11月29日(金)~12月1日(日)、12月6日(金)~8日(日)に夜間開園が行われて、紅葉灯りみちとしてライトアップされます。

毎週月曜が休園日(月曜日が祝祭日の場合は翌火曜日が休園)
 

期間:色づき始め11月中旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、ヤマモミジ、ニシキギなど
場所: 愛知県名古屋市東区徳川町1001 徳川園
料金:入園料 一般300円、中学生以下無料。名古屋市内在住65歳以上100円(要証明書類提示) (※共通観覧や団体などの各種割引あります)
駐車場:120円/30分
問合せ先:052-935-8988 徳川園事務所

 

 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛知県2:名古屋市東山動植物園

 

名古屋市東山動植物園
名古屋市東山動植物園
 
みどころ: 電車、バスで気軽に行ける名古屋の町部、アクセスのよい紅葉スポットとして人気です。

園内の植物園ではモミジ、カエデ類の樹木500本以上が紅葉します。

奥池に映る池端の逆さもみじはひときわ美しく幻想的です。もみじ狩りのイベントが開催され、キッチンカーで腹ごしらえしたら、コンサートなども楽しめます。
 

期間:色づき始め11月下旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、ハウチワカエデ、ヒトツバカエデ、メグスリノキ、カツラ、エノキ、マンサクほか
場所: 愛知県名古屋市千種区東山元町3-70 名古屋市東山動植物園
料金:大人(高校生以上)500円、名古屋市在住65歳以上(要証明書)100円、中学生以下無料。
駐車場:普通自動車800円、大型車2000円/1回、二輪車(50cc以上)400円
問合せ先:052-782-2111 東山総合公園

 

 


東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)愛知県3:岩屋堂公園

 

岩屋堂公園
岩屋堂公園
 
みどころ: 鳥原川沿いの静かな渓谷は鮮やかな紅葉スポットです。

天然のほこら「岩屋堂」や暁明ヶ滝、瀬戸大滝といった迫力ある滝の上げる白い飛沫と紅葉の赤の対比は大変美しい自然美です。

晴れた日には岩巣山展望台から名古屋駅周辺の町が一望できます。

川に架かる紅葉のアーチをのんびり散策してみませんか。

11月1日(金)~11月30日(土)には 岩屋堂もみじまつりが開催されます。(問合せ先→瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会 0561-85-2730)
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月下旬
木の種類: モミジ類、カエデ類
場所: 愛知県瀬戸市岩屋町81 岩屋堂
料金:無料
駐車場:一部有料
問合せ先:0561-85-2730 瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会

 

 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岐阜県1:飛騨美濃せせらぎ街道

 

飛騨美濃せせらぎ街道
飛騨美濃せせらぎ街道
 
みどころ: ナラやブナ、カラマツなど居並ぶ広葉樹が街道沿いに黄金色のラインを作ります。

こと、めいほう高原周辺から高山市清見町をつなぐ道筋は標高に差があるルートですので、各々の位置によって色づく木々の見頃が異なってきます。

一番標高の高い西ウレ峠から徐々に紅葉してくる美しいもみじのラインが長い期間にわたって楽しめる光景です。

あくまでも公道ですので、道端に路駐せず、各所広場などに設けられている駐車場を利用しての駐車をしましょう。

10月28日(日)には、「めいほう高原秋まつり」が行われます。

名物「千人鍋」を食べにGO!(問合せ先→明宝観光協会0575-87-2844)
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: ナナカマド、カラマツ、ナラ、ブナ、モミジなど
場所: 岐阜県郡上市明宝~高山市清見町の国道472号、県道73号 飛騨美濃せせらぎ街道
料金:無料
駐車場:各所広場等、駐車場所あり。無料。
問合せ先:0575-87-2844 明宝観光協会、0577-68-2338 ひだ清見観光協会

 

 


東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岐阜県2:養老公園

 

養老公園
養老公園
 
みどころ: 養老の滝といえば、「滝の水が酒に変わって親孝行ができた」という伝説で有名ですが、その「養老の滝」を中心とした公園が養老公園です。

色付いたカエデやイチョウが遊歩道を囲むようにして左右に植えられており、養老の滝までの道のり(駅から歩くと約40分ほど)が紅葉のトンネルのように彩られています。

遊歩道の先に見える勇壮な滝とかわいらしい赤や黄色の紅葉はまさに物語の中の風景のよう。園内にはほかにも、不動橋やせせらぎ街道など紅葉を愛でることのできるスポットがあります。

10月1日(火)~11月30日(土)の毎週末は、養老の滝、不動橋あたりでもみじ祭りなどのイベントが開催されます。
 

期間: 11月中旬~11月下旬から12月上旬
木の種類: カエデ類、イチョウなど
場所: 岐阜県養老郡養老町高林1298-2 養老公園
料金:園内一部施設は有料。
駐車場:無料。ほか、近隣には有料の民間駐車場もあります。
問合せ先:0584-32-1108 養老町観光協会

 

 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岐阜県3:下呂温泉

 

下呂温泉
下呂温泉
 
みどころ: 江戸時代の儒学者・林羅山により、有馬温泉、草津温泉と併せて「日本三名泉」と言われた名泉、下呂温泉は、薬師如来が傷ついた一羽の白鷺に姿を変えて飛騨川で傷を癒し、源泉のありかを人に知らせたのが起源とも言われます。

