2019年9月21日週刊少年ジャンプ最新号(2019年43号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第175話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第175話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第175話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』175話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第175話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第175話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 負けるわけにはいかない
  • 決死の思い、染まる刃
  • 超えていく者達

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第175話】ネタバレ1:負けるわけにはいかない

今回の表紙は袴姿の誰かの足。
 
今回は表紙&巻頭カラー!
 
ジャンプの表紙を飾るのは紅葉舞い散る中の凛々しい炭治郎と義勇。
 
煉獄の形見の鍔が何とも・・・
 
上弦の壱戦もいよいよ佳境。
 
見開きのカラー表紙は何とも言い難い表情の炭治郎と禰豆子。
 
そして黒死牟と若き縁壱。
 
縁壱の耳にはあの耳飾りがついています
 
タイトルは「後世畏まるべし」
 
ついに決着はつくのか・・・見ていきましょう!
 
カラーページで前回の続き、縁壱と黒死牟です。
 
頸に傷はできたものの切り落とされることはなかった黒死牟。
 
突然の弟の死を前に、顔を歪めます。
 
あともうひと呼吸、縁壱の寿命が長ければ
 
私は負けていた
 
生き永らえた為に鬼となっていた私は
 
その屈辱を何百年も味わい続けた
 
縁壱が死んだ以上誉れ高き死が訪れることはない
 
鬼狩りの長き歴史で最も優れた剣士が死んだ今
 
私は負けるわけにはいかない
 
そうだ勝ち続けることを選んだのだ私は
 
このような醜い姿になってまで
 
黒死牟は激しい嫉妬心を持ちながら、弟のことを心底認めていたのですね・・・
 
その弟が死んでしまったからこそ、自分が負けることを認められないのでしょう。
 
場面は変わって、現在。
 
玄弥の血鬼術で動きを封じられ、今まさに頸を斬られんとしていたところですが・・・
 
黒死牟の咆哮、その瞬間、
 
体からたくさんの斬撃が繰り出されます
 
吹き飛ばされる悲鳴嶼と実弥。技を繰り出すことで致命傷は避けられたようです。
 
しかし離れなかった時透の体は上下に斬られ、玄弥は縦半分に・・・
 


鬼滅の刃【第175話】ネタバレ2:決死の思い、染まる刃

攻撃を終えた黒死牟の体はいたるところから刀が生えていました
 
どうやら攻撃は体から出た刃の数だけ放たれたようです。
 
上半身だけになりながらも必死に刀を握る時透。
 
このままでは何の役にも立てず死ぬと、焦ります。
 
床に倒れたまま動けない玄弥もみんなを守ろうという意思を失いません。
 
そんな状況でもまだ動ける悲鳴嶼と実弥は黒死牟へ向かっていきます。
 
だめだ
 
悲鳴嶼さんも不死川さんも死ぬまで戦う
 
だけどこの二人まで死なせちゃいけない
 
まだ無惨が残ってるんだ
 
みんなの為にもこの二人を守らなければ
 
瀕死の状況であがく時透。
 
黒死牟は再度技を放とうとします。
 
また技が・・・くる・・・
 
俺が・・・何とかしなくちゃ
 
時透は青い顔で、それでも必死に何とかしようとします。
 
俺が
 
死ぬ
 
前に
 
想いと共に刀を強く握る時透。
 
その心にこたえるかのように刺さった刃が赤く染まります
 
黒死牟がそれに気付いた瞬間、体に衝撃が走ります。
 
何だこれは・・・!!
 
体が強張る・・・!!
 
内臓を灼かれるような激痛・・・!!
 
その隙を逃さず頸に刃をふるう実弥。
 
しかし頸には傷一つつきません。
 
奮戦する悲鳴嶼と実弥を半分の体で見つめる玄弥。
 
まだ残ってる
 
俺の肉弾・・・
 
あいつの体の中に・・・
 
みんなの猛攻で・・・
 
構っていられないんだ・・・
 
血鬼・・・術・・・
 
戦い続ける3人。
 
すると黒死牟の体から再度木が生えてきました。
 
背中から大きく生えた幹。
 
攻撃に気付いた黒死牟は玄弥に止めを刺そうとしますが・・・
 
技が出ぬ!!!
 
