2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】東京のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して東京のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の東京の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが東京の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、東京のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】東京のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃の時期は?

さて、早速東京の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)1:日比谷公園

 

日比谷公園
日比谷公園
 
みどころ: 東京のど真ん中の憩いの場、オフィス街のオアシス、日比谷公園はやはり外してはならないでしょう。

朝の散歩で、お昼休みで、夕方~夜にかけて仕事の後のリフレッシュに、都会の紅葉を見に行きましょう!

イチョウ、モミジ、そして春には花で楽しませてくれたサクラが色づきます。

「首賭けイチョウ」の名を持つイチョウの大木のはらはら葉が落ちてくる様はまるで絵本の中の1枚の絵のようです。
 

期間:色づき始め11月上旬~見ごろ11月下旬から12月上旬
木の種類: イチョウ、モミジ類、サクラなど
場所: 東京都千代田区日比谷公園1-6 日比谷公園
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:03-3501-6428 日比谷公園サービスセンター

 

 

東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)2:明治神宮外苑の銀杏並木

 

明治神宮外苑の銀杏並木
明治神宮外苑の銀杏並木
 
みどころ: 146本、約300mも続く銀杏並木は多くの国内ドラマでもロケに使われ、印象的なシーンを演出してくれます。

黄色く色づいた並木道はまさに黄金ロードと呼んでよいでしょう。

実は奥行きが出るよう、青山通り口の木のほうが樹高が高いんですよ。

並木の奥に立つ聖徳記念絵画館までのまっすぐな道の遠近感は計算されたものだったのです。

散り始めると、地面には黄色い銀杏の葉のじゅうたん、頭上には黄金の屋根、できれば真っ青な秋の空の下、歩きたいですね。

11月15日(金)~12月1日(日)にわたって、「神宮外苑 いちょう祭り」が行われます。(問合せ先→神宮外苑いちょう祭り実行委員会事務局 03-5155-5658)
 

期間:色づき始め11月初旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、イチョウ、トウカエデ、ソメイヨシノ、メタセコイア、ラクウショウなど
場所: 東京都練馬区石神井台1-26-1 石神井公園
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:03-3996-3950  石神井公園サービスセンター(受付時間 8:30~17:30)

 

 


東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)3:石神井公園

 

石神井公園
石神井公園
 
みどころ: 都内でもかなり広い公園だと思っていましたが、都内の公園の広さランキングでは16位だそうです。

東京都内、23区では西の端のほうではありますが、それでも都会の公園としては緑豊かで、紅葉する木の種類もたいへん多くあります。

石神井川の源とされる三宝字池では水面に映る紅葉と、紅葉の葉が作る秋の濃い影が穏やかな時間を与えてくれることでしょう。

三宝寺池のまわりには木道が整備されていて、散策にもとても良いコースです。
 

期間:色づき始め11月初旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: イロハモミジ、イチョウ、トウカエデ、ソメイヨシノ、メタセコイア、ラクウショウなど
場所: 東京都練馬区石神井台1-26-1 石神井公園
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:03-3996-3950  石神井公園サービスセンター(受付時間 8:30~17:30)

 

 

東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)4:林試の森公園

 

林試の森公園
林試の森公園
 
みどころ:林業に関する研究や野生鳥獣の保護、外来鳥獣の駆除、樹木の病気の研究などを行っているのが林業試験場ですが、かつて品川区にあった林業試験場は筑波研究学園都市へ移転した跡地が都立林試の森公園として開かれました。

ケヤキやスズカケノキなどが多くあり、とりわけ、胴回り(木の幹)が3メートル以上にもなる大木が多くあります。

そんな木立の間に入ると、まるで神話か童話の世界に入り込んだかのよう。

六角堂のあたりはラクウショウ(落羽松→メタセコイヤに似た植物で、根っこが「気根」という不思議な形状をしている)の森となっていて、こちらもちょっと幻想的。
 

期間: 色づき始め10月上旬~見ごろ10月中旬から11月下旬
木の種類: ケヤキ、ラクウショウ、スズカケノキなど
場所: 東京都品川区小山台2-6-11 林試の森公園
料金:無料
駐車場:なし
問合せ先:03-3792-3800 林試の森公園サービスセンター

 

 


東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)5:国営昭和公園

 

国営昭和公園
国営昭和公園
 
みどころ:園内に2か所あるイチョウ並木、「かたらいのイチョウ並木」 と立川口「カナール沿い」はともに、黄金色のトンネルとなり人気です。

「日本庭園」では約 300 本のカエデ類が燃えるように紅葉し、イチョウ並木の黄金とカエデの赤のいずれもの鮮やかさが目に残ります。

「かたらいのイチョウ並木」と「日本庭園」をメインに夜間ライトアップもあるのでぜひ、一日かけて秋を楽しんでみてください。

ライトアップイベント「秋の夜散歩」は11月2日(土)~24日(日) 16:30~21:00に開催されます。何より、初めて行われる日本庭園のライトアップは、きっと幻想的で美しい光景だと思われます。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ11月上旬から下旬
木の種類: イチョウ、カエデ類、サクラ、イイギリ、ケヤキ、トチノキ、カツラ、ナンキンハゼなど
場所: 東京都立川市緑町3173 国営昭和公園
料金:入園料 大人(15歳以上)450円、シルバー(65歳以上、要証明)210円、小人(小・中学生)と小学生未満は無料
駐車場:820円。ライトアップイベント期間は16:30~21:00 利用可。(※16:00以降は西立川口、砂川口駐車場のみ利用可)
問合せ先:042-528-1751 国営昭和記念公園管理センター(自動音声応答システム)

 

 

東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)6:御岳渓谷

 

御岳渓谷
御岳渓谷
 
みどころ: JR青梅線の御嶽駅からすぐなので、多摩川上流の御岳渓谷では沢の両岸のモミジやイチョウが鮮やかに色づく風景を気軽に楽しめます。

大きなそびえ立つ巨岩の間を白波を立てながら流れていく清流は「日本の名水100選」にも選ばれている美しさです。

玉堂美術館前の大イチョウは、ぎっしりと多い葉の密度により、黄色く染まっても平板にはならず、黄色の重なりが美しい陰を作ります。

樹齢70年、樹高30mの堂々とした樹影を映し出すライトアップもぜひご覧ください。11月9日(土)から11月24日(日)まで御岳渓谷の紅葉のライトアップがあります。

なお、今年2019年は関東の駅百景に選ばれた(1999年)御嶽駅の風情ある駅舎も併せてライトアップされますのでお見逃しなく。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月上旬から11月下旬
木の種類: カエデ、イチョウ、ケヤキ、山桜、コナラ、ミズナラなど
場所: 東京都青梅市御岳362-8他 御岳渓谷
料金:無料
駐車場:御岳交流センター(普通車500円)、御岳苑地駐車場(普通車100円/1時間)、御岳一丁目駐車場(大型車 無料)
問合せ先:0428-85-8652 御岳インフォメーションセンター

 

 


東京の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)7:奥多摩湖畔

 

奥多摩湖畔
奥多摩湖畔
 
みどころ:小河内ダムによって多摩川が堰き止められて造られた人造湖の奥多摩湖。ダムサイトの「見はらしの丘」や「いこいの路」といった遊歩道は紅葉の中を進むように作られており、秋色の道でハイキングも良いですね。

奥多摩周遊道路の月夜見第一駐車場からは、奥多摩湖と紅葉に彩られた山々を望むことができます。

11月2日(土)・3日(日)には 山のふるさと村秋まつり(問合せ先→山のふるさと村0428-86-2556)が、10月13日(日)には 山のふるさと村音楽祭(問合せ先→奥多摩町観光産業課0428-83-2295)があります。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ11月中旬
木の種類: カエデ、桜、コナラ、イチョウなど
場所: 東京都西多摩郡奥多摩町原 奥多摩湖畔
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0428-83-2152 奥多摩観光案内所(8:30~17:00)

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】東京のおすすめ名所(スポット)ランキング7選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

東京の紅葉は、早いところではそろそろ色づき始めようかなという時季にさしかかっています。

東京と言っても町から山間部まで広いのですが、意外にも町なかから近いところに紅葉の名所があったりするようです。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが場所によっては防寒対策もお忘れなく。

東京の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の東京の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!