新元号「令和」への改元に先立ち、平成天皇陛下が「退位礼正殿の儀」において最後のお言葉を述べられ、「上皇」となられました。
 
そこで気になる平成天皇(上皇)の今後の活動(公務)はどのようになるのか?新年祝賀の儀や一般参賀にはお出になられるのか?について調べてみました!
 

 

 

 

 

気になる平成天皇(上皇)の今後の活動(公務)は?

気になる平成天皇(上皇)の今後の活動(公務)ですが、上皇さまはすでにすべての公務から退く意向を明らかにしています。
 

天皇陛下は4月30日、退位される。

午後5時から皇居・宮殿「松の間」で行われる国事行為「退位礼正殿の儀」に臨み、天皇として最後のおことばを述べる。

象徴のあり方を追求し続けてきた「天皇としての旅」を終え、平成は30年と3カ月あまりで幕を閉じる。

5月1日午前0時、皇太子さまが皇位を継承する。天皇の退位は江戸時代の光格天皇以来202年ぶりで、憲政史上初めて。退位後は上皇となり、上皇后となる皇后さまと共に公務から退く。

 

 
よって今後は主に私的な活動を楽しむことになるのではと噂されています。

皇室に詳しい関係者のコメントをご覧ください。
 

世間の声

今後の日々の生活は、私的な活動に励まれる毎日をお過ごしになるかと思います。上皇、上皇后両陛下が、テニスコートで初めて出逢ったことはあまりにも有名です。体を動かすことが大好きなお二人は今もテニスやウォーキングなどを楽しまれています。それに加えて上皇陛下は、ハゼの分類学者としても有名で、魚類学会などにも論文を提出する専門家。今後は存分に趣味に時間を費やして研究やスポーツに勤しみ、充実した毎日を送られることでしょう。

 
上皇、上皇后両陛下は2017年にもお二人が出逢ったテニスコートでテニスを楽しまれるお姿が報道されています。
 

 
また、音楽を共通の趣味とされている両陛下にはすでに、音楽会などへの招待の連絡が続々と寄せられているとのこと。
 

実際、退位直後から「私的な活動」としての外出に向けた計画が進み、民間から行事や音楽会などへの「お出まし依頼」が宮内庁に続々と寄せられている。

 

 
今まで国民のために力を尽くしてくださった両陛下。これからは存分にご自身のやりたいことに打ち込んでいただきたいものです。
 

助手助手

これだけ長い間頑張ったんだから好きなことを楽しんでいただきたい。

管理人管理人

同感。どうか充実した毎日を過ごしてください。

 

平成天皇(上皇)は新年祝賀の儀や一般参賀に出る?

毎年恒例となっている皇室関係者による「新年祝賀の儀」と「一般参賀」。
 

 

 
上皇、上皇后両陛下は参加なされるのでしょうか?

ちなみに5月4日に行われる新天皇陛下の一般参賀には参加しないことがすでに明らかになっています。
 

皇居では5月4日、新天皇陛下の即位を祝して一般参賀が行われる。

一般参賀は、天皇誕生日や新年などの機会に、天皇、皇后両陛下が皇族方と共に、国民からの祝福に応える行事だ。

宮殿の長和殿のベランダに複数回にわたって姿を見せ、東庭に集まった人たちに手を振る。

4日は午前10時から計6回、予定されている。退位した上皇さまと上皇后さまは出席しない。

 

 
こちらも皇室に詳しい関係者のコメントをご覧ください。
 

世間の声

「新年祝賀の儀」と「一般参賀」についてはあくまで両陛下のご希望を優先することが決定しているようです。国民のことを想われる両陛下としては出席したい思いが強いようですが、お二方の体調のこともあるため、実際に出席されるかは当日の体調を考慮して決定されると思われます。

 
2019年の「新年祝賀の儀」と「一般参賀」でも何度も国民の前に姿を表してくださった両陛下。

2020年以降も是非、その元気なお姿を拝見したいものですね!
 

助手助手

とにもかくにも両陛下の健康優先でお願いします。

管理人管理人

ほんとそれ。お目にかかれ無くてもいいので。

 

上皇、上皇后両陛下の今後に対するツイッターの反応

上皇、上皇后両陛下の今後に対するツイッターの反応を調べてみました。
 


 
両陛下のご健康をお祈りする方、今までの公務に感謝する方、様々なようです!
 


長い間、国民のために励んでくださった両陛下にこの言葉を送ります!
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おつかれさまです [ ミドリカワ書房 ]
価格:2423円(税込、送料無料) (2019/5/1時点)

 

まとめ

「気になる平成天皇(上皇)の今後の活動(公務)は?新年祝賀の儀には出る?」について見てまいりましたがいかがでしたでしょうか?

天皇としての公務を終えられた今、一人の国民として両陛下には充実した毎日を送っていただきたいと思わずにはいられません。