片付けが進まない大きな原因は、全くつかわないのにものを捨てることが出来ないでいるからではありませんか?


「捨てる」 ことは簡単なようで実は難しいことですが、物を捨てるコツを知っていれば過ごしやすい生活を送ることができます。


いったいその方法とはなんでしょう?



今回は「狭い部屋を片付けるコツは捨てる!片付けの習慣のコツをつかんで思い出の品を整理!」と題して部屋の片付け方についてまとめてみました!

 



 

ものがあふれてしまった部屋を片付けるコツとは?

 

 
ものを捨てるということは片付けることで楽になっていきます。ものの量が減っていけば片付けにかかる労力が減るだけでなく、所要時間もかからなくなるからです。


まずは、簡単な物から捨てましょう。賞味期限切れの食品、期限切れのクーポン、空箱、古い雑誌や本、レジ袋などです。


毎日使う財布の中も整理しましょう。財布にはレシートやポイントカードが溜まりがちですが、そのままにせず家計簿に付けるための箱にいれておきましょう。


ポイントカードは、あまり利用しないのであれば捨ててしまったほうがいいです。無駄遣いしていないか生活費のめどをつけてから捨てましょう。


捨てるかどうしようか悩んでいる衣服は、着てみてサイズが合わないとか、着てみてなんか変だなと感じたら、捨てましょう。


もらった物を捨てるのは失礼ではなく、もらったのにいらない、不満を感じる方が失礼です。そういうときは手放しましょう。


捨てるコツはつかめたでしょうか?少しでも早く実践しましょう。
 



 

片付けの習慣のコツとは?片付けられない人の習慣を変える方法って何?

 

 
片付けられない人の習慣を変えるには、どこにしまえばいいかまず収納を見直すことからはじめてみましょう。


片付けが面倒だと思う人でも使ったら簡単に元に戻せるようにやり方を作ることで、いつのまにか片付ける習慣が身についていきます。


しまい込むタイプの人は箱を使い、何が入っているのか一目見ただけで分かるようにしましょう。あまり使い道がなさそうなら思い切って捨てましょう。


後で片づけるタイプの人はなんでもいれられる箱を用途別に用意しておきます。全然使用せずずっと残ったままでいるものこそ捨てましょう。


無造作にものを置くことをやめキレイな部屋にしていきましょう。
 



 

片付けのコツに注意!思い出の品は捨てたくない!どうしても捨てなきゃならないの?

 

 
思い出の品は後回しにします。それは思い出の品は整理している最中で、手が止まってしまい時間がかかってしまうからです。


もしも、どうしても捨てられない思い出の品があるならば、写真に撮って残しておくこともできます。実物を捨ててしまってもデータに残しておけば見たい時にいつでも見られるので安心ですね。


それでもどうしても捨てられないものがあるときはどうしたらいいのでしょうか。


それは、亡くなった家族が使っていたものです。


思い出がいっぱい詰まったものは、そう簡単には捨てられずにいます。


それは生きていた証を残していたかったのです。


そこでその人にとって大事なものは、飾って置いていつまで眺めても飽きないものにしてみましょう。


その人にとって一番大事なものなら捨てないで残してもいいのではないでしょうか。
 



 

まとめ

部屋を片付けるためにものを捨てることは悪いこといではなく良いことだと思ってください。


自分の周りを片付けるだけで一歩前進しています。捨てるのにもったいないと思うかもしれませんが、服やカバンなど流行や使う頻度によって買い替える必要があるかもしれません。


買う前に本気で必要かどうかよく考えてからにしましょう。あとからになって捨ててしまうのはもったいないことです。処分したスペースを有効につかいましょう。


あなたも片付けるコツを身につけて、上手な空間づくりをしてみませんか?