2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】千葉県のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して千葉のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の千葉の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが千葉の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、千葉のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】千葉のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃の時期は?

さて、早速千葉の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)1:亀山湖

 

亀山湖
亀山湖
 
みどころ:千葉っていうと温暖なイメージがあると思いませんか?

この亀山湖はダムを造成した際にできた人工湖ですが、周辺は美しい木々に囲まれ、「関東で一番遅い紅葉の名所」として知られています。

亀山湖を跨ぐオレンジ色のアーチ状の美しい橋「岩の上橋」は紅葉の赤~オレンジ~黄色のグラデーションの中に入り込み、人工物なのに自然物のような美しさを演出するのに一役買っています。

また、亀山湖周辺にはいくつものボート店があり、クルーズを行っています。ぜひ湖に出て、紅葉に囲まれてみてください。

紅葉のころには「亀山オータムフェスティバル」も開催され、大変賑わいます。

(今年は11月20日(水)~12月8日(日)→お問い合わせ君津市観光協会亀山支部 0439-39-2535)
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: モミジ、イチョウ、ナラ、クヌギなど
場所: 千葉県君津市川俣旧川俣8 亀山湖
料金:無料
駐車場:亀山観光案内所やすらぎ館駐車場が無料で使用できます。また、近隣ボート店にも駐車場がありますので、クルーズ利用の場合にはお問い合わせください。
問合せ先:0439-56-1325 君津市経済部観光課、0439-39-2535 一般社団法人君津市観光協会 亀山支部

 

 

千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)2:もみじロード

 

もみじロード
もみじロード
 
みどころ:千葉からも富士山って見えるんですよ。

県道182号(上畑湊線)は通称「もみじロード」と呼ばれ約10kmの長さにおよそ1000本のモミジが立ち並ぶ県内屈指のモミジの名勝です。

晩秋のまろやかなはちみつのような木漏れ日の中に目にも鮮やかな紅葉の美しさは映画のシーンのようです。

ほかにも地蔵堂の滝が落ちる勇壮な水音と周囲の紅葉の耳と目で味わえる情景も。

11月下旬~12月上旬には「もみじロードふれあいウォーク」、山中もみじまつりが開催されます。(問合せ先:富津市商工観光課 0439-80-1291)
 

期間:色づき始め11月中旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、イチョウなど
場所: 千葉県富津市志駒~山中 もみじロード
料金:無料
駐車場:周辺に無料駐車場あり
問合せ先:0439-80-1291 富津市商工観光課

 

 


千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)3:養老渓谷

 

 
みどころ:養老川の上流、養老渓谷はハイキングのメッカです。ハイキングしながら楽しめる紅葉スポットも多く、大福山、梅ヶ瀬、中瀬遊歩道、栗又の滝、筒森もみじ谷など。

毎年11月23日に開催される「養老渓谷もみじまつり」のほかに、老川十字路周辺、粟又の滝、養老渓谷温泉街などでは紅葉のライトアップも。

多種多様な樹木の、少しずつ色合いの異なる紅葉の層をじっくり見ながらのんびり歩いてみませんか。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: モミジ、カエデ、ウルシ、ハゼ、ナラ、クヌギなど
場所: 千葉県夷隅郡大多喜町~市原市朝生原 養老渓谷
料金:無料
駐車場:周辺駐車場をご利用ください。
問合せ先:0470-82-2196 大多喜町産業振興課、0470-80-1146 大多喜町観光協会

 

 

千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)4:小松寺

 

小松寺
小松寺
 
みどころ: なんと600年代終盤~700年代初頭にかけて役小角によって開かれたという由緒のある古寺の小松寺。

役小角は役行者とも言われ、このお寺と山は山岳信仰の霊地となりました。

お寺の近くには原生林があり、春には桜、初夏には新緑、そして秋には紅葉が美しく、四季折々の自然を楽しめる南房総の紅葉の名所となっています。

仁王門の朱色と紅葉の赤色が重なる風景は、今時で言う「映え」スポット。

お寺にはかわいい猫の副住職(!)がいらっしゃいますよ。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: モミジ、イチョウ、カエデなど
場所:千葉県南房総市千倉町大貫1057 小松寺
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0470-44-3581 南房総市観光協会千倉観光案内所

 

 


千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)5:成田山新勝寺 成田山公園

 

成田山公園
成田山公園
 
みどころ:成田山公園は成田山新勝寺の境内にある東京ドーム3.5個分にも至る広大な公園です。

約250本のモミジやイチョウ、クヌギなどが色鮮やかに染まります。園内にはいくつもの紅葉スポットとして成田山書道美術館周辺や竜智の池などがあります。

11月9日(土)~24日(日)は「成田山公園紅葉まつり」が開かれ、期間中の土日には茶会や演奏会などのイベントも。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: モミジ、ナラ、クヌギ、イチョウなど
場所: 千葉県成田市成田1他 成田山新勝寺、成田山公園
料金:無料
駐車場:800円/台 近隣にも有料駐車場あり
問合せ先:0476-22-2111 成田山新勝寺(8:00~16:00)

 

 

千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)6:四方木不動滝

 

四方木不動滝
四方木不動滝
 
みどころ:四方木地区の県道から脇道に入り、山道の途中にある人里離れたところにひっそりと、秘境のように流れる2本の夫婦の滝が四方木不動滝です。

険しい岩壁と、澄んだ美しい水が落ちる滝をひっそりと守るようにモミジやイチョウがあたりを彩ります。

近くには滝見台や遊歩道もあり、散策も楽しめますよ。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: モミジ、イチョウなど
場所: 千葉県鴨川市四方木地内 四方木不動滝
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:千葉県鴨川市四方木地内、04-7093-7837 鴨川市観光課

 

 


千葉の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)7:本土寺

 

本土寺
本土寺
 
みどころ: 表参道には水戸光圀の寄進と伝えられる古松、老杉が静かに迎えてくれます。

仁王門をくぐると、境内にはなんと約1000本ものモミジが赤く境内を彩ります。

古より赤は魔よけの色と言われますが、まるで魔や災厄から守ってくれるかのように赤く染まる境内のたくさんのモミジが幾重にも重なり合う中に、五重塔、仁王門、回廊といった美しい建造物が見える様は言葉もないほど美しいものです。

一口にモミジと言っても山もみじ・大盃・秋山紅など様々な品種のモミジがあるので、異なる「赤」の色がなおさら華やかさを醸し出します。
 

期間:色づき始め11月中旬~見ごろ11月下旬
木の種類: ヤマモミジ、オオサカズキ、シュウザンコウ、イチョウなど
場所: 千葉県松戸市平賀63 本土寺
料金:参拝料 大人(中学生以上)500円、小人(小学生以下)無料
駐車場:近隣に有料駐車場あり
問合せ先:047-341-0405 本土寺(紫陽花、紅葉の色づき情報テレホンサービス 紫陽花期、紅葉期のみ)

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】千葉のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

千葉はやはり暖かい地域なので、紅葉が遅い時期まで楽しめます。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもあります。

千葉の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の千葉の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!