2019年も紅葉狩りの時期を迎えました。

今回は「【紅葉狩り2019】中国地方のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃(見ごろ)の時期は?」と題して中国地方(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)のおすすめスポットを紹介したいと思います!
 



 

日本の紅葉

春はあけぼの、夏は夜、秋はゆふぐれ、冬はつとめて――日本には「四季」があり、季節ごとに気温、湿度など大気の様子も、またそれらによって生の営みを繰り広げる花や木々の姿も移り変わっていく美しさがあります。(もっとも最近は亜熱帯になっただとか、とうとう熱帯になっただとか言われるようにもなってしまいましたが。)



そんな日本の中国地方の秋の美しさを愛でる行楽のひとつが中国地方の「紅葉狩り」です。
 

 
紅葉狩りと言っても、紅葉の枝を取りに行くとか落ち葉を拾い集めることを「狩る」と言っているわけではなく、その目に紅葉の美しさを得ることを「狩る」と洒落た、と言われています。

ちなみに、「もみじ」というと「紅葉」の字を思い浮かべる方も多いと思いますが、街路樹のイチョウやプラタナスのように黄色くなることから「黄葉」という字を当てることもあります。

コンピュータやスマホでも使用されている辞書によっては「もみじ」で変換すると「黄葉」の字も出てきますよ。


さて、では、中国地方のどこへ行けば美しい紅葉・黄葉が見られるか、ご紹介していきましょう。
 



 

【紅葉狩り2019】中国地方のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?

さて、早速中国地方の紅葉狩りについて紹介していきたいと思います。
 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岡山県1:蒜山高原(ひるぜん高原)

 

蒜山高原
蒜山高原
 
みどころ: 標高差は100mほどの差しかない、広くなだらかな蒜山(ひるぜん)高原は、西日本屈指のリゾート地になっています。蒜山と大山(だいせん)を結ぶ蒜山大山スカイラインは紅葉を楽しみながらのドライブロード。秋色に染まる原生林やススキの群生なども美しいですし、途中、鬼女台(きめんだい)からはドライブの道のりの先にある大山の色づく眺めも楽しめます。蒜山高原が360度の大パノラマで一望でき、ドライブの良いリフレッシュポイントにもなりますよ。蒜山高原のジャージー牛のヨーグルトは美味しいのでお忘れなく!
 

期間: 色づき始め10月中旬~見ごろ10月下旬から11月上旬
木の種類: ブナ、カエデ、コナラ、トチなど
場所: 岡山県真庭市蒜山 蒜山高原、鬼女台
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0867-66-3220 蒜山観光協会

 

 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)岡山県2:岡山後楽園

 

岡山後楽園
岡山後楽園
 
みどころ: 日本三名園のうちのひとつ、後楽園は広大な大名庭園で、園内でもお薦めなのは「千入(ちしお)の森」の紅葉。幾度も染めるという意味の「千入」とは、日を追うにつれ深くなっていく紅葉を言っているのでしょう。築庭当時の三百年も前にこの名がすでにありました。古来よりこの美しい深まっていく秋を人々が愛でた証拠でもあります。11月15日(金)~24日(日)には夜間特別開園「秋の幻想庭園」が行われます。ライトアップした林と美しい庭園をぜひ。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から12月上旬
木の種類: モミジ、イチョウ、サクラなど
場所: 岡山県岡山市北区後楽園1-5 後楽園
料金:入園料 大人(15歳以上)400円 、シニア(65歳以上)140円 ※10月1日(火)~大人(15歳以上)410円に改定、シニアは変更なし。
駐車場:100円/60分
問合せ先:086-272-1148 岡山後楽園

 

 


中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)広島県1:宮島・紅葉谷公園

 

紅葉谷公園
紅葉谷公園
 
みどころ: 本土「宮島口」からフェリーで10分、宮島・紅葉谷公園は、嚴島神社から徒歩5分のところにあります。瀰山原始林(みせんげんしりん)の麓にある公園で、イロハモミジ・オオモミジ・ウリハダカエデやヤマモミジなど多種多様な紅葉する木々が約700本。シーズンの終わり頃には紅葉のじゅうたんが広がります。厳島神社の鳥居の赤はもちろん美しいですが、公園内にかかる紅葉橋の赤もまた、紅葉の中にあってなお美しいものです。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: イロハモミジ、オオモミジ、ウリハダカエデ、ヤマモミジなど
場所: 広島県廿日市市宮島町 紅葉谷公園
料金:宮島行のフェリー 大人180円(中学生以上)、小人90円
駐車場:なし
問合せ先:0829-30-9141 廿日市市観光課(平日のみ8:30~17:00)、0829-44-2011(一社)宮島観光協会(8:30~17:00)

