2019年9月2日週刊少年ジャンプ最新号(2019年40号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第172話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第172話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第172話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』172話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第172話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第172話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 圧倒
  • 死なせない、死なせたくない
  • 弱いが故に

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第172話】ネタバレ1:圧倒

今回の表紙は先週と同じく時透と玄弥。
 
玄弥は時透が刀を握れるよう手を縛ってあげています。
 
なんとか行動することができるようになった二人。
 
アオリ文は「思考を止めるな 最善を尽くせ―
 
タイトルは「弱者の可能性
 
強者がぶつかってきたこの死闘。
 
今度はどうなっていくのでしょうか。見てみましょう。
 
前回刀が変化した黒死牟。
 
あの一撃は刀を握る実弥の指にも届いていました。
 
右手の指が二本、床に落ちます。
 
(くそっ!!くそっ!!殆ど反応できなかった)
 
(悲鳴嶼さんが鎖で攻撃の軌道を変えてくれなけりゃ、指どころか両腕共落とされてた。畜生ッ!!)
 
悲鳴嶼のサポートがあっても指を持っていくほどの攻撃とは・・・
 
稀血の効果は強い鬼ほどよく効くもののようですが、今の黒死牟には殆ど効いていないようです。
 
負傷をすることで足手まといになることを危惧する実弥。
 
次の攻撃に対して避けることができるのか自問します。
 
戦闘の様子を鴉を通してみていた輝利哉達3名。
 
この戦況を見て他の柱、義勇と炭治郎を向かわせるべきかと考えますが・・・
 
不安そうな2人に対し
 
いや、義勇と炭治郎はそのまま無惨の元へ
 
上弦の壱は
 
行冥と実弥、無一郎と玄弥の四人が必ず倒す
 
輝利哉は一切の迷いもない表情でハッキリと告げます。
 
己の背丈よりもかなり長い刀を軽々と持つ黒死牟。
 
変わらぬ速さで技を繰り出します。
 
月の呼吸 漆ノ型 厄鏡・月映え
 
一振りで広範囲の5本の太刀筋。しかもその太刀筋に曲線状の攻撃も加わっています。
 
以前の間合いとは考えられない程距離が伸びています。
 
(何という間合い!!攻撃範囲が倍以上伸びた)
 
(そしてこの速さ・・・これはまずい!!)
 
さらに技を重ねる黒死牟。悲鳴嶼に考える隙も与えません。
 
遠距離に有利だった鎖すら全く届かない場所からの攻撃。
 
しかもそのどれもが凄まじい早さのため、頸を狙うどころか近付くこともできない二人。
 
順々に技を放つ黒死牟ですが、どんどん威力が増しているように見えます。
 
対して技を避けるために渾身の力を使わざるをえない実弥。
 
月の呼吸 玖ノ型 降り月・連面
 
数えきれないほどたくさんの太刀筋におそわれ、実弥は背中に傷を負います。
 
心配する悲鳴嶼に構うなと叫びますが、その隙を黒死牟は逃しません。
 
月の呼吸 拾ノ型 穿面斬・蘿月
 
膝を着いた実弥の視界いっぱいに月のような攻撃が迫ります。
 


鬼滅の刃【第172話】ネタバレ2:死なせない、死なせたくない

間一髪、実弥を抱えて跳んだのは時透。
 
腕だけの状態でもしっかりと実弥を掴んでいます。
 
死なせない。貴方はまだ両腕で刀を振れる・・・!!
 
だんだんと血の気が引いていっているような状態ですが、時透の心は折れていません。
 
一方玄弥は柱の陰から黒死牟との戦闘を見つめています。
 
(やれるか?俺に)
 
(役に立てるのか?俺は・・・)
 
また同じように胴を斬られるだけなのではと、動けません。
 
遠くで時透と実弥が攻撃を避けています。
 
(兄貴・・・兄貴・・・死なせたくない・・・絶対に失敗できない)
 
守りたいものを想う気持ちが焦りを生み出します。
 
憤り歯を食いしばる玄弥。
 
なんで俺はこんなに弱いんだ
 
悔しい
 
悔しい
 
弱いことが悔しい
 


鬼滅の刃【第172話】ネタバレ3:弱いが故に

一番弱い人が、一番可能性を持っているんだよ玄弥
 
焦る玄弥の脳裏に浮かんだのは炭治郎の言葉でした。
 
お茶を飲みながら囲炉裏で話している二人。
 
炭治郎は上弦の陸の戦いの話を玄弥にしていました。
 
相手の警戒できる絶対数が決まっている事。
 
強い人への警戒は強いが、弱いと思われていれば警戒の壁は薄いという事。
 
その弱い人が予想外の動きで壁を打ち破れたら
 
一気に風向きが変 わる
 
勝利への活路が開く
 
そう語る炭治郎。
 
炭治郎
 
炭治郎
 
本当か?本当にそうか?
 
俺にできると思うか?
 
肯定するように思い返される炭治郎の笑顔。
 
ドクンドクンと強くなる鼓動。
 
玄弥は懐から布にくるまれた何かを取り出します。
 
やる
 
やる
 
やるしかねぇ
 
布にくるまっていたのは黒死牟の折れた刀
 
勝つことだけを考えろ
 
俺は兄貴を、師匠を、仲間を絶対死なせねぇ
 
また斬られた時に喰おうと思っていたが
 
そんな弱腰じゃ話にならねぇ
 
口の中が斬れ血を零しながらも刀を喰らう玄弥。
 
攻めの姿勢を崩すな
 
刀を喰い切った玄弥の鼓動が強く響き・・・今週はここまで。
 
アオリ文は「その渇望に応えるのは―
 


鬼滅の刃【第172話】感想及び考察 圧倒的な力の差。玄弥は切り札となるか!?

強すぎる、上弦の壱。
 
今まではなんだったのかと思わされるくらいに戦況が変わってしまいました。
 
鬼殺隊そのままでもかなり疲弊していたというのに・・・
 
それでも4人で倒すと言い切る輝利哉は凄いですね!
 
しかもそう言うのなら大丈夫なはずだと思わされるのが、さすが産屋敷です。
 
そしてついに戦闘に復帰した時透と玄弥。
 
時透はまともには戦えないでしょうが、あの状況で実弥を守るというのも本当にすごい丹力です。
 
玄弥は失敗できない恐怖との戦いでしたね。
 
そう思うと炭治郎達5人の中では、一番玄弥が普通に近い気がします。
 
守るためにどこまでも勇敢になる炭治郎や、怖いものは怖いと主張しながらかつては無意識に敵を倒していた善逸などとはまた違うような。
 
プレッシャーとの向き合い方が年相応の子供のような感覚があってなんとも言えません。
 
お兄ちゃんが普通に生きて欲しがった気持ちが分かります・・・
 
そんな玄弥も刀を喰らいました。
 
はたして体はどう変わるのか。鬼に近付いてしまうのか。
 
カナヲのようにどこかに後遺症が出てしまうことがないといいのですが・・・
 
もろもろを心配しつつも、戦況が変わることも期待しつつ・・・また来週!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は9月9日です。鬼滅の刃【第173話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!

 
 

鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!     電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。   詳しくはこちらをごらんください!  
無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む
 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!   詳しくはこちらをごらんください!    

鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!  

  最後までお読みいただき、ありがとうございます!