新元号「令和」への改元に先立ち、平成天皇陛下が「退位礼正殿の儀」において最後のお言葉を述べられて天皇の地位を退かれ、「上皇」となられました。

天皇の地位を退位された上皇陛下が皇居をお出になられますが、気になるのは今後のこと。
 
そこで平成天皇(上皇)は今後どこに住むのか?引っ越し時期はいつなのか?退位後の住居の場所について調べてみました!
 

 

 

 

 

平成天皇(上皇)は今後どこに住むの?退位後の住居の場所は?

上皇陛下は今後どこにお住いになるのでしょうか?

引越し先については仮のお住まいとして、高輪皇族邸(旧高松宮邸)であることが明らかになっています。

その後、改築終了を待って、東宮御所へ移られるようです。
 

 

退位後のご夫妻の生活環境は、大きく変わる。お住まいは、30年近く暮らした皇居・御所から転居される。

行き先は、皇居から西に1キロほど離れた赤坂御用地内にある、これまでの東宮御所だ。

ただし、皇居の御所の改修工事がまずあり、工事終了を待って新天皇ご一家が皇居に。

その後は赤坂の御所もバリアフリー化などの改築を予定しているため、まずは皇居から3キロほど南にある高輪皇族邸(旧高松宮邸)に移られる。

この御所は、ご夫妻が結婚翌年である1960年から即位後の93年まで住まわれた思い出の地で、この度の転居を機に、上皇の住まいを意味する「仙洞御所」と改称される。

赤坂御用地には、秋篠宮邸など皇族方のお住まいや、国賓などを迎える迎賓館赤坂離宮などもある。

 

 
ちなみに仮の住まいとなる高輪皇族邸(旧高松宮邸)の場所は地図で示すと以下の場所になります。
 

 
さらに正式な転居先の東宮御所の場所はこちら。
 

 
どちらも皇居からさほど遠くない場所ですね。天皇陛下のご家族ともしばしば交流していただきたいものです!
 

平成天皇(上皇)の引っ越し時期はいつ?

平成天皇(上皇)の皇居からの引っ越し時期は5月時点では未定とされています。

しかし、「新天皇ご夫妻にできるだけ早く御所に住んでほしい」との上皇陛下のご意向もあり、私物の整理が整い次第、高輪皇族邸に移られる模様です。
 

改築を終えた赤坂の御所に入られるのは2020年度になる見通しだ。

この御所は、ご夫妻が結婚翌年である1960年から即位後の93年まで住まわれた思い出の地で、この度の転居を機に、上皇の住まいを意味する「仙洞御所」と改称される。

赤坂御用地には、秋篠宮邸など皇族方のお住まいや、国賓などを迎える迎賓館赤坂離宮などもある。

 

 
正式な東宮御所への転居は2020年になってからという見方が強いようです。
 

助手助手

皆で皇居で仲良く暮せばいいんじゃないだろうか。

管理人管理人

まあそうは思うけど、色々しきたりやら、お互いの気遣いやらあるからね。難しいところだね。

 

上皇、上皇后両陛下の転居に対するツイッターの反応

上皇、上皇后両陛下の転居に対するツイッターの反応を調べてみました。
 


 
上皇陛下の転居については京都を推す声も挙がっているようです!個人的にはご家族である天皇陛下のお近くで過ごしていただきたいものですが・・・。
 


長い間、国民のために励んでくださった両陛下にこの言葉を送ります!
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつかれさまです [ ミドリカワ書房 ]
価格:2423円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)

 

まとめ

「平成天皇(上皇)は今後どこに住むの?引っ越し時期はいつ?退位後の住居の場所を調査」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

転居が滞りなく行われた後は心置きなく、趣味に没頭して充実した毎日を送っていただきたいと思います!