 

 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)広島県2:佛通寺

 

佛通寺
佛通寺
 
みどころ: 臨済宗佛通寺派の大本山である佛通寺は、西日本屈指の禅道場でもあります。県内でも指折りの紅葉の名所で、参拝者や観光客が多く訪れます。例年紅葉のシーズンには黄色、朱色、赤色など色とりどりに染まる木々で参道も美しく彩られます。11月3日(日)から24日(日)にかけては境内がライトアップされる予定です。幻想的な紅葉の空間に人気も高いですが、昼間の木漏れ日に陰を作る紅葉の林を歩くのもまた趣があって良いですよ。11月4日(月)は高坂自然休養村管理センターから佛通寺第2駐車場までが一般車両は進入禁止になります。9:00~16:30で無料シャトルバス運行予定。
 

期間: 色づき始め10月下旬~見ごろ11月上旬から中旬
木の種類: モミジ類、カエデ類など
場所: 広島県三原市高坂町許山22 佛通寺
料金:拝観料(※紅葉シーズンのみ)大人300円、学生(中学生以上)200円、小学生以下無料
駐車場:無料
問合せ先:観光案内の問合せ先→0848-67-5877 三原観光協会(うきしろロビー) 、座禅等の仏事などの問合せ先→0848-66-3502 佛通寺

 

 


中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)鳥取県1:諏訪神社

 

諏訪神社
諏訪神社
 
みどころ: 鎌倉時代、信州諏訪大社の分霊を奉るために分社されて建てられた諏訪神社。境内には数百本のカエデがあり、カエデの中でもカジカエデというのは、諏訪下社の社紋(神紋)と言われます。その境内のカエデが色づく美しさは、古くから紅葉の名所としてよく知られてきました。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月上旬から下旬
木の種類: カジカエデ、カエデ類、モミジ類など
場所: 鳥取県八頭郡智頭町智頭 諏訪神社
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0858-76-1111 (一社)智頭町観光協会

 

 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)鳥取県2:芦津渓谷

 

芦津渓谷
芦津渓谷
 
みどころ: 岡山県と接する県境にある澄んだ水を湛えた淵や原生林のある渓谷です。紅葉と天然杉やブナ、トチなどの広葉樹が赤と黄色と緑の美しいコントラストで渓谷を彩ります。三滝ダム周辺には遊歩道や休憩所もあり、散策しながら紅葉をたっぷりとどうぞ。
 

期間:色づき始め10月下旬~見ごろ11月上旬
木の種類: カエデ、トチ、ナラ、ミズナラなど
場所: 鳥取県八頭郡智頭町芦津 芦津渓谷
料金:無料
駐車場:無料
問合せ先:0858-76-1111 (一社)智頭町観光協会

 

 


中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)島根県1:松江城

 

松江城
松江城
 
みどころ: 国宝五天守あるいは国宝五城と言われる内野ひとつが松江城です。天守は大きくありませんが、登ると松江の町を一望でき、通り抜ける風に崇高さを感じられるでしょう。また、城山公園として整備されている松江城周辺には、秋になると、多数のモミジが色づくもみじ谷や、「椿まつり」の開催場所である椿谷などの紅葉狩りを楽しむことができるスポットが。公園から見上げる、国宝天守と赤い紅葉、また、堀川遊覧船から川を行きながら見る紅葉も甲乙つけがたい美しさです。お城のライトアップもあります。
 

期間: 色づき始め11月上旬~見ごろ11月上旬から下旬
木の種類: モミジ、ハゼノキ、イチョウなど
場所: 島根県松江市殿町1-5 松江城山公園
料金:入場料(天守閣)大人560円、小中学生280円。
駐車場:大手前駐車場→普通車300円/1時間、城山西駐車場→普通車300円/1時間、大型車1600円/4時間
問合せ先:0852-21-4030 松江城山公園管理事務所

