2019年7月29日週刊少年ジャンプ最新号(2019年35号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第168話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第168話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから「鬼滅の刃【第168話】」を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス「U-NEXTの31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「」168話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第168話】のストーリーネタバレ

それでは鬼滅の刃【第168話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 桑野匡近
  • 産屋敷の願い、鬼殺隊の願い
  • 百世不磨

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


桑野匡近

今回のセンターカラーを飾ったのは黒死牟!
 
刀を抜きながらこちらを6つの目で見る様はさすがの迫力です。
 
色が付いていると分かる炭治郎と同じ赤みがかった髪。
 
いったいどういうつながりがあるんでしょうか・・・
 
そしてカラーで見るとまたインパクトのある刀です。
 
アオリ文は「その目が見透かすのは―
 
タイトルは「百世不磨
 
永久に消えないで残ること、だそうです。
 
前回の稀血の件からどうかわっていくのでしょうか!見ていきましょう!
 
まずは実弥の過去話から。
 
自分の血が特別なんだと気づいたのは鬼を狩り始めてすぐだ
 
そもそも鬼にされた母が、俺が出血した途端動きが鈍くなった
 
一気に家族を失ってしまった実弥の世界は一気に色褪せ、ただ鬼を倒す生活をおくっていたようです。
 
しかしながらもともとは鬼と全く関係のない生活。
 
鬼殺隊も日輪刀もしらなかった実弥がとれた戦法は山ほどの武装で鬼と戦い、捕らえては日で焼いて殺すというものでした。
 
今思えばとんでもない自殺行為だが死ななかったのはこの血で鬼を酔わせられたおかげ
 
運が良かっただけ
 
同じ鬼を追っていて出会った鬼殺隊の桑野匡近が”育て”を紹介してくれたおかげ
 
頬に傷がありながらも人のよさそうな笑顔をする少年。
 
その時の実弥より少し年上のようです。
 
でも俺は知ってる
 
善良な人間から次々死んでいく
 
この世の不条理を
 
下弦の壱は匡近と二人で倒したのに
 
体中傷だらけで横たわる匡近を抱きかかえる実弥。
 
頭の止血をしていますが、匡近は動きません。
 
柱になったのは俺だけだった
 
場面は現在に戻り、黒死牟にむかって刀を振る実弥。
 
重症でありながらまだ技を繰り出します。
 
これまでの柱ならばもう勝負はついていると黒死牟は静かに驚きます。
 
どうにも呼吸で血を固めているか、筋肉を引き絞ることで内臓が出ないようにしているのではと考えますが・・・
 
どちらにせよ、人間にできて良い芸当ではない・・・初見なり・・・面白い
 
感心しつつも再びふらつく黒死牟。
 
その好機にたたみかける実弥ですが、すべて受けきられてしまいます。
 
微酔う感覚も何時振りか・・・愉快・・・さらには稀血・・・
 
上から下に斬りつけようとした実弥の刀を黒死牟は踏みつけます。
 
刀が地に着き、そのまま姿勢の下がる実弥。
 
その首に刀が振り下ろされます。
 


産屋敷の願い、鬼殺隊の願い

頭に来るんだよ
 
人が苦しんでいるっていうのに
 
笑っている奴が
 
自分の手を汚さず
 
命の危機もなく
 
一段高い所から涼しい顔で指図だけするような奴が
 
いい御身分だなァ、おいテメェ、産屋敷様よォ
 
柱合会議。まだ片目が侵されていない産屋敷を前に、在りし日の実弥は言い放ちます。
 
動揺する他の柱達。悲鳴嶼、天元、そして・・・カナエがいる・・・!!
 
