みなさんはお正月にどんなものを食べますか?


お正月の定番といえばおせちとお雑煮ですよね。最近はおせちも自宅で作るというよりは外注する家庭が増えています。


外注する家庭が増えれば、商売するほうも様々なおせちを考え、現代のおせち料理はバラエティ豊かなものになりました。


それでは、お雑煮はどうでしょうか?子供のころから大きな変化が無いのではないでしょうか?


ところが各家庭では長年変化のないお雑煮も、外の地域に目を向けると関東と関西を比較するだけでも驚くほど形が違うものなのです。



今回は、「お雑煮の餅の形は地域で変わる?関東と関西の意外な違い!」と題して、お雑煮の具で定番ともいえるお餅について、地域による違いをまとめてみました。

 



 

知ってびっくり!関東と関西の雑煮の違い

お餅には様々な形があります。東日本では”四角いお餅”が多く、西日本では”丸いお餅”が多いといわれています。


地元から引っ越して初めてのお正月…結婚して初めて迎える配偶者の家でのお正月…お餅を見て驚いた経験はありませんか?


各地域や家庭によって様々な伝統が受け継がれ、多種多様なお餅となっています。
 
今回、関東と関西の代表的なお雑煮を紹介していきますので、その違いをお楽しみください。
 

関東地方のお雑煮

 

 
関東地方では”四角い餅”を使います。


”切り分けて効率的に食べられる”ように四角い餅を食べるようになったと言われています。


醤油を中心とした出汁に、”焼いた四角い餅”を入れます。


他の具材としては鶏肉や蒲鉾、しいたけなどが入ります。


お雑煮はあっさりとしているのが特徴です。
 

関西地方のお雑煮

 

 
関西地方では”丸いお餅”を使います。


”角が立たず円満に過ごせる”ように丸い餅を食べるようになったと言われています。


今回は京都で親しまれる京雑煮を紹介します。


白味噌を中心とした汁に、丸餅を入れて一緒に煮ます。


他の具材としては、里芋や大根等の白味噌と合うものが入ります。


お雑煮は濃厚な味わいとなっているのが特徴です。
 



 

餅を焼く?焼かない?形は?地域ごとのお雑煮の違い

 

 
関東と関西でも大きくお雑煮が違うことはお分かりいただけましたか?


実は各都道府県でもお雑煮には違いがあります。いくつか紹介しますので、楽しんでください。
 

お雑煮の中にあん餅!?香川のお雑煮

香川県でも高松市などで多く親しまれているのが”あん餅”の入ったお雑煮です。


あん餅は焼かずに柔らかくなったあん餅を一緒に煮ます。


いりこ出汁に白味噌の汁にあん餅が入っていて、一見風変りですがとても相性がいいそうです。


砂糖が貴重だった江戸時代から、正月の贅沢として砂糖を使ったあん餅入りのお雑煮を楽しんでいたそうです。
 

イクラが入ってる!?仙台のお雑煮

仙台のお雑煮では”ハゼの焼き干し”で出汁を取ります。


また、具となる野菜は”ひき菜”といって根菜を一度凍らせたものを使います。凍み豆腐やずいきも使います。


餅は四角い餅を焼いて入れます。


それらが入ったお雑煮にイクラを入れます。仙台では”はらこ”と呼ばれています。


魚介が豊富で寒い地域ならではのお雑煮ですね。
 

焼き海老が香ばしい!鹿児島のお雑煮

鹿児島のお雑煮は焼き海老で出汁を取ります。


”腰が曲がるまで元気でいられるように”という願いが込められたお雑煮です。
餅は丸い餅を焼いて入れます。


他にも椎茸や里芋などを大きく切っていれるため、具が大きなお雑煮です。
 

ブリが主役!?長野のお雑煮

長野県の松本ではブリがメインとなるお雑煮を食べます。


海がない長野県では、富山湾でとれたブリを塩漬けにして松本に運ばれ正月の縁起物として重宝されていました。


貴重なブリの塩漬けをお雑煮の真ん中において食べるようになったと言われています。


餅は四角い餅を焼いて入れます。


富山から飛騨高山を経由して松本に入る道を”ブリ街道”とも言いますが、歴史的背景がみえるお雑煮ですね。
 



 

まとめ

お雑煮には様々な種類があり、それぞれの地域の文化や風習が反映されています。


四角いお餅であったり、丸い餅であったり、焼いたり、煮たり様々です。


友人や配偶者はあなたの知らないお雑煮を食べて育っているかもしれません。


その違いに驚くかもしれませんが、相手のお雑煮を味わってみてはいかがでしょうか。新しい発見があるはずです。


日本では様々な文化を融合させて、新しい文化を作ってきた歴史があります。


お互いのお雑煮や今回紹介したお雑煮を試してみて、あなたの家のお雑煮を新しく作ってみてはいかがでしょうか。
 



 

おすすめ記事もどうぞ