皆さんはハウスダストの除去に悩まされていませんか?

しっかり毎日部屋に掃除機をかけているのにアレルギーが発症してしまう・・・。

そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。

今回は「ハウスダスト対策おすすめ2019!簡単で効果的な除去方法まとめ」と題して簡単にできるハウスダストの対策と除去グッズをまとめてみました!
 



 

ハウスダストとは?

 

 
ハウスダストとは、人間が住居などで生活する上で出るごみになります。

空気中に巻き散らかされる埃等もハウスダストになりますし、ダニやノミなどの死骸もハウスダストとなり、人体に悪い影響を与えるものはすべてハウスダストとして定義してもよいでしょう。

その為、アレルギー物質となり得る埃の吸引の他、花粉、PM2.5等の化学物質においても同様にハウスダストとなり、目に見えにくいことで人体に影響が出た際、気が付きにくい原因とされるものもハウスダストであると定義します。

また、自然発生するのではなく、人間が住居などを構え、生活をする上で発生するものがハウスダストになりますので、カビなどの発生においても人間がお風呂の掃除を怠ったりした際に発生したカビの胞子もハウスダストであると定義します。

つまり、人間が生活を営んでいるエリアにおいて人間に対してマイナスの効果をもたらすものをハウスダストとして定義し、生活において発生するごみやウィルスなどの他アレルギー物質などもハウスダストになります。
 



 

ハウスダストが発生する原因は?

 

 
ハウスダストが発生する原因ですが、住居という狭い空間内に人体に影響がある物質が飛び交うことがハウスダストの原因になります。

この原因の多くは住居の外から持ち込まれるものもあれば住居内で発生することが原因であることもあります。

住居外の場合は、スギなどの花粉を住居内に持ち込んだりした場合はアレルギー物質によるハウスダストとなり、ウイルスについても住居外から持ち込んだ場合、ハウスダストとなります。
 

 
ハウスダストには2種類あり、外から持ち込むもの住居から発生するものがあると考えるとよいでしょう。

住居内で発生するものとしてはほこりなどが挙げられこれは洋服の繊維などがほつれたりした際に埃となることもありますし、繊維が塊となりじゅうたんなどに落ちたりフローリングに落ちることでもハウスダストとなります。

その為、人間が過ごす環境下においては必ずハウスダストは発生し、アレルギーなどを引き起こしたりします。

人間が過ごさない住居においてはハウスダスト自体はほこりなどは発生しますが、カビなどの菌については人間が生活をしていないため発生せず、人間が過ごしていない住居においてはハウスダストは発生しにくくなっています。

逆に人間が一つ当たりの住居に出入りする人数が増えれば増えるほど住居の外からウイルスや花粉を持ち込んだり、着ている服の繊維がほつれ落ち埃となりますのでハウスダストは増えます。
 



 

どれくらいの割合でハウスダストが原因でアレルギーになる?

 

 
ハウスダストが原因でアレルギーとなる割合ですが年齢と共にアレルギーになる割合が増え、中でもダニについては重度のアレルギーになることが多く、アレルギーを引き起こす原因とした場合、ホコリに含まれることから割合としては9割になります。

ダニによるアレルギーは9割と高くそれ以外に高いアレルギーの原因となるものは花粉、pm2.5位になります。

つまり、花粉、pm2.5等がアレルギー物質で残りの1割となります。

この点を踏まえるとダニを吸い込んだりした場合にアレルギーが起き、化学薬品などを含んだ黄砂などでは、症状は現れるでしょうが重篤化はしないということです。

あくまでダニが一番重篤化しやすいアレルギー物質となり他の花粉やpm2.5などは、アレルギー薬で対応できるため一番危ない割合としてはダニが主に重篤なアレルギーとなり、残りの1割の重篤となる原因が花粉とpm2.5などの化学薬品であるということです。
 

 
重篤では無いアレルギーに関しては、ダニや花粉、pm2.5等どれでもアレルギー反応が起きますので割合的にはすべて10割ということになりますので原因物質を吸い込めば、体調や免疫力によってはアレルギー反応が起きて重篤化するということになります。
 



 

ハウスダストに効果的な対策は?

