お正月を彩った門松やしめ縄などの正月飾りを焼いてその火や煙に当たる!それがどんど焼きです。


みなさんはどんど焼きに参加したことはありますか?


どんど焼きも地方によって呼び名が変わり、とんど焼き、どんどん焼き、どんと焼き、さいと焼きなど呼ぶ地域もあります。


九州地方では、鬼火焚き、ほうけんぎょうなどとも呼ばれています。



ではどんと焼きにはどのような意味があるのでしょうか。今回は「どんど焼きで正月飾りを空へ!意味や由来から団子の枝焼きも解説!」と題してどんど焼きについて解説していきたいと思います。

 



 

どんど焼きの意味とは?由来となったのは宮中行事

 

 
どんど焼きの起源については諸説ありますが、そのひとつである”左義長”について紹介します。


”左義長”とは小正月に行われる宮中の行事を起源とした火祭りです。


平安時代の宮中では小正月である1月15日に長い竹で毯杖という杖を作り、その杖を三本組み、その上に扇子や短冊を結び付けて、陰陽師が謡いながら焼くという行事です。




現在では、田んぼなどに竹を組んで、門松やしめ縄などの正月飾りを焼く行事となっています。


これは”お正月飾りでお迎えした歳神様を、正月飾りを焼くことによって炎とともにお送りする”という意味合いがあります。


その火や煙に当たることで、運気が上昇するといわれています。


書初めなどを一緒に焼くと字が上達するとも言われていますね。地域によっては達磨を焼いたりするそうです。


神社でどんど焼きをする場合は、お守りやお札も一緒に焼くこともあるようです。


どんど焼きの火でお餅や団子を焼いて食べたり、灰を持ち帰る地域もあるようです。


どんど焼きの火には特別な力があるとされ、その火で焼いた餅や団子を食べることで無病息災を願うとされています。


また、その灰を持ち帰って自宅の周りにまくと、病を寄せ付けないとも言われています。


みなさんもどんど焼きの火や煙で運気をアップしてみてはいかがでしょうか。
 



 

どんど焼きでお餅やお団子を楽しもう!木の枝を使った焼き方も紹介

 

 
どんど焼きでは“繭玉団子”といわれる団子を作って焼くことが多いです。


繭玉団子の作り方は簡単ですので、ぜひ試してみてください。


繭玉団子は“上新粉”を使って作ります。上新粉とは“うるち米を精白した粉”であり、歯ごたえや風味が強い粉となります。柏餅や草餅などに使われます。


作り方としては、

  1. 上新粉にお湯を少しずつ加えながらこねていきます。お好みで砂糖を加えてもいいですが、砂糖を加えるときはお湯に溶かして加えるとやりやすいですよ。
  2. “耳たぶくらいかたさ”までこねたらOKです。
  3. 食べやすい大きさに分けて丸めていきます。白玉を作るイメージですね。
  4. 出来たら大きな鍋にお湯を沸かして茹でていきます。団子を入れた直後は団子が沈みますが、しばらくしたら浮いてきますので、浮かび上がってきたら取り出し、水で冷やしてから水気を切ってください。


このようにして作った繭玉団子を“柳の枝”に刺します。


団子のついた柳の枝を持って、どんど焼きの火に当てて焼きます。


熱いですが楽しいですよ。




地域によっては、お餅を同じように刺して焼くこともあります。


安全な方法としては、アルミホイルに包んで火に当てると、焦げ付きを防ぐこともでき、万が一落下しても大丈夫です。


太い木に針金を通してアルミホイルで包んだお団子を焼く方法もあります。


火の近くなので安全を心がけてくださいね。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふうことどんどやき (創作えほん) [ いぬいとみこ ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2019/11/19時点)

 



 

まとめ

どんど焼きで焼いた団子を食べると、“風邪をひかない”“虫歯にならない”健康で過ごせる“などといろんな言い伝えがあります。


どんど焼きは地域行事であり、周辺住民のみなさまとの親睦を深める機会でもあります。


寒い冬に暖かい火の近くで、焼いたお餅やお団子を食べながらお話ししてみてはいかがでしょうか。


お近くのどんど焼き行事を調べて参加してみてください。無病息災でいい一年になりますよう、お祈りしています。