本場アメリカで大人気の物が壊しまくれるサービス「REEAST ROOM(リーストルーム)」が日本に初上陸!

「めざましテレビ」や「王様のブランチ」でも紹介され、徐々に人気が広がっています!

そこで、今注目を浴びている「REEAST ROOM(リーストルーム)」は本当にストレス解消の効果はあるのか?

評判や体験者の感想、アクセス方法や料金はいくらくらいなのかについてもまとめてみました!
 



 

REEAST ROOM(リーストルーム)とは?

REEAST ROOMとは、2016年頃からアメリカで人気が広がってネットで注目を浴び、今では世界で30以上の店舗が展開している、「物がぶっ壊せる部屋」がコンセプトのストレス解消サービスです。

REEASTという単語は「Release of beast」を略した造語とのことで、”野獣を解き放て“という意味を込めているそうです。
 

 



 

ぶっちゃけREEAST ROOM(リーストルーム)ってどんな感じ?ストレス解消の効果は?

実際にどういう風に「物がぶっ壊せる」のでしょうか?

公式インスタグラムで動画を掲載しているので観てみましょう!
 


 
「生まれ変わった気分」と言っているので相当気持ち良かったようですね。

こちらはめざましテレビでの特集。
 


 ただ、どちらも体験者が女性なせいか、ちょっと壊し方が控えめですね・・・。

実際にはもっと思い切りやっていいそうなので、体験した際にはガンガンぶっ壊しましょう!!
 

助手助手

ハンマーいいな~。破壊し尽くしたいです。

管理人管理人

そんなにストレス溜まってたのか。

助手助手

男性模型に顔写真くっつけてぶっ叩きたい。

管理人管理人

何故カメラをこっちに向けて構えているのかな?

 



 

REEAST ROOM(リーストルーム)の気になる料金は?高い?安い?

新しいサービスが始まるときに気になるのがその料金。
REEAST ROOM(リーストルーム)は一体いくらくらいで利用できるのでしょうか?

公式サイトに料金表が掲載されていました。
 

 
団体で申し込むと一人あたりの料金が安くなる上に、時間も長くなるようです。

また、壊す対象の種類の数によっても金額が上下するとのこと。

話のネタにするなら友だちを誘っていくのもいいですが、本当にストレス解消を目的とするなら、一人で活用するのがメインになるでしょう。

嬉々として物をぶっ壊しまくる姿を見られたら、友達に引かれてしまう可能性も・・・。
 


REEAST ROOM(リーストルーム)を利用した体験者の感想

実際にREEAST ROOM(リーストルーム)を利用した体験者の感想を拾ってみました。
 


 
かなりテンション高めです(笑)。なかなか気持ちよさそうですね。

なんか秘めた内なる性格が表に出ちゃってる感じですけれども・・・(汗)。
 


REEAST ROOM(リーストルーム)の場所はどこ?アクセス方法は?

REEAST ROOM(リーストルーム)はどこにあるのでしょうか?場所はこちら。
 

 

 
都営大江戸線の蔵前駅を出て、徒歩ですぐの場所です。

近くを通った際に、ちょっと10分だけ寄ってストレス解消、なんていうのもいいかもしれませんね。
 


REEAST ROOM(リーストルーム)の担当者からのメッセージ

弊社のサービスは「REEAST ROOM(リーストルーム) 」という名前で、「Release of Beast(野獣の解放)」の造語となります。

ロゴのクマは「らぶぅ」という名前で、 口癖の「Love & Peace」の「love(ラブ)」から由来しております。

物が壊せるサービスは 既に海外では30店舗以上あり、 日本では初となる新感覚エンターテイメントのサービスとなります。

コンセプトは「本能的自我が表現できる空間」で、 日常ではやってはいけないことができる空間を創造していき、お客様に圧倒的な非日常空間を提供することで お客様の人生に「ワクワク」と「シゲキ」を 与えることをミッションとしております。

そのコンセプトのもと、REEAST ROOMでは 物が壊せるサービス「BREAK ROOM」と 自由に落書きができるサービス「FREE ART WALL」の 2つのサービスを展開しております。

今後のビジョンは 上記の2つのサービス以外にも 様々な「やってはいけないこと」を創造していき、「やってはいけないことができるテーマパーク」 を創造することを目指しております。

REEAST ROOM(リーストルーム)の担当者に実際に聞いてみた

REEAST ROOM(リーストルーム)の担当者の方にいくつか質問をぶつけてみました!
 

