「ご笑納」の意味とは? 読み方・使い方を徹底解説

スポンサーリンク
「ご笑納」の意味とは? 読み方・使い方を徹底解説 生活
スポンサーリンク

皆様、今回は「ご笑納ください」という言葉の意味や使い方について詳しくご紹介いたします。この言葉はビジネスシーンや日常生活でも多く使われる表現の一つですが、正しく使うためにはその意味や適切な場面を理解することが重要です。

この記事では、「笑納」の意味や使い方、そして「ご笑納ください」の具体的な使用例と注意点について詳しく解説していきます。皆様がこの表現を正しく使いこなし、コミュニケーションを円滑にするための参考になれば幸いです。

それでは、詳しい内容をご覧ください。

「当該」と「該当」の違いとは?使い方・意味と例文を徹底解説!
皆さん、こんにちは。本日は、日常やビジネスシーンでよく耳にする「当該」と「該当」という言葉について詳しく解説してまいります。これらの言葉は、一見すると似ているため、使い方に迷うことも多いかもしれません。しかし、正しく理解して使うことで、コミ...
スポンサーリンク

「ご笑納ください」の「笑納」の意味について知ろう

「笑納」とは何か?

「笑納」という言葉を初めて聞いたとき、少し変わった造語のように感じるかもしれません。まずは「笑納」の意味を理解することから始めましょう。

「笑納」の意味

「笑納」は正式な日本語であり、『デジタル大辞泉』にも掲載されています。その定義は【人に贈り物をするときに、つまらない物ですが笑ってお納めくださいという気持ちを込めて用いる語】とあります。ここでいう「つまらない物」とは本当に粗末な品という意味ではなく、謙遜した表現です。受け取る相手に負担をかけないように、「笑納」という謙遜の言葉が使われます。

「笑納」の読み方

「笑納」は「しょうのう」と読みます。この言葉の正しい読み方を覚えておくと、ビジネスシーンでの使用時にも役立ちます。

「ご笑納ください」の使用例と返答例

「ご笑納ください」は、謙遜した表現であるため、ビジネスシーンでは使用に注意が必要です。特に書類や資料など、重要な物品には適しません。以下に「ご笑納ください」を使う際の適切な例文と、その返答例を紹介します。

使用例

  • こちらの季節の果物をお送りしました。どうぞご笑納ください。
  • 私どもの新製品サンプルをお送りしますので、ご笑納いただければと思います。
  • ささやかな贈り物ですが、日頃の感謝の気持ちを込めてお届けします。ご笑納ください。
  • こちらは地元の特産品です。どうぞご笑納いただけますようお願い申し上げます。
  • 会社の記念品をお送りしました。皆様でご笑納いただければ幸いです。

返答例

  • お心遣い、誠にありがとうございます。ありがたく頂戴いたします。
  • 心温まる贈り物をいただき、感謝申し上げます。早速利用させていただきます。
  • 素晴らしい品を送っていただき、感激しております。ありがたく頂戴いたします。
  • 丁寧なご配慮をいただき、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。
  • 貴社の心尽くしの贈り物、ありがたく受け取らせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

「ご笑納ください」の使用上の注意点

「ご笑納ください」は感謝やお祝いの気持ちを込めた贈り物に使える便利な表現ですが、使用を避けたほうが良い相手やシーンも存在します。以下にその注意点を挙げます。

目上の人にはNG

上司や取引先のような「目上の人」には「ご笑納ください」を使わない方が無難です。敬語表現ではありますが、「笑納」という言葉が軽い印象を与えることがあります。

謝罪時には絶対NG

謝罪の際に手土産を渡す場合、「ご笑納ください」と言うのは避けましょう。不適切であり、失礼にあたります。この場合は「お受け取りください」「お持ちしました」「お納めください」などが適切です。

品物がない場合はNG

お礼状や感謝の気持ちを手紙で伝える際、その手紙の結びに「ご笑納ください」は使用しません。品物がない場合は「ご笑覧ください」が正解です。

ご祝儀を渡すときもNG

「ご笑納ください」は「つまらないものですがお受け取りください」といった意味です。お祝いの金銭を差し上げる際には、「心ばかりですが」「ほんの気持ちですが」と言い換えましょう。お香典などの弔事の際にも使用しないことが重要です。

スポンサーリンク

「ご笑納」の代わりに使える言い換え表現

目上の人や謝罪時の代替表現

「ご笑納」が使えない場合、以下のフレーズが便利です。

  • お受け取りください
  • お納めください
  • ご査収ください
  • ご高覧ください

例文

  • この度はお世話になりましたこと、心より感謝申し上げます。ささやかですが、感謝の品をお送りいたします。どうぞお受け取りください。
  • 最近の出張で見つけた素晴らしい品をお届けいたします。どうぞお納めいただけますようお願い申し上げます。
  • プロジェクトのご成功、誠におめでとうございます。心ばかりのお祝いの品をお送りいたしましたので、ご査収ください。
  • ご紹介いただきましたお店の名物、大変美味しくいただきました。お礼としてお菓子をお送りいたしますので、どうぞご高覧くださいませ。