 

 


中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)島根県2:鰐淵寺

 

鰐淵寺
鰐淵寺
 
みどころ:弁慶が修行したともいわれる鰐淵寺のモミジは、山陰屈指の紅葉といわれるほどに美しい色どりだと言われます。

その理由として「イロハモミジ」という種類のモミジがキレが深く波が小さいので、赤、橙、黄色に染まる葉が幾重にも重なるとモザイクのようにひとつひとつのはっきりとした色が隣り合わせになることで見事なグラデーションとなるのだそうです。

その美しさは山全体を包みます。また、仁王門から本坊までの参道は紅葉の並木があり深紅の影も濃いトンネルが趣のある風情を見せてくれます。

11月9日(土)~24日(日)まで紅葉まつりが予定されています。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: イロハモミジ、モミジ類、イチョウなど
場所: 島根県出雲市別所町148 鰐淵寺
料金:入山料 大人500円、中高生300円、小学生200円 ※団体割引あり
駐車場:紅葉まつり期間中は臨時駐車場を開設。期間中の寺周辺の道の渋滞対策協力費として、一般車両500円、マイクロバス1000円、大型バス2000円、自動二輪200円。
問合せ先:0853-63-0893 出雲観光協会 平田支所、0853-66-0250 鰐淵寺

 

 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)山口県1:東光寺

 

東光寺
東光寺
 
みどころ: 山口の小京都と言われる萩市の護国山東光寺は、総門、三門、鐘楼、大雄宝殿が国の重要文化財に指定されている名刹です。

本堂裏にある墓所は国指定史跡にもなっていますが、一族の墓前には家臣が寄進した約500基の石灯籠が立ち並び、その無機質な石の肌理と、頭上を彩る紅葉の柔らかい赤が美しいコントラストになります。
 

期間: 色づき始め11月中旬~見ごろ11月中旬から下旬
木の種類: モミジ類、イチョウなど
場所: 山口県萩市椿東1647 東光寺
料金:拝観料 高校生以上300円、小中学生150円。
駐車場:無料
問合せ先:0838-26-1052 東光寺

 

 

中国地方の紅葉狩りおすすめ名所(スポット)山口県2:毛利氏庭園

 

毛利氏庭園
毛利氏庭園
 
みどころ:長州藩主であった旧毛利公爵家の本邸として建てられた毛利氏庭園および毛利博物館は、国の重要文化財・指定名勝となっています。表門から続く紅葉の回廊は美しく、
庭園内の池と紅葉のコントラストもまた目に鮮やかでじっくり眺めたいものです。毛利博物館では紅葉の時期に合わせて、雪舟「山水長巻」をはじめとする「国宝展」が開催されます。2019年は10月26日(土)~12月8日(日)まで。
 

期間: 11月上旬~11月中旬から12月上旬
木の種類: モミジ、カエデ、ハゼノキ、サクラなど
場所: 山口県防府市多々良1-15-1 毛利氏庭園
料金:庭園入園料→高校生以上400円、小中学生200円。博物館(本邸)入館料→大人1000円、小中学生500円。博物館(本邸)・庭園共通券は大人1200円、小中学生600円。
駐車場:無料
問合せ先:0835-22-0001 毛利博物館 国指定名勝 毛利氏庭園

 

 

まとめ

「【紅葉狩り2019】中国地方のおすすめ名所(スポット)ランキング10選!見頃の時期は?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

中国地方は南は瀬戸内海、北は日本海に接しているので、中国地方の紅葉はさまざまな紅葉スポットが楽しめます。

遅いところは12月上旬まで楽しめるところもありますが場所によっては防寒対策もお忘れなく。

中国地方の紅葉を見上げて見惚れて、足元の落ち葉で足を滑らさないようお気をつけくださいね。

足元はスニーカーなどすべりにくい且つ歩きやすいものをお薦めします。

言わずもがなですが、行楽先での飲食

後のゴミは極力出ないよう準備しましょう。もしもゴミが出たらお持ち帰りで。

来年の中国地方の美しい紅葉を育てるのは私たちですからね!
 



 
関連記事もどうぞ!