2019年9月30日週刊少年ジャンプ最新号(2019年44号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第176話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第176話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第176話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』176話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第176話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第176話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 認めない
  • 鬼と侍
  • なりたかったもの

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第176話】ネタバレ1:認めない

縁壱
 
お前が笑う時
 
いつも俺は
 
気味が悪くて仕方がなかった
 
今回は黒死牟の独白から。
 
微笑む若い縁壱と青い空。
 
タイトルは「侍」
 
黒死牟はどうなったのか、見ていきましょう。
 
在りし日の会話を思い返す黒死牟。
 
縁壱はいつか自分たちを超えるものが現れる、それが楽しみだと笑いました。
 
その言葉に対して黒死牟は、特別なのは自分達の世代のみだと思い、吐き気がするほどの嫌悪感を感じていたようです。
 
鬼殺隊の決死の共闘により頸が落とされた黒死牟。
 
何が面白いというのだ
 
胴を両断されても刀から手を離さず
 
人間が血鬼術を使い
 
斬られても斬られても失血死せず
 
鬼に匹敵する成長速度で限界を超える動きをし続け
 
日の呼吸の使い手ではない者たちが
 
刃を赤く染める
 
必死に戦う鬼殺隊の表情が次々と浮かびます。
 
そんな未来を想像して何が面白い
 
己が負けることなど
 
考えただけで腸が煮え返る
 
俺はもう二度と敗北しない
 
そうだ、たとえ頸を斬られようとも
 
そう思うのと同時に止まる出血。
 
瞬時に気付いた悲鳴嶼が実弥に叫びます。
 
攻撃の手を緩めるな!!畳み掛けろ!!
 
時透と玄弥の命を、決して無駄にするな!!
 
その言葉を聞く実弥の後ろ姿。
 
一瞬の沈黙、そして
 
上等だゴラアアア!!消えて無くなるまで刻んでやら゛アアア!!
 
声の限りに叫ぶ実弥。
 
その目からは涙が流れます。
 
そして繰り出される技の数々。
 
黒死牟は刀を握ったままの時透の腕を斬り、刀から引きはがします。
 
そしてそのまま刀を抜こうと試みます。
 
体は崩れていない
 
まだ再生できる
 
これを抜き去れば
 
まだ死なぬ
 
奴らは死んだ
 
刀の効力も
 
術の効力も
 
間もなく消える
 
倒れたまま動かない時透と玄弥の姿。
 
攻撃の手を緩めない悲鳴嶼ですが・・・黒死牟の頭は早くも再生しています・・・
 
そして私は頸の切断からの死を克服する
 
今まで静かに攻撃を受けていた黒死牟ですが、ついに二人の攻撃から距離を取ります。
 
視界から消え、後方に立つ黒死牟。
 
頸が再生していますがその姿は・・・
 


鬼滅の刃【第176話】ネタバレ2:鬼と侍

大きく歪な二本の角、飛び出た牙、体のあちこちから生えた爪のようなもの。
 
背中からも刺々しい何かが生えてきています。
 
眼も形状などは変わりませんが、あちらこちらを向いていて焦点が合いません。
 
今までとは違い、人間とは言い難い姿へと変貌しています。
 
まさしく「鬼」らしい姿です。
 
頸を再生したことにどくづきはするものの、攻撃の手を休めない二人。
 
まだ無惨ほどの再生ではないということですが・・・
 
克服した
 
これでどんな攻撃も無意味
 
太陽の光以外は
 
勝利を確信する黒死牟。
 
しかし実弥は諦めず刀を振るいます。
 
これで私は
 
誰にも負けることは
 
実弥の振り下ろした刀にうつりこむ己の姿。
 
黒死牟の動きが止まります。
 
何だ
 
この
 
醜い姿は・・・・・・
 
兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?
 
背後から問いかける声。
 
俺も兄上のようになりたいです
 
俺は
 
振り返るとそこには、子供のころの縁壱が立っていました。
 
この国で二番目に強い侍になります
 
そう柔らかく微笑む縁壱。
 
そこには純粋な、兄に対する憧れや敬意が見て取れます。
 
侍の姿か?
 
これが・・・
 
自分の姿とかつての望み。
 
その違いに疑問を持った黒死牟。
 
これが本当に俺の望みだったのか?
 


鬼滅の刃【第176話】ネタバレ3:なりたかったもの

そう問いかけるとドクンと体が脈打ち、脇腹が崩れ落ちました。
 
時透に刺された所が崩れ、動揺する黒死牟。
 
すかさず悲鳴嶼が鉄球で頸をとばします。
 
さらに斬りかかる実弥。
 
技を出そうとあがく黒死牟ですが、血鬼術が使えません。
 
まだだ
 
まだ再生できるはず
 
まだ
 
負けではない
 
私はまだ
 
そう思いながらもどんどんと体は崩れていきます。
 
それでも負けることを拒む黒死牟。
 
お労しや、兄上
 
脳裏に最期の縁壱の言葉を、姿を思い出し、黒死牟は気付いてしまいます。
 
頸を落とされ
 
体を刻まれ
 
潰され
 
負けを認めぬ醜さ
 
生き恥
 
こんなことの為に
 
私は何百年も生きてきたのか?
 
負けたくなかったのか?
 
醜い化け物になっても
 
強くなりたかったのか?
 
人を喰らっても
 
死にたくなかったのか?
 
こんな惨めな生き物に成り下がってまで
 
違う
 
私は
 
私は
 
ただ
 
縁壱
 
お前になりたかったのだ
 
崩れ切った体。
 
心に浮かぶのは袂を別った弟の姿。
 
黒死牟戦、ついに決着・・・!!
 
アオリ文は「溢れる願い―・・・」
 


鬼滅の刃【第176話】感想及び考察 気付いてしまった本当の願い・・・黒死牟戦ついに決着!!

前回の戦いからまだあがいた黒死牟。
 
人間のころの記憶をもったままの鬼、というのは弱くなると以前無惨が話していましたが、黒死牟は人間の記憶で強くなることにしがみついた鬼でしたか・・・
 
とはいえ、激しい思いに決着をつけたのはやはり縁壱との思い出でしたね・・・
 
縁壱、本当にお兄さんが好きだったんだなと思わされました。
 
それにしても子供のころの姿を見ると時透が同じ家系というのも納得です。
 
今回で何より衝撃だったのが、時透と玄弥。
 
本当に死んだのですかね・・・?
 
時透はさすがに厳しいかと思いましたが、まさか玄弥まで・・・
 
おかげで悲鳴嶼と実弥はまだ戦うだけの余力がありそうですが、犠牲が大きいです。
 
来週はきっと黒死牟が消えてからの鬼殺隊の話になるのでしょうけれど、つぎは鳴女戦になるんですかね?
 
この状況から蜜璃と伊黒だとなんとなく温度差があるような・・・
 
ですがここから無惨戦になってしまうこともないでしょうし・・・
 
はたして現在無惨の状況はどうなのか。禰豆子の薬は効いたのか。
 
触れられていない部分がまだたくさんありますね!
 
まさかの劇場版も決定しましたし、勢いは止まりません!
 
次回はどうなっていくのか、楽しみに待ちましょう!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は10月7日です。鬼滅の刃【第177話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!

 
177話はこちら!
 

鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!