日本人として初の快挙となるアメリカバスケットボールNBAドラフトで2019年に指名された、ベナン人の父と日本人の母とのハーフである八村塁(はちむらるい)選手。

八村塁選手のNBAドラフト指名の報道は日本中が歓喜にわきました。

中学生の頃からバスケットボールを始めた八村塁選手は恩師・坂本穣治コーチの巧みな指導により、その才能が徐々に花開きます。

高校時代は一年生の頃から主力として多くの試合に出場。

八村塁選手は明成高等学校の優勝に貢献。八村塁選手はU-16選手権の日本代表にも選出されるほどの実力を身につけました。。

明成高等学校卒業後、アメリカのゴンザガ大学へ進学した八村塁選手はさらにその実力を磨き、日本人ながら全米大学体育協会(NCAA)で年間最優秀選手に選出されるまでの選手に成長します。

そんな八村塁選手のツイッター(twitter)やインスタグラムには連日アクセスが殺到。日本、海外関係なく大人気でフォロワー数も増加中です。

人気番組「情熱大陸」でも放送され、今後ますますの活躍が期待され、一挙手一投足に注目が集まる八村塁選手。

そこで、「NBA八村塁の現在までの名言まとめ!」と題して八村塁選手が発した名言についてまとめてみました!
 


八村塁(はちむらるい)って誰?wiki風プロフィール紹介

 

 
八村塁さんの経歴を簡単に紹介します。
 

本名、読み方

八村塁(はちむらるい)
 

出身地

富山県
 

誕生日、年齢

1998年2月8日、21歳 (2019年7月現在) 
 

身長

203cm
 

体重

106kg

血液型

A型
 

学歴(中学、高校、大学)

富山市立奥田中学校(2010-2013)
明成高等学校(2013-2016)
ゴンザガ大学(2016-2019)
 

所属チーム

ワシントン・ウィザーズ
 



 

管理人管理人

正直まだ日本人がNBAにドラフト指名された実感がわきません。

助手助手

よくよく考えると嘘みたいな話だけど、本当なんだなあ。

 

NBA八村塁の現在までの名言まとめ!

 

八村塁
八村塁
 
NBA八村塁の現在までの名言をまとめてみました!
 
八村塁八村塁

ドラフト会議は、イベントにしかすぎない。

八村塁八村塁

本当にNBAに入ってからが重要。これからです。

 
日本人としては初となるドラフト指名の場も八村塁選手にとってはただのイベント。

周りの私達がこの快挙に沸き立つ中、八村塁選手本人は冷静に受け止めていました。
 

八村塁八村塁

日本には僕のような肌の色が黒いハーフのアジア人がたくさんいるし、スポーツ選手も、バスケ選手もたくさんいる。

彼らは何かしら試練を抱えている。僕はそんな子供たちがスポーツを楽しんだり、英語を話せるようになるための力になりたい

 
ハーフである自身の境遇を引き合いに出して語った八村塁選手。

スポーツには国境も国籍も関係なく活躍できることを語りました。

またアメリカに行くまでほとんど英語が喋れなかった自身の経験から、自分と同じ境遇にいる人達の助けになることも語ってくれました。

八村塁選手のこの発言は私を含め、悩みをもっている多くの人たちを勇気づけてくれたのではないでしょうか。
 

八村塁八村塁

(アメリカの選手は)闘争心がものすごい。試合が終わるとそういう雰囲気は一切無くなるけど、試合になると闘争心がすごい

 
八村塁選手は日本で過ごした高校時代までの試合と米国に渡った後の試合について比較し、アメリカの選手についてこのように語りました。

考えてみれば日本はプロバスケットボールの歴史が浅く、学校のバスケ部に所属している学生もそこまでプロになることを意識している選手は少ないのかもしれません。(あくまで私の個人的なイメージです)

一方アメリカの大学バスケットチームはNBAの登竜門という位置づけであり、そこに所属する選手は皆、プロになるために必死です。

そういう意識の違いが八村塁選手には感じられたのかもしれませんね。
 

八村塁八村塁

どれだけ自分を信じるか

 
永松茂久さんは自身の著書「一流の人に学ぶ心の磨き方」で次のように述べています。
 

一流の人は一握りの特別な人のことではない。自分の心を磨き続け、自分を信じることができた普通の人のことである

 

 
八村塁選手もまた自分を磨き、「必ずNBAに行ける」と自分を信じ続けた結果、夢を叶えることができました。

短い言葉ですが、自分が取り組んでいることが上手くいかずにイライラしている人、夢を諦めかけている人の心に響く名言としてとりあげてみました。
 

八村塁八村塁

米国が世界で一番強いと思うので、強いところでバスケをやって、その経験を生かして日本のバスケを強くしたい。

 
NBAという世界最高峰の舞台に立つ八村塁選手。

その舞台で活躍することで今は頭が一杯のはずですが、日本のバスケット界についても考えを巡らせてくれていました。

マンガ「スラムダンク」の影響もあり、世界で見ても、かなりのバスケットボール競技人口を持つ日本。

プロリーグも正式に始まって数年が経過し、ますますレベルが上がるであろう今後の日本バスケ界にとって八村塁選手がアメリカで得た経験は非常に大きなプラスとなることでしょう。
 

助手助手

一流のアスリートは一流の人格者っていうけどホントですね。

管理人管理人

今後ますます活躍してどんどん名言を増やしていっていただきたいものです。

 



 

まとめ

八村塁の現在までの名言についてみてまいりましたがいかがでしたでしょうか?

日本から八村塁選手に寄せられる期待はとても大きいと思いますが、気負うことなく自分のプレーに集中して実力を磨いていっていただきたいものですね!