2004年以来の紙幣刷新が大きな話題を呼びました!
 
 
新元号・令和の盛り上がりと合わせて今回の紙幣刷新も日本中で反響を呼んでいます!
 
 
そこで、2019年の紙幣刷新する理由はなんなのか?なぜ渋沢栄一や津田梅子、北里柴三郎が選考されたのか?その原因を調査してみました!
 


 

2004年以来の紙幣刷新の報道をチェック!

政府は2019年4月9日、紙幣刷新を発表しました!
 

麻生太郎財務相は9日、紙幣のデザインを2024年度上期をめどに刷新すると発表した。

新しい肖像は、日本の資本主義の礎を築いた 渋沢栄一を1万円札、女性教育を推進した津田梅子を5千円札、日本近代医学の先駆者である北里柴三郎を千円札にそれぞれ採用。

3紙幣の刷新は現紙幣の流通が始まった04年以来、20年ぶり。政府は21年度上期をめどに500円硬貨の素材や製造方法も改める。

2千円札は流通枚数が少ないため刷新を見送った。デザイン変更後も現行の紙幣や硬貨は引き続き流通するため、財務省は「古いお札は使えなくなる」などと言って現金をだまし取る詐欺に注意するよう呼び掛けている。

コピー技術が年々高度化する中、偽造を防止するため政府は約20年ごとに紙幣のデザインを一新してきた。

麻生財務相は今年初め、事務方に肖像の選定を水面下で指示し、具体的な検討が始まった。

麻生氏は記者会見で、肖像について、容易に偽造されないよう「昔の絵ではなく写真が残っている方が望ましい」と指摘。

明治以降の著名人のうち、軍人や政治家以外から選んだと説明した。

 
新元号「令和」と合わせて大きな話題を呼んでいる紙幣刷新報道。しばらく反響は続きそうですね!
 

 

2019年の紙幣刷新理由と時期は?

日本国民が気になっている紙幣刷新理由ですが、一般的に

  • 新紙幣による経済の活性化
  • 偽造防止のため
  • 元号の変更と合わせてで変化の機運を高めるため

 
と言われています!
 

2019年の紙幣刷新理由1:新紙幣による経済の活性化

新紙幣による経済の活性化については世界中で頻繁に行われているイベント(?)です。

日本でも二千円札が発行発表当時大きな話題になりましたね。
 

 
(ちなみに管理人は二千円札が出回り始めた当時、コンビニで1万円を引き出したら二千円札が5枚出てきたことがあります)

今回もやや下降気味と言われている日本経済の立て直しに利用しようとする目論見があるようです!
 

2019年の紙幣刷新理由2:偽造防止のため

日本のお札製造技術は世界でもトップレベルであり、偽札にガードもとても高いことで有名です。

それでも長いこと同じ紙幣が使われていれば偽札製造技術も高くなってくるもの。

とくに一番高い金額の紙幣(10000円札)は福沢諭吉が使われていますが、なんとその使用歴は40年!

野口英世(1000円札)、樋口一葉(5000円札)が20年ですから、単純に倍の年数使われていることになります。

通例では10年~20年で刷新することになっていますので、とうとう福沢諭吉もお役御免ということでしょう。
 

2019年の紙幣刷新理由3:元号の変更と合わせて変化の機運を高めるため

今回、新元号「令和」が発表されたことで日本中で大きな変化の動きが起こっています。

今回の紙幣刷新の発表も日本国内の変化の機運をさらに高めていこうという狙いがあるようですね。
 

 

 

【なぜ?】渋沢栄一や津田梅子、北里柴三郎が選考されたのか?その理由(原因)は?

そもそもなぜ渋沢栄一さんや津田梅子さん、北里柴三郎さんが新紙幣に選考されたのでしょうか?

紙幣に選ばれる人物は、「過去に日本のとある分野で大きな貢献をした人に限られる」と言われています。

たしかに歴代の紙幣の顔は夏目漱石、新渡戸稲造、福沢諭吉、野口英世、樋口一葉とそうそうたるメンバーです。

今回の3人もそれに匹敵する功績を上げた人物ということですね。
 

渋沢栄一が新紙幣に選考された理由(原因)は?

渋沢栄一さんは江戸時代から昭和の長きに渡り、第一国立銀行や東京証券取引所、一橋大学、東京経済大学などといった企業や大学の設立、およびその経営に携わり日本の経済や教育に多大な業績を残しました。

今では「日本資本主義の父」と言われ、その功績が讃えられています。
 

 
正直、夏目漱石、新渡戸稲造が野口英世、樋口一葉に変更された時に、何故この人にならなかったのか不思議なくらいの偉人です。

今回の紙幣採用には日本中が納得しているのではないでしょうか。
 

津田梅子が新紙幣に選考された理由(原因)は?

津田梅子さんは日本における近代女子教育の確立を果たしたことで有名な方です。

生前は何度も米国に渡って様々な分野の学問を勉強。

帰国後は行儀見習などが主流だった女性の教育を学問の分野にまで広げ、女性の地位向上と教育の普及に大きな貢献をしました。
 

 
津田梅子さんが新紙幣に選ばれたことで5000円札は女性が2人連続となりました。ひょっとしたら5000円札は女性が紙幣の顔を担っていくのかもしれませんね。
 

北里柴三郎が新紙幣に選考された理由(原因)は?

北里柴三郎さんは「医学界にこの人あり」と讃えられた人物です。その功績をみてみますと

  • 破傷風菌純粋培養
  • 血清療法の発見
  • ジフテリアと破傷風の毒素に対する抗血清開発
  • ジフテリア抗血清の製造開発
  • 腺ペストの病原菌共同発見

(wikipediaより抜粋)
 
一つだけでも相当な功績なのに、いくつもの分野に渡って業績を残しています!
 

 
10000円札の福沢諭吉さんから援助を受けていたことは有名で、恩義に報いるために福沢諭吉さんの創設した慶應義塾大学で医学部を設立。その後も医学の発展に力を尽くしました。
 
やはり、今回選ばれた3人もそれぞれの分野で活躍した偉人ということでした。

これを機に3人について深く調べてみるのも良いかもしれませんね!
 

 

 

まとめ

「【なぜ?】2019年の紙幣刷新理由は?渋沢栄一や北里柴三郎が選考された原因も調査!」についてみてまいりましたがいかがでしたでしょうか?

長らく続いた紙幣ともあと数年でお別れとなります。

せっかくなので今の紙幣の3人についてその業績を振り返ってみてはいかがでしょうか?