REEAST ROOM(リーストルーム)はぶっちゃけ混んでる?

ぶっちゃけてしまうと今(2019年5月現在)はそれほど混んではいません。笑

ただ、めざましテレビや王様のブランチ等のテレビ番組で紹介していただいたおかげで想定していた以上のお客様にはご来店いただけております。

その他にもあらゆる媒体での取材のお話を頂いてるいるのと、インフルエンサーの方々にもレポートしていただく予定なので忙しくなるのはこれからだと思います。

日本初ということでまずはサービスの認知に重きをおいて現在PR活動している感じです。

ただ、今後の目標数値との乖離はまだあるので、これからもっと認知拡大が必要となります。ぜひこちらお力添えいただきたいです。
 

REEAST ROOM(リーストルーム)はどの曜日、時間帯が予約を取りやすい?

やはり休日と比較すると平日のが予約は取りやすいです。 時間帯でいうと、10-13時くらいの間です。
 

REEAST ROOM(リーストルーム)はどういう服装でいくといい?

動きやすい格好が好ましいです。

特に女性の方に多いのですが、ヒール、サンダル等は動きづらいことに加え、破片が靴に入る恐れがあるので危険です。

弊社も安全靴と靴カバーは用意しておりますが、サイズの在庫がない場合や衛生面を気にされる方もいらっしゃると思うので動きやすい靴と靴下を身に着けてくることを推奨致します。

また、防具としてつなぎ、手袋、ヘルメットを装着して体験していただくので暑くなります。

推奨で ①動きやすい靴(スニーカー等) ②ズボン →つなぎを着用するときスカートだと履きずらいため。 ③半袖 ④着替え →長袖長ズボンのつなぎを着用し、汗をかく可能性が高いため。
 

REEAST ROOM(リーストルーム)はどういう人が体験しにきますか?

大学生/20代から30代前半の社会人/カップル/家族と様々な層にご来店いただいております。

人数は3人以上が多く、複数人で楽しんで行く人たちが多いです。
 

アピールポイントはありますか?

とにかく「バエル」スポットを用意しております。

例えば、
 

  1. 物が壊せるBREAK ROOMの部屋の中にプロのアーティストが描いたイカしたペイントが描いてある。
  2. 弊社ロゴ「らぶぅ」をあしらったつなぎ、ヘルメット、など普段着ない格好ができる。
  3. BREAK ROOM利用中に動画、写真取り放題。スロー、逆再生での撮影をしている利用者が多いです。
  4. FREE ART WALLでは、落書きする様子を撮影することも可能ですし、ペイント自体が何とも言えないカオスな雰囲気を演出しており、それだけで「バエル」スポットとなっております。

 

これからサービスを利用する方、しようと思っている方に一言。

ここは弊社ロゴのらぶぅから一言もらいましょう!

んちゃっ皆様🐻🍯 REEASTROOM公式キャラクターのらぶぅデスッ!

令和も永遠にLOVE&PEACEデスネッ(・∀・) キミたちは繰り返しの日常に満足しているかい?

ルールやモラルに縛られ何かを我慢しながら生きていないかい?

やってはいけないことができるREEASTROOM。

新感覚の非日常を己の身体で体験セヨッ!

自分自身の眠りし野生を解き放て!!!!

そして、何より一番は全力で楽しみナサイ。

Mr.轟のページに訪れることができた奇跡の哺乳類タチヨ。

アナタはこのチャンスを逃す人間ですか? 新たな未体験の世界が待ってオリマスッ。

ゴ来店お待ちしてオリマス(* ̄(エ) ̄*)
 

REEAST ROOM(リーストルーム)対するツイッター(twitter)の反応・評判は?

REEAST ROOM(リーストルーム)対するツイッター(twitter)の反応・評判をまとめてみました!
 


 
テレビを見た人も興味津々のようです。日本でもブームが巻き起こるかもしれませんね!
 

まとめ

「【めざましTVで話題】REEAST ROOMのストレス解消の効果は?評判や体験者の感想も!」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

ストレス大国と呼ばれる日本。少しでも日々のストレスを解消して気持ちよく毎日を送りたいものです。

思い切りスカッとしたい方はぜひ一度、利用されてみてはいかがでしょうか?