五等分の花嫁【第101話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
2019年9月11日週刊少年マガジン最新号(2019年41号)が発売され、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁最新話の【第101話】が掲載されています!
 
これから『五等分の花嫁【第101話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁【第101話】』が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む


 

五等分の花嫁【第101話】のネタバレ

五等分の花嫁【第101話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 一花と風太郎
  • さすが長女
  • それが俺の答え

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


五等分の花嫁【第101話】のネタバレ1:

五等分の花嫁【第101話】は『最後の祭りが一花の場合』です。
 
夜のマンションで一花は夜景を眺めていました。
 
一人で遠くの方をみてぼうっとしています。
 
「旭高校学園祭、すべてのスケジュールを終了とします」
 
校内放送がながれてきました。
 
一花が手を顎に当てて見下した表情をしています。
 
「ほんとあなたって優柔不断で最低ね」
 
カットの声がかかると普段通りの一花に戻りました。
 
撮っていた映像作品をスタッフが見代えてしています。
 
一人の男性が一花の携帯電話に連絡がきていたのを知らせてきます。
 
「え、フータロー君」
 
差出人はフータローで学園祭初日15時に教室に来てほしいと呼ばれていました。
 
なぜ自分なのか、一花は照れた表情になって考え込みます。
 
文章で『明日は仕事が』まで打ち込みました。
 
ところが、旭高校に一花の姿があります。
 
一花はタクシーを使って学園祭に訪れていました。
 
(急に仕事がなくなったらきただけ、何の期待もしてないし)
 
と、考え事をしながら歩いていました。
 
女優ということもあって帽子を深くかぶって変装をしています。
 
二乃が女子トイレから出てきました。
 
(こんなこともあろうかと持ってきて正解だったな)
 
1組の二店舗を巡っているうちに二乃のファンに見つかります。
 
二乃はファンの写真や握手の声を背中に受けながら走り去りました。
 
そこで、だれかにフードを被せせられます。
 
二乃のウィッグをといた一花があらわれました。
 
先ほどの二乃は一花に変装していました。
 
フードを被せてきたのは風太郎です。
 
一花がきているので風太郎は少し驚きました。
 
「やっぱり来てたのか」
 
風太郎は、一花に謝ります。
 
女優として忙しいのは承知していたものの5人全員にメールを送っていた。
 
いつもの癖がでていました。
 
一花は照れくさそうにフードを目深にかぶり直します。
 
「ちょっと恥ずかしいだけ」
 
自分だけ特別に呼ばれたのかと期待していた一花は他の姉妹も呼ばれていたので照れくさそうにしていました。
 
「五人を集めて何の用だったの?」
 
風太郎が言います。
 
手にボンベを抱えていました。
 
「特にこれといった用はない、だがせっかくの学園祭だいつものメンバーで集まりたいだろ」
 
一花は意外な顔をします。
 
着替えのウィッグをたたみながら話をつづけました。
 
「それだけ?てっきり大事な話があるのかと」
 
風太郎が背中を向けていて、一花が後ろから声をかけています。
 
「告白の返事まだでしょ」
 
風太郎の動きが止まりました。
 
「イエスでもノーでも、先延ばしにすればするほど酷だよ」
 
風太郎はそのことについて承知していました。
 



 

