2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】近畿のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して近畿(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の近畿の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが近畿の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、近畿のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】近畿のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速近畿の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)京都府1:洛北 貴船神社

 

貴船神社
貴船神社
 
みどころ: 貴船神社は水の供給を司る神を祀る古社で、夏には川床で涼を取る避暑でも有名ですね。

謡曲や能の「鉄輪」という作品ではちょっと恐ろしいお話の舞台になっていますが、縁結びの神さまとしても人気があります。

本宮の参道石段に並ぶ朱の春日灯篭とあくまでもその背景として赤く染まる紅葉の共演する光景は恐ろしささえ感じるほどに大変美しいです。

11月2日(土)から24日(日)までの「貴船もみじ灯篭」開催期間中は一帯に置かれる行灯で、あたり一面穏やかな雰囲気に包まれます。

また、遠く見える鞍馬山の赤く染まるのも、趣のある風景です。
 

期間:色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: カエデ類、イロハモミジ、サクラなど
場所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町180 貴船神社
料金:無料
駐車場:停められる台数が少ないのと、貴船エリアは道も細く車が渋滞するので、公共交通機関で行くことをお勧めします。
問合せ先:075-741-2016 貴船神社、075-741-4444 貴船観光会

 

 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)京都府2:平等院

 

平等院
平等院
 
みどころ: 平安時代に栄華を誇った藤原氏ゆかりの古寺で、宇治上神社と平等院は世界遺産に登録されています。

平安貴族が憧れた浄土への夢を託した浄土庭園の阿字池に沿って木々が色づき、世界遺産の建築物、鳳凰堂とともに水面に静かに映り込むさまは平安の時代から変わりない美しさをたたえているのでしょう。

11月16日(土)、17日(日)、23日(土)、24日(日)、29日(金)~12月1日(日)、紅葉と鳳凰堂をライトアップする夜間特別拝観(18:00~20:00)が行われます。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: カエデ類、イチョウなど
場所: 京都府宇治市宇治蓮華116 平等院
料金:大人600円、中高生400円、小学生300円、夜間特別拝観:中学生以上1000円
駐車場:なし
問合せ先:0774-21-2861 平等院

 

 


近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)京都府3:談山神社

 

談山神社
談山神社
 
みどころ:多武峰の山中に、木造で唯一現存している十三重の塔と大小様々な社殿が配置されている談山神社は、大化の改新にちなんで毎年11月3日に行われる「けまり祭り」で有名です。

「関西の日光」とも言われ、3000本にもなるカエデの木々が濃い赤に境内を染めます。

11月9日(土)~24日(日)、夜間ライトアップが行われます。

今年2019年は藤原鎌足公没後1350年で、紅葉まつりの期間、鎌足公にゆかりのあるものを社宝特別展として展示されるとのこと。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: カエデ、サクラ、イチョウなど
場所: 奈良県桜井市多武峰319 談山神社
料金:大人(中学生以上)600円、小学生300円、未就学児無料。団体割引あり。障害者(付き添い1名まで)300円
駐車場:無料。11月中は中型車以上は予約優先。
問合せ先:0744-49-0001 談山神社、0744-42-9111 桜井市 観光まちづくり課

 

 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)奈良県1:信貴山 朝護孫子寺

 

朝護孫子寺
朝護孫子寺
 
みどころ:信貴山は聖徳太子が「寅の年、寅の日、寅の刻」に毘沙門天王の力を借りて物部守屋と戦い、勝利を収めたという言い伝えがある山で、毘沙門天を祀る朝護孫子寺は秋になると、境内全域にとどまらず周囲の山々ま赤く染まる景観が楽しめます。

いくつもの伽藍が連なる境内に約1000本の赤い紅葉が美しい背景となって映えます。

紅葉のシーズン中は22時までライトアップされます。
期間:色づき始め10月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
 

期間:色づき始め10月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: モミジ、イチョウなど
場所: 奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1 朝護孫子寺
料金:霊宝館拝観料 大人300円、小中生200円。国宝信貴山縁起絵巻特別公開期間(10月26日~11月10日) 霊宝館拝観料 大人400円、小中生250円。戒壇巡り(本堂)100円。未就学児無料
駐車場:500円/1回
問合せ先:0745-72-2277 信貴山 朝護孫子寺

 

 


近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)滋賀県1:メタセコイア並木

 

メタセコイア並木
メタセコイア並木
 
みどころ: メタセコイアはスギ科メタセコイア属の落葉高木で、最初にまず化石として発見され絶滅種とされていましたが、1946年、中国四川省で生きたメタセコイアが発見され、今では「生きた化石」などと言われながら街路樹などにも使われています。

直線の道沿いに2.4km、500本のメタセコイアが秋になると黄色から赤へと移り変わっていく秋のトンネルは一見の価値があります。

近くには果物狩りができる農園マキノピックランドや、メタセコイアカフェで暖かい飲み物を飲みながらガラス越しのメタセコイアを眺めるのも良いですよ。
 

期間:色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: メタセコイア
場所: 滋賀県高島市マキノ町寺久保~牧野 メタセコイア並木
料金:無料
駐車場:マキノピックランド(無料)をご利用ください。事故などを避けるため、並木道の路駐はしないようにしましょう。
問合せ先:0740-27-1811 マキノピックランド

 

 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)兵庫県1:姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

 