黒死牟の体は動きません。
 
その頭部に悲鳴嶋の鉄球が炸裂します。
 
日の光を溜めこんだ鉄球に焼かれながら咆哮を上げる黒死牟。
 
何という強靭な頸
 
まだ攻撃が足りない!!
 
下からさらに斧で追い打ちをかける悲鳴嶼。
 
ガキィンと音を立ててすんでのところで刀に阻まれます。
 
技が出ない!!
 
背中の木か!?
 
大量に血を吸って幹を伸ばしている
 
さらにはこの激痛による・・・体の強張り!!
 
赤く染まった刀のせいだ!!
 
赤い刃・・・縁壱と同じ・・・
 
予想外のことに焦る黒死牟ですが、赤い刃を見てとある日の弟との会話を思い出します。
 


鬼滅の刃【第175話】ネタバレ3:超えていく者達

若き日の兄弟の会話。
 
まだ人間だった黒死牟は自分たちに並ぶような実力者がいないこと、技の継承が絶望的なことを案じていました。
 
縁壱に呼吸法や技が途絶えてしまうことへの懸念を伝えます。
 
しかし、天才とも呼ばれた縁壱は言います。
 
兄上、私たちはそれ程大そうなものではない。長い長い人の歴史のほんの一欠片
 
私たちの才覚を凌ぐ者が今この瞬間にも産声を上げている
 
彼らがまた同じ場所まで辿り着くだろう
 
何の心配もいらぬ。私たちは、いつでも安心して人生の幕を引けば良い
 
浮き立つような気持ちになりませぬか、兄上
 
穏やかに少し笑いながらそう語る在りし日の縁壱。
 
思い返す黒死牟の動きが止まります。
 
叫びながら鉄球に振り下ろされる実弥の一撃。
 
いつか
 
これから生まれてくる子供たちが
 
鉄同士がぶつかり、赤く染まります。
 
ぐああああ
 
さらに力を込める実弥。
 
私たちを超えて
 
さらなる高みへと
 
登りつめてゆくんだ
 
目を見開く黒死牟。
 
そしてついに・・・
 
ドゴン
 
鉄球と共に、頸が落とされました・・・!!
 
アオリ分は「ついに届く―」
 


鬼滅の刃【第175話】感想及び考察 懐かしい記憶、届いた刃、決着なるか・・・

ついに!!ついに届きました!!
 
今回は、もう何といいますか・・・凄かったですね!!
 
あの状況からさらに強い反撃を繰り出す黒死牟。
 
その攻撃によって、瀕死状態になった二人からの決死の抵抗。
 
赤い刃が縁壱を思い出させ、そのことで攻撃が止まることを思うと、忌まわしいと言いながら本当は仲良くできるはずだった兄弟だったのでしょうね・・・
 
しかしながら赤い刃が縁壱の刀ならば炭治郎の刀は何故黒だったのでしょうか・・・?
 
禰豆子の火によって赤くなりましたが、そういうことなのでしょうか?
 
耳飾りは今際の時に付けていなかったところをみるともう受け継いだ後だったのでしょうね。
 
でも何故炭焼き職人に・・・?
 
玄弥の血鬼術も進化して・・・果たして玄弥は無事なのでしょうか・・・
 
普通の人間なら即死でしょうが、鬼化が進んでいる今なら蘇生は可能なのかどうか・・・
 
おそらく黒死牟がこの後抵抗を激しくすることはないでしょうけれども、犠牲は出るでしょう。
 
黒死牟の血を吸って育った木の実が何らかの効果を発揮、とかないですかね。
 
なるべくならみんな無事でいてほしいものですが・・・
 
かつては無惨を倒そうと鍛錬を続けてきた黒死牟。
 
今固執した技も肉体も超えて、自分を倒す者たちが現れた。
 
彼は最期に何を想い、何を語るのでしょうか。
 
次回も目が離せません!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は9月30日です。鬼滅の刃【第176話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!

 
176話はこちら!
 

鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!