火事


2020年4月30日、とんかつ店(練馬区)で火事(火災)が発生しました。

ツイッターでは続々と火事について投稿されています。

現場の画像や動画とともに火事についてのTwitterの反応をまとめてみました。
 



 

とんかつ店(練馬区)の店主は五輪聖火ランナー

火災により死亡したとんかつ店(練馬区)の店主の方は延期が決定した東京オリンピックで聖火ランナーを務める予定でした。
 

男性の趣味はマラソンだった。2005年に都内の市民マラソンに初めて参加し、ゴール地点で3人の娘に迎えてもらった。


全国各地の大会にも参加するようになり、娘たちから手作りの表彰状をもらうのが楽しみだったという。


19年12月には五輪の聖火ランナーに選ばれた。


男性はフェイスブック(FB)で「申し込みの文章を妻や子どもたちに何度も添削してもらった。夢のようだ」と喜びを語っていた。今年7月18日に練馬区内を駆け抜けるはずだった。

 
聖火ランナーに選ばれたときはまさかこんなことになるとは夢にも思っていなかったことでしょう。

今日本中の飲食店が苦境に立たされている今、このようなことが発生してしまったことは本当に残念でありません。
 



 

とんかつ店(練馬区)で火事(火災) 現場の画像・動画とTwitterの反応まとめ!

とんかつ店(練馬区)で火事(火災)について続々とツイッターに反応が寄せられています!
 

 



 

 



 

 



 


 
コロナによる店の営業が困難になったためではないかと判断した方のツイートが目立ちました。

まだ断定することはできませんが、日本中の経営者が事業の継続の有無の判断をせまられていることとと思います。

すべてをあきらめることなく、なんとか生き残りの道を模索していただきたいところです。