2019年4月11日週刊ヤングジャンプ最新号(2019年19号)が発売され、赤坂アカ先生の漫画作品、かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】が掲載されています!
 
かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 

 


これから「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】」を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス「U-NEXT」の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」135話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊ヤングジャンプを読む


 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】のストーリーネタバレ

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 白銀御行の手作り弁当
  • とばっちりを受ける生徒会メンバー
  • 石上の餌付けと苦悩する白銀
  • 「きれいにして」

の4部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!

白銀御行の手作り弁当

今回の始まりは憔悴しきった白銀から。
 
ふい―――――――
 
あまりの弱りっぷりに石上も心配そう。
 
うわっ!会長、今日は一段と顔色悪いですね
 
白銀はよく眠れていないようです。前話同様、棺を数える描写も。
 
寝れないから久々に弁当なんて作る始末だ
 
そう言ってお手製の弁当を石上に見せる白銀。
 
そしてその石上の弁当に当然のように反応するかぐや。
 
白銀は弁当箱を開けて中身を石上に見せました。かぐやはやや遠くからその光景を見つめます。
 
そしてここでかぐや様は告らせたい定番のモノローグ。
 

その弁当はかぐやにとって、人生で二度目となる『光景』であった。

かぐやの昼食は四宮家の専属料理人より休み時間に温かいできたてが届けられる

栄養バランスは勿論、旬の食材を基軸として調和の取れた弁当

それがかぐやの知る「弁当」である

だし巻き卵!煮物!焼き魚!梅干し!

そして再びのタコさんウインナー!!これは当然いただきたい!!

いつぞやは食べたいと言い出せず、歯がゆい思いをしたかぐや

だが当時とは状況が違う。冷静さを携える彼女であれば

目的の為に的確で確実な行動を取れる!!

 
あーお腹が減りましたー
 
目的のために的確で確実な行動、それは「渾身の一口分けてアピール!!
 
そして誰も訊ねてもいないのに、突如語りだすかぐや。
 
今日は料理番が帰省中なのを忘れていました。あー、空腹の余りお腹と背中がくっつきそうだわー
 
明後日の方向を向き、つらつらとしゃべるかぐやに白銀はある考えが頭に浮かびます。
 
そして再び挿入されるモノローグ
 

ここ暫くかぐやの余りの変わりように、さながら鈍感系主人公の如く振る舞っていた白銀だが、彼は元々勘が悪い男ではない

 
まさか・・・俺の弁当、一口分けて欲しいのか!?
 
さすがに白銀もかぐやのアピールを理解したようです。
 
ツンケンしてても可愛い所もあるじゃないか。そういう事なら是非もない
 
好意的にかぐやの行動を捉えた白銀はそれなら弁当を分けてやろうと考え始めました。
 
その機を逃さず、かぐやがおねだり発言!
 
卵焼きとか食べたいわー
 
その言葉を受けて白銀はかぐやに卵焼きを食べさせようとします。
 

とばっちりを受ける生徒会メンバー

そしてこのタイミングで生徒会室に現れる藤原。生徒会室に入ってきたばかりなのに、藤原はかぐやの話を聞いていたようです。
 
えっ、かぐやさんお腹空いてるんですか?
 
早速、藤原は自分の弁当から卵焼きを分けてあげようとします。
 
この卵焼き、砂糖たっぷり入ってて甘くて美味しいですよ♪はいどうぞ~
 
遠慮しておきます。私、甘い物は控えていますので
 
かぐやは藤原の申し出に対してははっきりと断りました。
 
しかし藤原はめげません。
 
え~甘みは正義ですよ~
 
そんな藤原に反論するかぐや。
 
というか、貴女自称ロカボガールでしたよね?そんなに砂糖入った物食べていいの?
 