不死川・・・口の利き方というものが、わからないようだな・・・
 
怒りのあまり数珠にヒビが入る悲鳴嶼。それをたしなめる産屋敷。
 
不死川は武術も何も齧ってすらいない人間が鬼殺隊の頭であること、隊員のことなど使い捨ての駒としか思っていないのだろうと続けます。
 
そんな暴言を受けながらも産屋敷は優しく微笑みました。
 
ごめんね
 
その姿に沈黙する実弥。
 
刀を振ってもすぐに脈が狂ってしまい十回もふるえなかった。
 
自分も体一つで人を守れる剣士になりたかった。
 
つらいことをさせてごめん、と産屋敷は語ります。
 
その眼差しに実弥は母を思い起こします。
 
親が子に向けるような慈しみを感じる実弥。
 
君たちが捨て駒だとするのならば、私も同じく捨て駒だ
 
鬼殺隊を動かす駒の一つに過ぎない。私が死んだとしても何も変わらない
 
私の代わりはすでに居る
 
隣に座る子供達も静かに微笑んだまま座っています。
 
そして産屋敷は、自分は偉くなんてない。
 
皆が善意でそう扱ってくれているだけだから、実弥はそうしなくていいと伝えます。
 
それに拘るよりも実弥は柱として人の命を守っておくれ
 
それだけが私の願いだよ
 
兄弟のように仲良くしていた匡近が死んで間もないのに呼んですまなかったと謝る産屋敷に、名前を憶えていることに驚く実弥。
 
そこにカナエが続けます。
 
不死川くん、お館様は当主になられてから
 
亡くなった隊員の名前と生い立ちは全て記憶してらっしゃるのよ
 
その言葉に呆然とする実弥。
 
そんな実弥に産屋敷は鬼殺隊の遺書の話をします。
 
鬼殺隊はみんな遺書を書いているようですが、その内容がみんな似通っているんだとか。
 
匡近は失った弟と実弥を重ねていたらしく、実弥に遺書が渡されます。
 
その内容は他の鬼殺隊と、産屋敷と同じく光輝く未来の夢。
 
大切な人が笑顔で天寿を全うするその日まで幸せに暮らせるよう
 
決してその命が理不尽に脅かされることがないよう願う
 
例えその時自分が、生きてその人の傍らにいられなくとも
 
生きていて欲しい
 
生き抜いてほしい
 
その遺書に玄弥を想い、実弥は涙します。
 


百世不磨

黒死牟の刀をすんでのところで止める実弥。その手には銃が!!

そのまま頭に向かって発砲しますが、銃弾は刀に阻まれます。

身動きの取れない実弥に技を放つ黒死牟・・・!!

激しい技に塞がる視界。その中に黒死牟は何かを感じます。
 
次々と・・・降って湧く・・・
 
開けた視界の先には・・・
 
我ら鬼殺隊は百世不磨

鬼をこの世から屠り去るまで・・・
 
悲鳴嶼さん!!
 
鎖のついた斧を携え参戦です。
 
黒死牟に対峙して今週はここまで!
 
アオリ文は「鬼殺隊 最強の男、到着!!!
 


鬼滅の刃【第168話】感想および考察 実弥の過去、産屋敷との会話とみんなの願い・・・

今回は実弥の過去話でしたが、鬼を酔わせるっていうのはかなり強力なんですね。
 
実弥はあの外見なのではじめは本当に怖い人なのかと思いましたが・・・
 
煉獄さんの時といい、匡近のことといい、本当に義に厚い人だなぁと。
あれだけ偉いと言われていたお館様に堂々と言ってのけるのは凄いですね。
 
そして鬼殺隊の遺書。もう切なさが・・・
 
当たり前のような幸せを願いながら日々戦っているその重みを感じます。
 
炭治郎たちも残しているのでしょうか・・・
 
さらに、ついに合流した悲鳴嶼!!
 
戦うのをしっかり見たことはありませんが、頼もしいです。
 
先に向かわず時透を探していたんですね!
 
次回からは選手交代で悲鳴嶼対黒死牟でしょう。
 
はたして炭治郎はいつ参戦するのか。
 
犠牲はでないでこのままいけるのか。
 
来週も目が離せません!!
 



 

 

 

 
–!>
 

鬼滅の刃」単行本最新刊を無料で読む

鬼滅の刃」単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス「U-NEXTの31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「鬼滅の刃」単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで「鬼滅の刃」単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス「U-NEXT」を利用することでアニメ「鬼滅の刃」を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!