好古園
好古園
 
みどころ: 世界遺産の姫路城を借景に3万平方メートルを超える広さの、江戸時代の風情を醸し出す日本庭園です。

時代劇やドラマのロケ地としても有名ですね。

姫山原始をバックにして雄滝と大池の眺めが素晴らしい調和の潮音斎に、秋になれば紅葉の赤が加わり華やかになります。

流れの平庭の枝垂れ紅葉、夏木の庭の紅葉トンネルなどの紅葉スポットも。園内の活水軒で庭の紅葉を見ながらのお食事もお薦めです。

11月15日(金)~12月1日(日)の金・土・日・祝日限定 は「紅葉会」でライトアップされて、幻想的な夜間景観が楽しめます。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、ヤマモミジ、ハウチワカエデ、桜、ケヤキ、ムクノキ、ドウダンツツジなど
場所: 兵庫県姫路市本町68 姫路城西御屋敷跡庭園 好古園
料金:好古園入場 大人(18歳以上)300円、小人(小・中学生、高校生)150円。好古園・姫路城共通券 大人(18歳以上)1040円、小人(小・中学生、高校生)360円 ※10月1日(火)より大人(18歳以上)310円、小人(小・中・高校生)150円、小学校就学前の方は無料。
駐車場:なし
問合せ先:079-289-4120 好古園

 

 


近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)兵庫県2:高源寺

 

高源寺
高源寺
 
みどころ: 様々なカエデの種類の中でも、鎌倉時代に遠谿祖雄(えんけいそゆう)禅師が中国杭州の天目山より持ち帰って植えたといわれる「天目カエデ」が黄色からオレンジの美しい色合いに染まり、目を引きます。

葉が小さく、切れ目が深く、枝垂れる天目カエデの紅葉が、広い境内を美しく染めます。

また、惣門から山門までの参道が紅葉のトンネルになるのも見事です。

11月3日(日)に山開き安全祈願式が行われ、甘酒の無料接待(先着200名)や、琴の演奏、民謡の披露などもあり賑わいます。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月上旬から下旬
木の種類: カエデ類、ドウダンツツジ、イチョウなど
場所: 兵庫県丹波市青垣町桧倉514 高源寺
料金:入山料→大人300円、小中学生100円、未就学児無料、身体障害者(障碍者手帳表示)200円
駐車場:無料。第1・2駐車場は乗用車用、バス等は第3駐車場が専用。状況により係員の指示あり。大型バス等の集落内への通行規制あり。
問合せ先:0795-87-5081 高源寺寺務所(受付9:00~18:00)

 

 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)大阪府1:箕面大滝

 

箕面大滝
箕面大滝
 
みどころ:落差33mの大滝は、その流れ落ちる滝の姿が、農具の「箕」に似ていることから、箕面大滝と呼ばれるようになったそうです。

「箕面」の地名の由来もここから。

滝周辺が燃えたつような紅葉に滝の音が沁み込むように響き、真っ赤なカエデ越しに見る名瀑は、そのコントラストもさることながら、動の滝と静の紅葉が絶景です。

11月1日(金)~30日(土) 明治の森箕面国定公園もみじまつりが開催されます。(問合せ先:箕面 交通・観光案内所 072-723-1885)
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、オオミモジ、アカシデ、コナラなど
場所: 大阪府箕面市箕面公園 箕面大滝
料金:無料
駐車場:園内、駅前からの滝道沿いには駐車場はありません。箕面駅周辺の市営駐車場、コインパーキング等のご利用を。
問合せ先:072-723-1885 箕面 交通・観光案内所、072-721-3014 箕面公園管理事務所

 

 


近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)和歌山県1:高野山

 

高野山
高野山
 
みどころ:弘法大師によって開かれた日本仏教の聖地、高野山。山全体を総本山金剛峯寺という大きな寺に見立て、山の至る所、寺であり境内であるとされています。

山内にある117カ寺のうち、52カ寺は宿坊です。金剛峯寺から壇上伽藍に向かう蛇腹路は紅葉のトンネルとなり、そこをくぐるときの荘厳な雰囲気すらも美しい気がします。

蛇腹路は10月上旬から11月中旬頃まで17:30からライトアップされます。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: モミジ、イチョウ、カエデなど
場所: 和歌山県伊都郡高野町高野山132 高野山
料金:拝観料●金剛峯寺:一般(中学生以上)500円、小人(小学生)200円、未就学児は無料。●金堂:一般(中学生以上)200円、小学生以下無料。●大塔:一般(中学生以上)200円、小学生以下無料。●霊宝館:一般600円、高校生・大学生350円(学生証の提示が必要)、小中学生250円、未就学児無料。
駐車場: 無料
問合せ先:0736-56-2011 総本山 金剛峯寺

 

 

近畿の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)和歌山県2:西之丸庭園(紅葉渓庭園)

 

紅葉渓庭園
紅葉渓庭園
 
みどころ: 西之丸庭園、通称「紅葉渓庭園」と呼ばれます。

8217平方メートルの広さを持つ大名庭園は、通称に紅葉の名が入る通り、秋に美しい姿を誇る庭園です。

池の水面に映るモミジ、池のほとりに建つ鳶魚閣や、池の中央にある舟の形をした御舟石など、紅葉の下、静けさを湛えて江戸時代からの悠久の時を感じさせてくれます。

庭園内にある茶室紅松庵では、お抹茶(お菓子付き460円)をいただくことができます。(※消費税10%となる10月1日(火)から料金は470円)
 

期間: 色づき始め11月下旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: カエデ類、イロハモミジ
場所: 和歌山県和歌山市一番丁3 西之丸庭園
料金:入園無料
駐車場:普通車1時間まで200円、2時間まで350円、以後1時間につき200円。※10月1日からは2時間までが360円。
問合せ先:073-431-8648 茶室紅松庵、073-435-1044 和歌山市和歌山城整備企画課

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】近畿のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

近畿の紅葉は、南は和歌山県、北は京都や兵庫県と南北に広く、また、町から山間部まで紅葉スポットもさまざまで、意外にも町なかから近いところに紅葉の名所があったりするようです。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが場所によっては防寒対策もお忘れなく。

近畿の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の近畿の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!