それにこのお弁当麺類まで入ってるじゃない。もっと野菜を摂った方がいいですよ
 
劣勢(?)の藤原は死んだような目をしながらもなんとか反論を試みます。
 
春雨のサラダ入ってるもん・・・
 
春雨の糖質量知って言ってるんですか?しかも使ってる野菜がよりにもよって糖質の多い根菜じゃないの・・・
 
それでもかぐやの追求は止まりません。
 
肉いっぱい食べればローカーボってわけじゃないのよ?肉も糖質も沢山食べたらただの食いしん坊・・・
 
その言葉ですでに弁当を食べ始めていたミコは硬直。
 
そしてとうとう追い詰められた藤原が絶叫!
 
かぐやさんが石上くんみたいな事言う―――――!!
 
まだまだ藤原の心の叫びは止まりません。
 
ご飯は美味しく食べるのが一番でしょー!?なんでそんなご飯が不味くなる事言うんですかー!?
 
熱く語る藤原にあくまで冷静に返答するかぐや。
 
とても糖質制限している人の発言とは思えませんね。そんな食事ばかりしていたら貴女・・・本当に太るわよ?
 
その言葉でついに精神の限界に達した藤原。
 
かぐやさんのいじわる・・・!!糖質の分走ってくればいいんでしょ~~!!
 
そう叫ぶと生徒会室の外へ走り去ってしまいました。
 
2人のやりとりを聞いていた石上。かぐやに注意します。
 
女子に太るは言いすぎじゃ・・・
 
かぐやも「本当のことじゃない」と返しますが、やはり気にしたのか視線をそらしました。
 
そして白銀はというと、
 
あぶねぇ・・・四宮甘い物控えてたのか・・・じゃあコレは駄目だな・・・
 
自分の心の中で解釈し、食べさせようとした卵焼き(砂糖たっぷり)を弁当箱に戻してしまいます。
 
しかもこれで白銀はかぐやが何を食べたいのかわからなくなってしまいました。
 
そんな白銀の葛藤をよそに、かぐやのアピールは続きます。
 
お腹空いたわー
 
そんなかぐやを見かねたのがミコ。
 
あの・・・四宮先輩よかったら私のお弁当半分いかがですか・・・?
 
しかしミコの優しい申し出に対し睨むような視線。
 
動揺したミコは言い訳を並べ立てます。
 
お手伝いさんが作り過ぎるんです・・・別にさっきの話聞いていっぱい食べるのが恥ずかしくなったとかじゃないですよ?
 
しかしそう言いながらもミコのお腹は「ぐううううきゅるるる」と大きな音を鳴らしてしまいました。
 
かぐやはミコにきっぱりと断りの返事。
 
お気持ちだけで結構です。自分は少食なのでその量だと少し・・・
 
かぐやの容赦ない言葉にミコはかなりショックを受けます。
 
じゃあ、いつもこの倍食べてる私はデブまっしぐらって事ですか!?
 
そんなミコに対するかぐやの言葉責めは止まりません。
 
そんな事いってないじゃない。まぁ、その量食べて太らないのは不思議だと思ってるけれど
 
かぐやの言葉でミコは顔が真っ赤に。
 
人がせっかく親切で分けてあげようと・・・四宮先輩のひとでなし!!
 
泣きながらそう言うと、ミコもまた生徒会室から走り去ってしまいました。
 

石上の餌付けと苦悩する白銀

 
また二人のやり取りを聞いていた白銀。
 
なるほど・・・四宮の胃袋は小さい・・・あれもこれもとは行かない・・・
 
そう心でつぶやくと頭を抱えてしまいました。
 
そんな白銀の意図を察したのか、
 
野菜はいくらでも食べていいのに
 
また明後日の方向を向きながら発言をするかぐや。
 
それを聞いて自分が食べていた野菜スティックを動物にエサを食べさせるように差し出す石上。
 
馬鹿にしてる?兎に対する餌付けじゃないのよ?
 
そう言いながらも意外にもそんな風に差し出された野菜スティックを普通に食べ始めました。
 
なんで石上にはこんなに優しくて、俺にはきついんだ
 
かぐやの心情がやっぱりわからない白銀。
 
そして野菜スティックを食べさせ終わった石上。ミコと藤原を探すために彼もまた生徒会室から出ていきました。
 

「きれいにして」

とうとう白銀とかぐやは2人きりに。
 
しかし相変わらず白銀にはかぐやの気持ちがわからないまま。
 
俺には四宮の考えてる事が判らない。理解しようとすればする程不安になって夜も眠れない
 
ここで自分に対し気合を入れる白銀!
 