補足

「納める」は「収める」という漢字も使えますが、品物を受け取ってもらう際には「納める」を使用します。「ご笑味」は「賞味」でも良いですが、「ご賞味ください」とすると「おいしく味わってください」という意味になります。

ビジネスシーンでも適切に使える「ご笑納ください」について詳しく解説しました。少しずつ敬語のボキャブラリーを増やし、正しい使い方を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

「ご笑納ください」のさらなる使い方と注意点

「ご笑納ください」を使う場面をさらに深掘り

ビジネスや日常の様々なシーンで使える「ご笑納ください」ですが、使い方に細かな違いがあります。以下では、さらに具体的な使用シーンとその際の注意点を紹介します。

親しい関係の同僚や友人への贈り物

親しい同僚や友人に何かを贈る際に「ご笑納ください」を使うと、感謝の気持ちを伝えながらも親しみを込めた表現になります。ただし、あまりにカジュアルな場面では逆に形式ばった印象を与えることもあるため、状況に応じて使い分けることが重要です。

具体例
  • 日頃の感謝を込めて、ささやかながらお礼の品を用意しました。どうぞご笑納ください。
  • あなたの誕生日をお祝いするために選んだものです。ぜひご笑納いただければと思います。

「ご笑納ください」を避けるべきケースの詳細

前部でも触れましたが、「ご笑納ください」を使うべきでない場面についてさらに詳しく見ていきましょう。

重要なビジネス文書や正式な書類

「ご笑納ください」は贈り物に対して使う言葉です。したがって、契約書や正式な報告書、ビジネスにおける重要な文書には適していません。このような場合には、もっと堅実な言葉を選ぶことが求められます。

具体例と代替表現
  • (NG)この契約書をどうぞご笑納ください。→(代替)この契約書をお受け取りください。
  • (NG)最新の報告書をお送りしましたので、ご笑納ください。→(代替)最新の報告書をお送りしましたので、ご確認ください。

「ご笑納ください」と「ご笑覧ください」の違い

「ご笑納ください」と「ご笑覧ください」は、似たような場面で使われることがありますが、その意味と適用範囲には違いがあります。

「ご笑覧ください」の使い方

「ご笑覧ください」は、「お楽しみください」「ご覧ください」という意味で使われる表現です。特に、写真や作品、手紙など、目で見て楽しむものに対して使います。

具体例
  • この度の旅行写真を共有いたします。どうぞご笑覧ください。
  • 新作のアート作品をお送りしました。ぜひご笑覧いただければ幸いです。

「ご笑納ください」との違い

「ご笑納ください」は物を贈る際に使うのに対し、「ご笑覧ください」は主に視覚的に楽しむものに対して使います。この違いを理解して使い分けることが大切です。

「ご笑納ください」の適切な使い方をマスターするために

ビジネスや日常生活で敬語を正しく使いこなすことは重要です。「ご笑納ください」は、その一部として知っておくべき表現の一つです。以下に、適切に使いこなすためのポイントをまとめます。

ポイント

  • 贈り物に対して使う場合に限定する
  • 目上の人や正式な場面では避ける
  • 「ご笑覧ください」との違いを理解する

実践的な練習問題

最後に、実際のシーンでどのように使うかを練習してみましょう。以下のシナリオで、適切な敬語表現を選んでください。

シナリオ1

友人の誕生日に贈り物をする際のメッセージ:

  • (選択肢1)心ばかりですが、ご笑納ください。
  • (選択肢2)心ばかりですが、ご笑覧ください。

シナリオ2

ビジネス文書を送付する際のメッセージ:

  • (選択肢1)新しい報告書をどうぞご笑納ください。
  • (選択肢2)新しい報告書をお送りしましたので、ご確認ください。

まとめ

「ご笑納ください」の正しい使い方と注意点について詳しく学びました。適切な場面で使い、敬語のボキャブラリーを増やすことで、ビジネスや日常生活でのコミュニケーションがより円滑になります。少しずつ実践し、正しい使い方を身につけていきましょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回の記事では、「ご笑納ください」という言葉の意味とその使い方について詳しく解説いたしました。この表現は、ビジネスシーンや日常生活の中で感謝の気持ちを伝える際に非常に便利なものです。しかし、正しく使うためには、その意味や適切な使用場面を理解することが不可欠です。

また、「ご笑納ください」を使う際の具体的な例文や返答例、そして使うべきでないシチュエーションについても触れました。これらのポイントを押さえることで、より丁寧で適切なコミュニケーションが可能になります。

この記事を通じて、皆様が「ご笑納ください」という表現を正しく使いこなし、日々のコミュニケーションをより円滑に行えるようになることを願っております。これからも敬語や日本語表現に関する知識を深め、実生活に役立ててください。

ご覧いただき、ありがとうございました。

「随筆(ずいひつ)」とは? 意味と使い方を徹底解説!
随筆(ずいひつ)という文学形式は、個人の見聞や体験、感想を自由に綴ることができるため、古くから多くの作家に愛されてきました。 本日は、随筆の起源からその発展、そして現代に至るまでの歴史と役割について詳しく解説いたします。この序文を通じ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました