車の事故によるニュースが絶えませんが、いつ自分が車の事故による被害者になるかわかりません。


車の事故の被害者となった場合、突然の災難で混乱しますがどのような対応を心がけておけばいいのでしょうか。



今回は「車の事故で被害者になったら?追突後の対応や買い替えのための保険をチェック!」と題して自動車における追突事故後の対応について実際の経験を交えてご紹介したいと思います。

 



 

車の事故に遭い自分が被害者となったら?交通事故にあったときの対応は?

 

 
事故にあった場合、相手側に運転免許証の提示を求め、運転手の氏名、住所、電話番号も聞きメモを取りましょう。名刺も有効です。


加害者が警察に連絡してもらい事故を起こしたことを話してもらいます。


あえて報告しないなら、被害者が事故の内容などを警察に報告します。


警察へ事故があったことを報告しないと、保険金請求手続きに必要な交通事故証明書を発行してくれません。


事故現場では軽い怪我だと思っていても、数日後に身体に異常が現れ病院で診てもらったら、重傷だったということがあります。


少しでも変だなと思ったら、必ず医師に診てもらいましょう。


通常は、加害者が自分の入っている保険会社に連絡し、被害者に連絡が来て、病院の治療費なども直接保険会社から医療機関に支払われるように手配されます。


交通事故のほとんどの場合、事故の事実関係(過失割合)が問題となっています。


事故直後警察に連絡すると、現場へ駆けつけてきた警察官は事故がどのようにして起こったかを明らかにするために「実況見分調書」を作成します。


過失割合の判定はほとんど警察の実況見分調書を元に判断されます。


被害者も加害者も事情聴取を受けますが、加害者の過失の方が大きいと思ったときには自分に非が無いことを正々堂々と述べましょう。
 



 

車同士の事故に遭う!追突事故にあったいきさつとその後とは?

 

 
私も車の事故にあい、被害者になったことがあります。


青信号を直進で走っていたら、こちらを見ないで進入しようとした車と追突しました。


私の車はぶつかった衝撃で左ドアがだいぶ破損しました。乗車していたのは私だけ。けがはエアーバックの衝撃で口元が裂けました。


相手方の車は、右フロント部にへこみがあり、外傷はないようでした。


近くに飲食店の駐車場があったので、渋滞がおきないように車を移動しました。


相手側が警察に連絡。お互い連絡先を交換しあいました。


警察が駆け付けるまでに自動車保険の事故受付センターやディーラーに連絡しました。レッカーの手配もしました。


警察が駆け付け「けがはないですか?」と聞かれ「口元が切れました。」と答えました。


その後、私の連絡先など書かされ、免許証や車検証の提示も求められました。


その後どのような事故であったのか、警察官が紙に事故現場のイラストを描きながら聞いてきました。


私が青で直進したところ、前方で相手がいきなり左側から侵入してきた。」と伝えました。


次に相手側のところへ行き、同様に必要事項を書かされ、免許証と車検証を見せていました。私と同じように事故の状況を聴取されていましたが、だいたい同じような説明をしていたようでした。


相手側からは1万円を受け取りました。タクシー代に使ってくれとのこと。


すぐに、口腔外科のある病院に行き、診断書を書いてもらい聴取された警察署に郵送しました。


再度事故受付センターに連絡をし、事故の状況を詳しく説明しました。


何度かやり取りをして相手側に過失があったとして保険会社からは、慰謝料をいただきました。


相場は、事故によってかわってくるようです。


自動車保険に加入していれば相手側との交渉もすべてお願いできますので、必要な書類にサインして、示談が成立しました。
 



 

車の事故で全損!買い替えたいけど加入している保険の補償内容は大丈夫?

 

 
大破してしまった私の愛車。廃車しかないと聞かされたときは、想い出がいっぱい詰まった愛車でしたので涙が出るほど悲しくなりました。


保険会社に相談したら車両保険に入っているから等級はさがるけど、車両保険からお金が出るよと言われました。


それで、保険金の補償内で車を購入することができました。


今回、たまたま車両保険をつけていたので別の車に乗り換えることができました。


一度みなさんも自分が加入している証券を確認して何が自分とって必要なのかを見なおすことも大切なことと思います。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自動車保険の落とし穴 (朝日新書) [ 柳原三佳 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2019/11/21時点)

 



 

まとめ

加入していた保険会社は、ロードサービスから示談交渉まで丁寧に対応してくれました。


もしも十分な対応をしてくれない保険会社だったら、他の保険会社を検討してみてはいかがでしょうか?


いつあうかもしれない事故ですが、安全かどうか確認して自分が加害者にならないように運転には十分気をつける必要があります。