もっと気張れよ!
 
そして白銀の独白。
 

俺は元々とても弱い

格好つけなきゃ格好つかない。

俺が俺のままで居れば、何も出来ないポンコツのままだと痛いほど知っている。

もっと気張れ・・・もっと・・・もっとだ!

 
そしてとうとう白銀は手を震わせながらもタコさんウインターをかぐやに差し出しました!
 
四宮、腹減ってるんだろ。これを食え!
 
その言葉に驚くかぐや。しかし白銀は手を滑らせていまい、ウインナーが爪楊枝から取れてしまいます。
 
すぐさまかぐやが反応しウインナーを口でキャッチ!それも白銀の指ごと。一瞬時が止まる生徒会室。
 
ごめんなさい勢い余って・・・
 
冷静にそう謝るとかぐやは白銀の手をハンカチで拭き始めました。
 
すると白銀はかぐやの口にケチャップが付いていることを発見。そのことをかぐやに伝えます。
 
すると白銀の手を握って目を閉じるかぐや。そして衝撃の一言。
 
きれいにして頂けますか?
 
その言葉に白銀は「ああ」と返事をするものの、かぐやが手をつかんだまま。
 
四宮、手を・・・
 
しかしかぐやは手を離しません。それどころか手を引っ張られ、かぐやと白銀の顔は急接近!
 
はやく、きれいにして
 
かぐやの言葉を受けてふたたび気合を入れる白銀。
 
気張れ・・・気張れ俺・・・
 
まさにかぐやに触れるその瞬間、精神と体力の限界に達し、白銀は倒れてしまいました。
 
そして倒れた白銀を見つめながら一人かぐやは心の中で呟くのでした。
 

私はとても性格が悪い。長らく忘れていた。私が私のままで居ると、周りの人を傷つける事を

 
アオリ文は「愛するがゆえ、愛する人すらも-。
 
コメディパートから一転、シリアスな引きとなって次回に続く、です。
 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第135話】感想および考察 藤原とミコがただ可哀想な回

はい、今回も氷のかぐや様のまわりくどい欲求が楽しめました(笑)
 
「あー、お腹が減りましたー」とか子供か(笑)
 
「冷静さを携える彼女であれば、目的のために的確で確実な行動をとれるはず。」というモノローグを受けてとった行動がこれですからね。
 
前フリの煽りが面白すぎました(笑)
 
でも今回に限って言えば、藤原もミコも善意でお弁当を分けてあげようとしているだけなんですよね。
 
かぐやのために優しさを見せたのに、その本人にコテンパンに言葉責め。さすがに今回は同情を禁じえません。
 
かぐやから見て石上は男と認識していないのでしょうか?生徒会メンバー以外にあの光景を見られたらどうなるのでしょう?

例えば番外編の2人とかが見たら泡吹いて倒れそう(笑)
 
そして今回かなり頑張った白銀でしたが体力の限界を迎えてしまいました。惜しい!
 
かぐやもかなり攻めましたがまたしてもキッスは持ち越しとなりました。でも少しずつ距離は近づいているような気はしますね。
 
個人的には氷のかぐや様と白銀のキッスを見てみたいです!頑張れ白銀!でも睡眠はちゃんととろう!
 
 

 
次回のヤングジャンプの発売日は4月18日ですが、かぐや様は告らせたいは休載。4月25日発売のヤングジャンプにはかぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~【第136話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
『文化祭と二つの告白』編クライマックスの盛り上がりが楽しめる「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第14巻もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス「U-NEXT」の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第14巻を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」第14巻を読む


 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~はアニメも大人気!

動画配信サービス「U-NEXT」を利用することでアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~135話を無料で読む!

文章でストーリーを追うのもいいですが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス「U-NEXT」の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」135話が掲載されている週刊ヤングジャンプを無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊ヤングジャンプを読む


 

まとめ

クリスマス回も近づいてきています。今後の展開が楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございます!