夫婦円満が理想とはいえ、どうしても折り合いがつかず離婚となるケースは跡を絶ちません。


新たなスタートを切るためにも、お互いに後腐れなくスッキリと離婚したいもの。


そんなときに頼りになるのが離婚調停です。



今回は「離婚調停のやり方とは?メリットから慰謝料まで解説!経験談も紹介」 と題して、離婚調停のやり方について実際に離婚調停を行った方の経験談を交えて解説してみました!

 



 

離婚調停とは?

 

 
離婚調停とは、夫婦での話し合いで進める協議離婚では決まらない場合に、家庭裁判所に調停申立書を提出します。


調停委員が間に入って離婚の可否・条件について話し合い、手続きをします。
 

申立費用

申立費用は約3000円かかります。
(各家庭裁判所によって金額が変わる)
 

  • 収入印紙代 1200円
  • 切手代    800円程度
  • 戸籍謄本取得 450円
  • 住民票取得  200円

 

離婚調停のメリット

離婚調停のメリットを簡単にまとめてみました。

  • 相手と会わずに話し合いで進められ、話し合いは調停員が行います。
  • 離婚裁判より自由に決め事を話し合いできます。
  • 成立内容を調停証書にできます。

 
こうしてみると一人ですすめるよりかなり気が楽そうですね。精神的にも負担が減りそうです。
 

離婚調停のやり方は?一連の流れを確認

離婚調停の流れは、
 
申し立て前の事前準備→調停離婚申し立て→1回目の調停→2回目以降の調停→離婚調停終了
 
となります。実際に一つ一つ確認していきましょう。
 

申し立てる前の準備

  • 財産の確認をする
  • 離婚後の住居を確保する
  • 離婚後の仕事を確保する
  • 離婚後に子供を預ける場所を確保する(保育園など)
  • 離婚する理由を把握する

 

必要書類

必要書類として、

  • 離婚調停申立書
  • 夫婦の戸籍謄本(もしくは住民票も必要)
  • 収入印紙、切手
  • 離婚原因の証拠となる書類
  • 離婚原因が暴力の場合 → 医師の診断書
  • 離婚原因が浮気や不倫の場合 → 証拠書類や証拠品など
  • その他

 
などが必要となります。
 

離婚調停の申し立て

離婚調停の申し立ては、家庭裁判所の窓口またはネットから調停申立書をダウンロードして必要事項を記入します。


調停申立書ができたら、相手の住所地を管轄している家庭裁判所に提出をします。


調停の回数ですが、1回では成立することはなく、養育費などでもめなければ2、3回で調停成立することが多いようです。


調停に要する期間ですが、1か月で終わる人もいれば約3か月以上もかかる場合もあります。それ以上こじれる場合、裁判に発展するかもしれません。
 



 

離婚の話し合いを拒否する夫!調停裁判となり困った私の経験談

 

 
初めにしばらく別れて暮らしたいと言い出したのは私のほうでした。


性格の不一致というよりか、なぜかこの先この人とはやっていけないと感じたのです。


付き合っていた頃はそれほど気にはならなかったのですが、結婚したら全然頼りにならなかったのです。


価値観が違っていたのでしょうか、かみ合わず口も聴かなくなりました。その後、夫は家を出ていきました。


私はもっと話し合いをする協議離婚を望みましたが、夫はそれも拒みました。


そして家庭裁判所から書類が届いたのです。


夫から訴えられたのです。私は、その書類を恐怖に感じました。


今まで思っていた夫ではない。それで私も決心がつきました。


私は、精神的苦痛を受けたとして慰謝料(解決金)を夫に求めることにしました。


相手は、早く離婚が解決しないと仕事に支障がでると言い始め私の気持ちは度外視です。


結果、1年後私に解決金を支払うこと、解決金が支払われるまでマンションに住んでもいいこと、出ていくときは家具類を置いていくなど、細かなところまで書かれた書類が作成され、私たちの結婚生活は終止符を打ったのでした。
 



 

離婚調停で慰謝料がもらえるの?高額慰謝料を勝ち散るためには?

 

 
調停で慰謝料を請求するのに、いったいいくらもらえるのでしょうか。


調停委員は過去の判例から決めていきますので、精神的苦痛を受けた内容によって金額が変わるそうです。
 

  • 浮気・不倫の場合・・・100~500万円
  • モラハラ(言葉による精神的な暴力など)、DV(配偶者等からの暴力など)の場合・・・50~300万円
  • 悪意の遺棄の場合・・・50~300万円
  • 長期間によるセックスレスの場合・・・100~300万円

 
慰謝料を要求するとき、「慰謝料」という言葉が相手側に嫌な感じを受けて拒否する場合があります。


その場合「解決金」という言葉があり、相手側も納得することが多いようです。


慰謝料があれば、離婚後の生活にめどがつきますので諦めずに争いましょう。
 



 

まとめ

事前の準備、家庭裁判所への申し立てから離婚成立まで流れがつかめたでしょうか?


離婚調停での話しあいがこじれて離婚裁判へとならないように調停員を味方につけて心機一転、新たなステップに向かいたいですね。