ではここからは実際にハウスダストに効果的な対策について紹介していきたいと思います。
 

空気清浄機

 

 
空気清浄機の導入は大きくハウスダストを減少させることができます。

この空気清浄機は主に黄砂などの他あらゆる空気中にある有害なものを吸い込むことができるため簡単にハウスダスト対策として用いることができます。

利点としては多くのアレルギー物質を取り去ることができますがデメリットとしては空気清浄機の機能による性能差が大きく空気中をきれいにする能力にかかわるということです。

その為、室内の大きさに合っていない空気清浄機などの場合、十分にアレルギー物質を取り去ることができない可能性もあり、フィルターの交換等メンテナンス費用の他、稼働時の電気代など運用においてもコストがかかる点がデメリットです。しかし、それらコストを考えたうえでも効果的な方法です。
 



 

室内の湿度を上昇させる(加湿器など)

 

 
室内の湿度を上昇させることにより空気中の埃が飛ばない様にするという方法があります。

この方式の利点としては、乾燥状態ではウイルスも活動的になり、空気中をさまよいますが、湿度が高くなると活動が鈍りますので利点としてはウイルスや花粉は飛散しなくなります。

ただし、デメリットもあり、湿度が高まることで問題としては、室内にカビが発生する問題が起きます。

カビ自体は湿度が高いうちは飛散しませんが湿度が下がってくると胞子を飛ばすことが容易になるため分裂し増殖しやすくなります。

増殖した場合、カビは人体に影響を及ぼすハウスダストとなり得る可能性もあるため湿度を高めた場合、その後カビが生えないように工夫をする必要性が生まれます。
 



 

エアコンなどの空気清浄機能

 

 
エアコンなどの空調には最近では埃を吸い寄せる装置が搭載されている商品もあります。

そうしたエアコンなどを使用している家庭においては年中、ハウスダストを軽減することができます。

このハウスダストを吸着することができるエアコンの利点は、エアコンが稼働している間はハウスダストを吸着してエアコン内で処理をしてくれることです。ですが、問題としては、空気清浄機能が搭載されているエアコンは価格が高く、メンテナンスを必要としているタイプもあり、電気代がかかる点がデメリットです。

年々と省エネ化してはいますが今だ電気代のコスト面においては費用が掛かりますので環境によっては空気清浄機の稼働のほうがコストがかからないということもあります。
 



 

ホコリセンサー(ダストセンサー)

 

 
ごみやほこりを検出するセンサーを購入するという方法があります。

これは、室内にスピーカーくらいの大きさのセンサーを設置してどの程度の埃やごみが室内を漂っているかを判断し、警告を表示する機械です。

利点としては掃除機をかける目安を判断するために使用することができますので、掃除の目安を機械的に判断することができるため、室内の汚れ具合を知ることが可能です。

デメリットとしてはほこりなどを感知するセンサーの質に依然するため、センサーが誤作動したり、誇りの状況を把握する部分に誤差が出ることがあり、誤差がある場合においてはほこりがたくさん宙を待っていてもセンサーが感知しないということもあり、完全にセンサーの感度に頼り切っている製品です。
 



 

生き物を室内で飼わない

 

 
ペットなど生き物を室内で飼わないという方法は室内にダニですとかノミを寄せ付けない方法となります。

室内犬のようなペットであっても散歩に行く際にのみが付着しますのでペットを人間がいる空間に入れないという方法も考えるべき方法になります。

この方法の利点としては、ペットから出るノミなどを人間がいる室内に招き入れないということになりますが、デメリットとしては室内で飼うことを推奨しているペットでなおかつ散歩の必要性があるペットについては室外でペットを飼うことができない点です。

つまり、ペットの種類に合わせて買う方法を選ぶ必要性があるため、絶対に外で飼うことができないペットでかつ散歩が必要な場合、この方法では対処できないということです。
 



 

風呂場を換気

 

 
お風呂場においてはこまめに換気を行いカビが生える原因となるものを除去することが重要です。

カビについては湿度が高くなると生えてきますので湿度を抑えることができるようにお風呂場にもエアコンを設置してカビが生えにくい環境を作るという方法で対策をするとよいでしょう。

この方法の利点としては、エアコンにより乾燥作業ができますので、カビの生えない環境をお風呂場で作りやすい点です。

デメリットとしては、エアコンをお風呂場にも設置しますので稼働時はコストがかかる上にメンテナンスをする必要性も生まれますのでお風呂場のハウスダストを防ぐためにエアコンをお風呂場に設置できるかどうかということになります。

またお風呂場を工事することにもなりますのでマンションなどにおいては工事が不可能なこともあります。
 



 

埃センサーを搭載した掃除機

 

 
掃除機を使用して掃除をする際、掃除機に埃センサーを搭載しているものを使用することで極力室内空間のハウスダストを減らすことが容易にできます。

この方法の利点としては見えないハウスダストをセンサーが感知してとらえ掃除をすることができますので可能な限りハウスダストを掃除することが可能になります。

ですが、センサーに頼り掃除をすることになる上、センサーの正確さについてははっきりとして分らないため本当にセンサーの判断が正しいかどうかの確証はないです。

センサーが間違っている場合、ハウスダストは飛散していても分らないことがあり、ハウスダストがない場所を掃除している可能性も高いため、センサーの性能にすべて一任していることが問題です。
 



 

ハウスダスト除去に効果的なおすすめグッズ

では実際にハウスダストの除去に効果のあるグッズを紹介させていただきます。
 

TWINBIRD マイナスイオン発生空気清浄機 (12畳) パールホワイト AC-D358PW

TWINBIRD マイナスイオン発生空気清浄機 (12畳) パールホワイト AC-D358PW は効果的にハウスダストをとらえますのでお勧めです。

マイナスイオンがを発生させることで埃が飛散することを抑えることもできるためおすすめできる製品で、性能においては申し分なく、価格もお手頃なため空気清浄機で大きな室内の空気をきれいにするにはよい商品です。

また、静穏モードやタイマー機能なども付属しているため動作音を抑えることも可能です。
 

 



 

ダニクリン 防ダニ対策シート 抗菌加工・低臭タイプ 効果長持ち約6ヶ月 3枚入り

この製品はダニを寄せ付けない様にすることができる製品です。電源を必要とせず、設置するだけで効果を表す製品でペットがいる家庭でも使用することができるため、利点としては薬品を使用することなくダニを寄せ付けない空間を作ることができます。

ペットを飼っている家庭において薬品を使用してダニを退治できない家庭において役立つ製品です。
 

 



 

ダニとってシートNEO 10枚組

この製品は薬品を使用せずにダニを捕獲することができるため、ペットを飼っている家庭において安全にダニを駆除することができます。

こちらの製品はダニを駆除することができる製品ですでにダニがいる家庭において使用することで効果を表します。

電池や特別なものを使用せずこのシートのみを使用することで退治できますので特別設置に関して難しい処置はありません。
 

 



 

アイリスオーヤマ 加湿器 ハイブリッド式加湿器

6畳の広さを加湿することができる加湿器です。

この加湿器はヒーターによる過熱と超音波振動による過失の2種類の過失をすることができるのが特徴です。

利点としては、ヒーター時は温熱で蒸気を殺菌することができて、超音波時は電気代を抑えて室内を加湿することができウイルスの活動や花粉などの飛散を抑えることができる製品です。

タイマー機能を有しており、1回で12時間連続で使用できることも利点です。
 

 



 

アイリスオーヤマ サーキュレーター加湿器 ハイブリッド式

サーキュレーターの力で遠くまでミストを飛ばすことができ室内中の湿度を高めることができます。

ハイブリット式なため、ヒーターを使用して殺菌しながらミストを出し室内の湿度を高めたり、電力消費を抑える超音波でミストを出したりすることができるため、省エネに設計されている製品です。

こちらはミストを遠くに飛ばすことができるため、大きな室内空間でも使用することで湿度を高めることができる製品です。
 

 



 

まとめ

ハウスダストを抑えるには埃の飛散を抑えることが重要で、空気清浄機や掃除機などを使用して埃となるものを掃除して減らすほかハウスダストを防ぐ方法はないでしょう。

また、室外からくる花粉やウイルスなども空気清浄機で抑え込むのが得策です。