この白鷺伝説の薬師如来が祀られた寺、温泉寺では毎年11月に紅葉のライトアップが行われます。

合わせて足湯も設けられる予定とのことですので、お風呂にまでは入らないけど、紅葉見物で冷えた足だけでも温めたいと言う方はぜひ。

温泉寺・秋の紅葉ライトアップの問合せ先は下呂温泉・醫王霊山温泉寺0576-25-2465まで。
 

期間: 色づき始め10月下旬から11月上旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: サクラ、モミジ、カエデ、コブシなど
場所: 岐阜県下呂市 下呂温泉・温泉寺・合掌村
料金:温泉寺は拝観無料。温泉街の東にある弘法山の合掌村(合掌家屋を移築展示してあります)は入場料大人800円、小中学生400円。
駐車場:無料。下呂温泉街の駐車場は一部有料。
問合せ先:0576-25-4711 下呂市総合観光案内所

 

 


東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)静岡県1:出会い橋

 

出会い橋
出会い橋
 
みどころ:本谷川にかかる「男橋」、猫越川にかかる「女橋」の2つの橋が、合流する地点付近に、まるで出会うようにあることから名づけられています。

橋周辺の木々が紅葉の季節には赤や黄色に色づき、美しい景色の中、男性は男橋、女性は女橋を渡るときに、向こうから来た人が運命の人になると言われます。

紅葉の下の縁結びのスポットなんてロマンチックですね。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: カエデ、ケヤキなど
場所: 静岡県伊豆市湯ヶ島 出会い橋
料金:無料
駐車場:天城会館無料駐車場を利用ください。
問合せ先:0558-85-1056 伊豆市観光協会天城支部

 

 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)静岡県2:富士山富士宮口五合目(静岡側)・富士山スカイライン

 

富士山スカイライン
富士山スカイライン
 
みどころ:富士山は八合目より上がご神体とされます。

富士山スカイラインは二合目で標高1000~1500mの「ベースルート」と標高1500~2400m(新五合目)の「登山ルート」に分岐します。

富士宮口五合目へは4月下旬から11月中旬まで通行することが可能で、多くの人が春~秋の富士山の姿をその目に納めるため訪れています。

紅葉の頃、富士山の美しくも雄大な姿とともに秋の赤や黄金色に染まった葉の重なり、木々の姿は絵葉書そのもの。

お天気が良いと、富士宮口五合目から駿河湾や伊豆半島、さらには南アルプスの連なりまでが見えることも。

スカイライン途中にある水ヶ塚公園は休憩スポットとしてもフォトスポットとしてもおすすめ。

富士山スカイラインにはマイカー規制で自家用車では入れない日もあるのでご注意を。
 

期間: 色づき始め9月下旬~見ごろ10月上旬から下旬
木の種類: カラマツ、ウルシ、カエデ、イタドリ、ナナカマドなど
場所: 静岡県富士宮市 富士箱根伊豆国立公園内 富士山富士宮口五合目・富士山スカイライン
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:(マイカー規制)0545-65-1331、(富士宮市観光課)0544-22-1155、(静岡県道路企画課)054-221-3014

 

 


東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)静岡県3:修善寺虹の郷(もみじ林)

 

修善寺虹の郷
修善寺虹の郷
 
みどころ: 伊豆地方では最大級の紅葉群生林で、多種多様な樹木が植わっているため長い期間の紅葉が楽しめます。

丘陵地を生かしたもみじ林には約1000本のモミジ類、ラクウショウやアメリカフウが黄金色に色づくカナダ村やフェアリーガーデンも、それぞれ映画の1シーンのように美しい景観です。

もみじ林の一部ではもみじライトアップも行われ、秋の修善寺温泉の風物詩として人気です。

灯りに照らされて幻想的に浮かび上がった色鮮やかな紅葉をお楽しみください。
 

期間: 11月中旬~11月中旬から12月中旬
木の種類: ヤマモミジ、オオモミジ、エンコウカエデ、コハウチワカエデ、イロハモミジ、アメリカフウ、ラクウショウなど
場所:静岡県伊豆市修善寺4279-3  修善寺虹の郷(もみじ林)
料金:入園料 大人 (中学生以上)1200円、小人(4歳~小学生)600円 / 夜間特別料金(16:00~21:00)大人(中学生以上)900円、小人(4歳~小学生)500円 ※消費税の改定により料金改定あり
駐車場:普通車300円/1日、大型バス800円/1日、マイクロバス600円/1日、二輪車100円/1日
問合せ先:0558-72-7111 修善寺 虹の郷

 

 

東海の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)三重県1:伊勢神宮内苑神苑

 

伊勢神宮内苑神苑
伊勢神宮内苑神苑
 
みどころ:皇室の御祖神であり日本人の大御祖神である天照大御神が祀られている伊勢神宮の皇大神宮は、通称「内宮」とも呼ばれています。

神路山を水源とする神路川・島路山を源とする島路川の二つの流れが合流した五十鈴川。玉砂利と清流の上に広がる紅葉の枝えだ、すがすがしさという言葉がまさにぴったりです。
 

期間: 色づき始め11月下旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: モミジ類など
場所: 三重県伊勢市宇治館町1 伊勢神宮内苑神苑
料金:無料
駐車場:1時間未満無料、1~2時間500円、2時間以上は30分毎に100円ずつ加算
問合せ先:0596-24-1111 伊勢神宮(代)

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】東海のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

東海の紅葉は、早いところではそろそろ色づき始めようかなという時季にさしかかっています。

東海と言っても町から山間部まで広いのですが、意外にも町なかから近いところに紅葉の名所があったりするようです。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが防寒対策もお忘れなく。

東海の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の東海の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!