五等分の花嫁【第101話】のネタバレ2:さすが長女

 
ふと一花が左に目をやると子供が一人でいるのが目に入りました。
 
「ショー君のお母さん居ませんかー」
 
風太郎は片手でメガホンを作って呼びかけます。
 
一花も同じく迷子のショー君のお母さんに呼びかけました。
 
子供が不安がってぐずりだします。
 
一花が子供の目線になるように座って尋ねました。
 
「一緒に居t菜緒はお母さんだけ?お父さんや兄弟はいないのかな」
 
ショー君は、妹がもうすぐ生まれるといいました。
 
「大変なお母さんや赤ちゃんのためにショー君は強くならないとね」
 
子供は元気を取り戻します。
 
一花はにこにこしながらショー君をほめてやりました。
 
手で子供の頭をなでてあげています。
 
「さすが長女だな」
 
風太郎が言った目の前で同級生が言い争いをしていました。
 
「おい、けんかはやめろ子供が見てるぞ」
 
と、仲裁に風太郎が入ります。
 
その問題Wも解決した後で雑談しているときに子供が一花のことをじっと見つめます。
 
「お姉ちゃん観たことある」
 
風太郎が女優として活動している一花をテレビで見たんだなと辺りをつけました。
 
「この前キスしてた人だ」
 
風太郎は固まりました。
 
一花はなんでもないことのようにドラマの話を続けます。
 
そのドラマはお母さんがみているのでショー君も自然に覚えていました。
 
あまり風太郎の反応がよくありません。
 
「もしかして、私がキスしてたのショック?女優だよそういうこともあるよ」
 
一花がぐっと風タオルの耳元に近づいてきます。
 
「フータロー君だって経験済みだもんね」
 
風太郎はキスを経験した時のことを思い出されて驚きます。
 
誰だったのかはわからず、全員が五月の変装をしていた時のことです。
 
「で、誰だと思うの?」
 
風太郎は答えません。
 
子供がとがめてきました。
 
「ダメだよお兄ちゃん、そういうの良くないって前にテレビでやってた」
 
「僕が見たのは姉妹で同じ人を好きになるってやつ」
 
タイムリーな話題に2人がじっと子供の顔を見つめています。
 
「その男の人を巡って険悪になって修羅場になっちゃうんだ」
 
子供の説明を聞いて一花が止めに入りました。
 
風太郎が続きをたずねると、片方と結ばれて片方とはそれっきりとあらすじを言われます。
 



 

五等分の花嫁【第101話】のネタバレ3:それが俺の答え

風太郎たちをついにショー君のお母さんが見つけました。
 
お母さんが誤っていると目の前にいる女の子が一花なのを気が付きます。
 
「うそ、一花ちゃん!」
 
本物が学校にきていると聞いて周りの人物が寄ろうとしてきます。
 
風太郎が防波堤になって防ぎます。
 
一花と似ている姉妹だと嘘をついて人を散らしていました。
 
3時20分になってタクシーが来ます。
 
明日の撮影なので買える予定になりました。
 
「あのさ、私はもう来られないかもしれない、今答えを聞いちゃダメかな」
 
タクシーに乗る前に一花が尋ねます。
 
風太郎の方を向いて様子をうかがうと答えが聞けました。
 
(私じゃなくていい、二乃でも三玖でも姉妹の誰であってもこれでこの気持ちに区切りがつけられるんだ)
 
風太郎が答えると一花は驚いた表情をします。
 
「誰も選ばないそれが俺の答えだ」
 



 

五等分の花嫁【第101話】感想および考察

一斉メールは癖で送っていた。
 
ということで一花は呼ぶ予定でなかったんですね。
 
自働で気に一花がルートから外れた!と知ってさみしかったです。
 
その後、一花が用事について聞いたところみんなで一緒に集まりたいというのでほっとしました。
 
友達と放課後遊ぼうぜ!ってのりで声をかけたんですかね。
 
風太郎、やらかしますね。
 
教室で言わないの!
 
ここ1週間教室で宣言するのを想像していました。
 
女優の一花だといって、変装してたときのあれやこれやを水に流して付き合う。
 
同じアルバイトをする中で二乃、三玖のことを意識しだして付き合う。
 
四葉との過去の出会いから惚れていて付き合う。
 
五月の勉強の本気度を見ているうちにひかれて付き合う。
 
どれもありそうなので待ってたんですけどね。
 
てっきり5人全員がそろったタイミングで誰と付き合うのか言うのかと。
 
4人が涙目になりつつ風太郎に嫌われたくない一心で拍手を送るのを想像してました。
 
一花はだれも選ばないと風太郎の返事を聞いて驚いています。
 
だれか一人を選ぶと思ってたもののだれも選ばなかった。
 
物語が破綻しませんかね。
 
1話目で風太郎は一人の花嫁のことを想像していました。
 
顔は隠れていたものの同年代の女性で5つ子そっくり。
 
全員と付き合うかもしれないってルートも一応はあるんです。
 
花嫁の結婚式の衣装を選ぶときに10着以上あってこんなに!?と驚かれている場面がありました。
 
普通、お色直しで2,3回着替えるとしても10回は多いですよね。
 
5つ子ならそれぞれ2回分で10着。
 
でも日本の法律だと重婚は認めていないのでだれか1人を選ぶ説が濃厚でした。
 
だれも選ばないなら、みんなと結婚する!
 
ルートが見えてきました。
 
全員と結婚するハーレムエンドかな。
 
ないと思ったんだけどなああ。
 
文化祭の終了から卒業までで新しいイベントがあって付き合うことにするのか気になるところです。
 
今週の作者コメント見てきました。
 
「外で無線イヤホンをつけて再生ボタンを押すときの緊張感」
 
無線イヤホン!最近は便利なものがあるんですね。
 
無線なら音楽が聞こえるか不安になる気持ちわかります。
 
コードが絡まないとか、持ち運ぶのが軽いとか利点がいっぱいあるんでしょうね。
 
どんな作曲がお気に入りなんだろう。
 
次回の週刊少年マガジンの発売日は9月18日。五等分の花嫁【第102話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!

 
第102話はこちら!
 
『五等分の花嫁』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『>五等分の花嫁』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『五等分の花嫁』単行本最新刊を読む


 


五等分の花嫁はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『五等分の花嫁』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

五等分の花嫁【第101話】を無料で読む!

文章でストーリーを追うのもいいですが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁』101話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む


 

漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます!