2019年4月1日から新元号「令和」が発表され、5月1日から正式に「令和時代」がスタートしました。

その際に実際に「令和」の文字を掲げて発表会見を行った人が大きな注目を浴びました。

元号を発表したこの人は誰なのか?なぜ安倍総理大臣ではないのか、その理由をまとめてみました。
 

 

 

 

新元号「令和」を発表した人は誰?

新元号を発表した人は菅義偉(すがよしひで)官房長官です。
 

 
菅義偉さんは日本史上最も長い官房長官在位記録を持ち、今現在も更新中。

安倍総理大臣が最も信頼する政治家の一人と言われています。

菅義偉官房長官の詳しい情報はこちらをご覧ください。
 

 

新元号発表が官房長官の理由は?なぜ総理大臣じゃないの?

新元号を発表したのが何故、菅義偉官房長官だったのか?についてですが、一言で言えば
 

  • 元号「平成」の発表を官房長官が行ったという流れを引き継いでいる

 
というのが理由です。前例を踏襲したわけですね。

ちなみに平成の発表を行ったのは後に総理大臣となる小渕恵三さんでした。
 

 
インターネットも携帯もない時代のせいか、記者たちの動きが慌ただしいですね(笑)

菅義偉官房長官も小渕恵三さんの前例を踏襲して総理大臣になる日がやってくるのでしょうか?
 

まとめ

今後は官房長官が新元号を発表するという流れが慣習化されることになりそうですね。

新しい時代も気を引き締めて毎日を過ごしていきましょう!