2019年9月9日週刊少年ジャンプ最新号(2019年41号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第173話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第173話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第173話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』173話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第173話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第173話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 見えているもの
  • 抜けろ!!
  • 最善を尽くせ

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第173話】ネタバレ1:見えているもの

今回の表紙は刀を握る黒死牟の右手。
 
透けて見える筋肉が強さを物語ります。
 
アオリ文は「鍛えぬかれた刃― ―刈り取るのは命―
 
タイトルは「匪石之心が開く道
 
匪石之心とは何事にも動じない堅固な心の例えだそうです。
 
これは活路が開けるか・・・?
 
見ていきましょう。
 
激闘の続き、技を繰り出そうとする悲鳴嶼。
 
けれど激しい攻撃で技を遮られます。
 
月の呼吸 拾陸ノ型 月虹・片割れ月
 
拾陸・・・かなりの技の多さです。
 
悲鳴嶼も型の多さに対応が苦しい様子。
 
そんな中、悲鳴嶼は違和感を覚えます。
 
(・・・・・・おかしい、速すぎる)
 
攻撃を読まれている、しかしそれが速すぎる。
 
攻撃動作に入る前から動きを抑え込んできていることに気付きます。
 
神通力でも使っているのか?
 
この鬼には何が見えている?
 
何を見ている?
 
違和感の正体を突き止めようと集中します。
 
鬼は人間だったものだから人間も同じことができるらしく・・・
 
この見えぬ目は本質を見抜く目
 
決して惑わされない
 
極限まで刮目しろ!!
 
黒死牟の猛攻の中、相手をしっかりと見据え続ける悲鳴嶼。
 
激しくなる鼓動、その瞬間、黒死牟の肉体が透けて見えます。
 
筋肉から骨まで。黒死牟が今まで見ていたものです。
 
何だこれは!?脈動が知覚できる
 
はっきりと像を結んだ・・・これは
 
もしやこれが!!
 


鬼滅の刃【第173話】ネタバレ2:抜けろ!!

悲鳴嶼が黒死牟と戦っている間に時透が動きます。
 
苦しそうに汗を流しながらも黒死牟の間合いの内側に入ろうと画策する時透。
 
一瞬でも上弦の壱の動きを止められたら、攻撃の手を緩めることができたら、きっと二人が頸を斬ってくれる。
 
自分に残された時間を思い、何とかして役に立とうとします。
 
そんな時透の意図を組み、実弥を呼ぶ悲鳴嶼。
 
実弥も瞬時に理解して、3人一気に黒死牟へむかって行きます。
 
しかしそこは上弦の壱、同時に仕留められる好機を逃しません。
 
月の呼吸 拾肆ノ型 兇変・天満繊月
 
辺り一片埋め尽くされる程の刃の嵐。
 
あまりの大きさ、範囲の広さに圧倒されますが
 
(入れ入れ入れ入れ!!)
 
(抜けろ!!間合いの内側に!!)
 
時透は止まりません。
 
(くぐれ!!攻撃の隙間をくぐれ!!)
 
(折り重なった攻撃の隙間!!)
 
攻撃を避けながら進む実弥。
 
攻撃を繰り出す悲鳴嶼。
 
再度刀を振るおうとする黒死牟。
 
瞬間、手に何かがぶつかります。
 
(鉄球の男の数珠!?)
 
視界をくぐり抜けてたことに黒死牟は動揺します。
 
塵旋風・削ぎ!!
 
実弥の技に気を取られたその隙に、悲鳴嶼の鉄球が右腕をもぎます。
 
(また・・・そうかこの男・・・)
 
何かに気付いた黒死牟。
 
さらにその腹を貫く刀!!
 
右足を犠牲に、時透の刀が深々と黒死牟に刺さります。
 
血を吐きながらもまっすぐに相手を睨む時透。
 
頸動脈が斬れていない
 
限り限りで躱した
 
私の攻撃を・・・・・・手負いの子供が
 
数珠をぶつけられ僅かながら攻撃が鈍ったとしても・・・
 
まさかこの眼
 
視えているのか
 
私と同じ世界が
 
驚く黒死牟。悲鳴嶼も感知していることに気付きます。
 
さらには悲鳴嶼は気付いたことで、血の巡りを操作して攪乱すらしたそうです。
 
動揺はしたもののすぐに冷静を取り戻す黒死牟。
 
頸が斬られていないうえ、仕組みも分かればなんてことはない。
 
向かってくる2人も巻き込むように刀を構えます。
 
(離すな!!離すな!!バラバラにされても・・・)
 
時透は必死に刀を握ります。
 


鬼滅の刃【第173話】ネタバレ3:最善を尽くせ

激しい攻防の中、離れたところで銃を構える玄弥。
 
銃は手と同化しており、鬼の刀のように目が付いています
 
銃口は黒死牟の背中に。
 
玄弥 撃っていいから
 
構わなくていいから
 
俺が上弦の壱の動きを止められたら
 
俺もろとも撃っていいからね
 
玄弥の眼が黒死牟のように変わり、額に痣が浮き出ています。
 
歯を食いしばりながら銃を向けて、思い返すのは時透の言葉。
 
絶対に躊躇するなよ
 
前回の表紙で向かい合っていた二人。
 
その陰でこんな会話があったなんて・・・
 
(わかってる)
 
(わかってるよ)
 
ギョロギョロと動く銃の目玉。
 
玄弥は銃を撃ちます。
 
完全に虚を突かれた黒死牟。
 
とっさに刀を振るいますが、散弾銃のような銃撃は止まらず・・・
 
今週はここまで!!
 
アオリ文は「銃弾炸裂ッ!!!!
 


鬼滅の刃【第173話】感想及び考察 決死の覚悟、ついに届いた攻撃!!

時透・・・時透・・・!!
 
あの状態でよくぞというか、だからこそというか・・・
 
今回は怒涛でしたね。
 
あまりにも強くなってしまった黒死牟をどう倒すのかと思いましたが・・・
 
悲鳴嶼が仕組みに気付いて、まさか自分まで会得。
 
さらにはその裏までかくとは・・・最強の名は伊達じゃないです。
 
ついに間合いに入り、動きを止めることに成功しました。
 
玄弥も銃の状態まで変えるほど鬼の力を使っています。
 
はたしてあの銃弾にはどんな力があるのでしょう。
 
やはり黒死牟のように細かく相手にダメージを与えられるのでしょうか。
 
すでに散弾銃のようになっていましたからあれが特色なのか・・・
 
しかしながらあのくらいではすぐ治ってしまうのではないだろうか・・・
 
さすがの上弦の壱。
 
ただ銃で撃たれただけでは終わらなさそうです。
 
来週は銃の何らかの力が発動するのか、それともまだ黒死牟は動けてしまうのか。
 
頸は斬れてませんしね・・・猗窩座の事もありますし、頸を斬ってもまだ復活する可能性も・・・
 
炭治郎が合流する気配のない中、過去は明らかになるのでしょうか?
 
気になることはたくさんありますが、また次回!楽しみにしましょう!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は9月14日です。鬼滅の刃【第174話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!

 
174話はこちら!
 

鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!