2019年4月3日週刊少年マガジン最新号(2019年18号)が発売され、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁【第80話】が掲載されています!
 
五等分の花嫁【第80話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 

 

五等分の花嫁【第80話】のストーリーネタバレ

五等分の花嫁【第80話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • トランプ勝負とパン作り
  • 備考開始!
  • すれ違う姉妹の思い
  • 四葉、三玖のために我を通す
  • 左ルートと右ルート
  • 腹黒策士、策に溺れる

の6部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!

トランプ勝負とパン作り

はい、とうとう始まりました修学旅行!最初のシーンは新幹線の移動ですね。
 
五つ子は何をしているかと言うと、トランプゲームで楽しんでいます。どうやらゲームはポーカーの模様。
 
そうこうしているうちに一花がなんとフルハウスを揃えました!一花スゲェ!
 
大勢でポーカーやったことのある人はわかると思いますが、5人でやってる時にフルハウスなんてまず出ませんよ!4カードとか揃えたら神ですよ!(どうでもいい)
 
他の姉妹はめっちゃ悔しそうです。みんな負けず嫌いですね~。再度挑戦しようとしてます。後ろに炎が見える(笑)
 
余談ですが経験からすると負けたときクールぶってる奴は実は一番悔しがってます(笑)
 
と、他の姉妹が熱くなっているなか、三玖は居眠り中。四葉は「終わったよ」と三玖に声をかけ、起こしてあげます。四葉ええ子や・・・。
 
起きたものの、まだ眠たそうな三玖を四葉は心配そう。三玖は今朝、早起きしてどこかにでかけていたのでした。
 
四葉がその件を問いただすと、なんとバイト先に無理を言ってパン作りのために厨房を貸してもらっていたそうです。
 
もちろんそれは風太郎へのプレゼント。パンができたことを四葉は純粋に喜び、いままで頑張ってきた三玖を労います。そして耳元で囁く四葉。
 
最後まで応援するよ
 
これはフラグですよ!女友達が「最後まで応援する」って言って最後まで応援した試しが無いですよ!
 
物語終盤になって「やっぱり自分の気持に嘘はつけない」とかなんとか言い出すアレですよ!(どれだよ)
 
そんなやりとりをしっかり盗み聞きする策士の一花さん。すぐさま新ルールを提案します。
 
次買った人ははなんでも命令できる
 
そのルールを聞いた途端、二乃、三玖、五月の3人は気合い入りまくり!絶対に自分が勝者になると言わんばかりに闘志を燃やして提案に応じました。そんな姉妹を見て困惑した四葉がポツリ。
 
(このバチバチ・・・トランプだけの盛り上がりだよね・・・)
 
違うぞ四葉(笑)。でも四葉はそれでいいんだ・・・。お前だけはそのままでいてくれ・・・。
 

助手助手

三玖と四葉が健気で泣ける。

管理人管理人

三玖は風太郎のため。四葉はそんな三玖のためっていう構図がいいよね。

助手助手

腹黒と自己中も見習えよ。

管理人管理人

言い方ァ!

備考開始!

そんな五つ子の白熱した戦いもありながらも、新幹線は京都に到着。
 
教師からお決まりの旅の注意を聞いたあと、「解散」。とうとう班行動が開始されました!
 
風太郎と一緒の班になれなかった五つ子は彼らがどこに行くのか気になっている様子。
 
四葉はそんな姉妹にどこに行きたいのか聞きます。
 
(ニ乃)「旅といえば買い物よ。古いお寺よりお洒落なお店のほうが楽しいわ
 
(一花)「京都ならではの美味しいものを食べさせたいよ
 
(五月)「今はもう少しこの駅内であの日のことを・・・いえ散策してもよいかと思います
 
みんな風太郎といる気まんまん(笑)。もう全員で全部回れよ(笑)
 
風太郎と反りが合わないと思っていた四葉は五月の発言にビックリです!まあ確かに四葉からしたら何があったんだって話ですよ。
 
これはアレですね。最後まで反りが合わない風だった奴が一番おいしいとこ持ってくパターンですよ。気をつけろ四葉!そいつは危険だ(笑)
 
急にどうしちゃったの?
 
五月は何かを言いかけるも、風太郎の班が移動し始めたことを一花に告げられ、話は中断。
 
そんなやりとりの中でも他の姉妹を出し抜く方法を必死に考え続けるニ乃でした。ブレないなこいつは(笑)
 

すれ違う姉妹の思い

 
所変わって、とある神社。風太郎の班は神様が祀られているこの神社にやってきました。しっかり拝んでます。
 
なんだここは」と問う前田に対して、学問の神様が祀られていると説明します。
 
君の成績は見るに耐えないんだから深ーく祈り給え
 
見るに堪えない(笑)。武田君かなりの毒舌です。前田、お前はキレていい(笑)
 
と思ったら次のページでキレてました(笑)
 
その様子を影から伺う三玖達たち。めっちゃ怪しい(笑)
 
ニ乃は容赦なく神社で参拝する風太郎班を「地味」と言い放ちます。言ってやるなよ(笑)
 
そんなやりとりを見ながら、なかなかパンを渡す機会が訪れないことに焦る三玖。
 
今日しか自由昼食がないのに・・・
 
いやーそれは焦りますね!これがニ乃だったらとっくに渡してるところですよ!でも三玖ですから。みんながいる前でプレゼントを渡せる子ではないのです。
 
焦りを見せる三玖を四葉はまたも励まします。
 
大丈夫、きっと二人きりになれるチャンスはあるはずだよ
 
控えめに言って天使かな?
 
場面は変わって一行はたくさんの鳥居が立ち並ぶ伏見稲荷大社にやってきました。その光景にニ乃は大興奮。
 
わぁっ!これ、ずっと鳥居なの!?
 
風太郎のあとを追いかけていった三玖達は当初の目的を忘れて大興奮!いや、本来なら修学旅行なんだからこの反応であってるのですが(笑)
 
興奮冷めやらないニ乃は鳥居だけじゃなく、他の五つ子の写真を取り始めます。すると四葉から、
 
姉妹だけなのも貴重だね
 
との言葉。どうやら五つ子だけで写真を撮ったのは小学生の修学旅行以来だそうです。昔すぎる(笑)
 
なんとか隙を見ては姉妹の中を修復させようとする四葉の涙ぐましい努力が感じ取れます!本当にいい子。
 
そんなこんなでワイワイ騒いでいる4人。残った三玖はあくまで風太郎しか眼中にありません。気持ちはわかるが空気を読め(笑)
 
フータローもう上かな?
 
三玖の言葉で他の姉妹も我に返ります。みんなでワイワイしている間に風太郎は先に行ってしまったようです。改めて気合を入れ直した五つ子達はあらためて風太郎のあとを追い始めました!
 
しかし、いくら気合を入れてみたところで、か弱い女子(四葉除く)には伏見稲荷大社の階段はとてもハードなことに変わりはありません。早くも五月はつらそうです。
 
足が痛くなってきました…
 
五月を含めた4人の五つ子はどこまでも続く階段に体力も気力ももう限界。そんな4人にお構いなしに四葉はみんなに呼びかけます!
 
もー、皆遅ーい!
 
いや、お前が早いだけだから(笑)どういう体力してるんだよ(笑)
 
そんな体力バカ(失礼)の四葉を見上げながら、「気楽でいいわね」と呟くニ乃。
 
そんなニ乃に「あれが四葉の良いところだ」とフォローする一花。さすが策士の一花姉さん!こういうときのフォローは完璧です!
 
どうやらニ乃は一花の言葉を素直には受け取れない様子。冷ややかな目できつい一言を浴びせます。
 
どうせ今日も悪巧みを企てるんでしょ
 
なおも疑うニ乃。そんなニ乃に対して一花は苦笑い。
 
はは・・・しないよ。そんなこと
 
と自分のバッグを握りしめながら返すのでした。
 
これは悪巧み企ててますねぇ・・・ジョジョだったら皮膚舐められて「この汗はウソをついてる味だぜ・・・」ってやられるシーンですよ(笑)
 

助手助手

マジで四葉の身体はどうなってるんだよ・・・。強化人間か何か?

管理人管理人

伏見稲荷大社の階段は本当につらいです。運動部の子でもキツイのに・・・

助手助手

そして腹黒さんは相変わらずの腹黒さんだしね。

管理人管理人

そろそろ止めないと一花推しの人に刺されるよ。

 

四葉、三玖のために我を通す

場面変わって先を進んだ五つ子。どうやら分かれ道のようです。「道が二つあるね」と呟く四葉。
 
さて風太郎を見失ってしまった五つ子は彼がどちらに行ったのかわかりません。
 
五月は食事処を発見。食事をしようと提案しますが、どうしても風太郎にパンを渡したい三玖は拒否しようとします。
 
五月の意見に反対する三玖にニ乃達も不思議な様子。それでも三玖を支えたい四葉は新幹線でのトランプゲームを思い出し、二手に分かれることを提案。
 
その提案が気に入らない一花とニ乃でしたが、ここで四葉は「勝者のなんでも命令できる権利」について言及!勝手にルートとメンバーを決めてしまいました。顔が怖い(笑)
 
四葉の三玖愛がハンパ無い!ていうかお前がトランプ勝ったのかよ!ただの脳筋じゃなかった(笑)
 
勝負に負けた以上、従うしか無い一花とニ乃でした。
 

助手助手

四葉が強く出た!いいぞもっとやれ!

管理人管理人

しかし四葉はよくトランプで勝てたな。一花がなにか仕組みそうなものだが。言い出しっぺだし。

 

左ルートと右ルート

シーンは左ルートを進む一花とニ乃と五月に。
 
こちらのルートを通ることになった原因を一花がよけいな提案をしたせいだと文句を言っています。いや、お前もノリノリだっただろ(笑)
 
右ルートが正しいルートだと信じているニ乃は先に三玖と四葉が風太郎に追いついてしまうのでは、と焦ります。
 
そんなニ乃の焦りがよくわからない五月。途中でトイレを見つけてニ乃と一緒に入ります。
 
そんな二人を見ながら何かを考え始める一花なのでした。うーん、これは腹黒(笑)
 
シーン変わって右ルート。
 
こちらではあいかわらず元気な四葉が満身創痍の三玖を励ましています。
 
この日のためにずっと頑張ってきたんだもん!あと少しだけ頑張ろっ!
 
これはヤバいです。この回で四葉推しが増加したことは間違いない(笑)
 
四葉の言葉に疲れながらも「四葉・・・ありがと・・・」と笑顔を見せます。
 
そして場面は再び左ルートのトイレ。
 
お腹が空いたと喋りながら二乃と五月がトイレから出てくると・・・
 
腹黒、じゃなかった一花がいません。やりやがったよあの女!(落ち着け)
 
思わず「しまった・・・」と苦い顔をする二乃でした。隣のよくわかってない五月の絵文字顔がカワイイ(笑)
 

助手助手

言ったそばからこれですよ。これだから腹黒は。

管理人管理人

これは一花推しが減りそうな予感。

 

腹黒策士、策に溺れる

二乃を出し抜いた一花は山頂に向かって猛ダッシュ!
 
四葉だけなら負けるかもしれないけど三玖の体力を考えれば私の方が早く着く!
 
三玖を止めるため、一花は再び三玖に変装するつもりのようです。悲壮な決意を秘めて。
 
三玖を止めるため私は嘘つきを演じ続ける
 
ホントこの姉妹は変装大好きだな(笑)
 
そしてとうとう最初に山頂に到着した一花。あたりを見渡しますがまだ誰も着いていない様子。
 
そこで一花は風太郎はまだ右ルートの途中にいると当たりをつけます。そのまま右ルートを降りようとする一花。
 
ところが右ルートを登ってきた三玖と四葉に鉢合わせ!一花の心臓の鼓動ががドクン、ドクンと波打ちます。
 
そこで三玖は当然の疑問を一花にぶつけます。
 
一花・・・どうして私の変装してるの?
 
一花は喋りません。いや、喋れません。
 
なおも問いただそうとする三玖を遮り四葉は一花に言葉を投げかけます。
 
私・・・そんなつもりで言ったんじゃないよ・・・それが本当にしたいこと?
 
状況がわからない三玖はどういうことなのか四葉に確認します。すると四葉は
 
一花は邪魔しようとしてる
 
と強く答えました。なおも問いただす三玖に対して言葉を続けようとする四葉。
 
と、そこで登ってくる風太郎に気付き四葉の言葉を制止しようとする一花!しかし間に合わない!
 
三玖から上杉さんへの告白だよ」「よし!一番乗り!
 
四葉が答えるのと風太郎がそう宣言するのは同時でした。
 
よく一花を見ると「あちゃー」って感じで一花が顔を覆ってますね。まあ気持ちはわかる(笑)
 
風太郎の声に思わず振り向く四葉。しかし三玖は振り返れません。
 
今・・・なんて・・・?
 
聞き直す風太郎。
 
一方、三玖は風太郎の方を見ることもなく、自分が作ったパンを強く抱きしめるのでした。
 
アオリは「自分の口からと決めていた告白が・・・
 
ちょっと、いやかなり雲行きが怪しくなってきたところで次回につづく、です。
 

助手助手

これはひょっとして四葉と三玖の仲が悪くなるフラグか?

管理人管理人

お願いだからそれだけは勘弁して下さい。生きていけません。

 

五等分の花嫁【第80話】感想および考察 裏目裏目に出る一花さんの企み。

修学旅行回第一回目でしたがずいぶん話が展開しましたね!
 
正直ここまで進むとは思っていませんでした。
 
一花さんは策士の資質がないからもうおとなしくしてたほうが良いんじゃないでしょうか?
 
「自分の口からと決めていた告白が・・・」っていうアオリが読者の不安をさらにかきたてていますね。編集も腹黒です(笑)
 
次回は誰が誰にどんな感情をぶつけるのか、とても心配です。
 
あと、風太郎と三玖、四葉は途中で会わなかったのでしょうか?同じ右ルートのようでしたが…。そのへんも次回に明かされるとは思いますが。
 
さしあたっては三玖と四葉の友情にヒビが入る展開は困ります。心臓に悪いので(笑)。
 
次回も期待しましょう!
 
次回の週刊少年マガジンの発売日は4月10日です。五等分の花嫁【第81話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
五等分の花嫁【第81話】が掲載されました!
 

 
相変わらず風太郎がカッコよく、五つ子がカワイイ「五等分の花嫁」第8巻の購入はこちらから!
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

五等分の花嫁(8) (講談社コミックス) [ 春場 ねぎ ]
価格:486円(税込、送料無料) (2019/4/3時点)

五等分の花嫁はアニメも大人気!

動画配信サービス「U-NEXT」を利用することでアニメ「五等分の花嫁」を無料で視聴することができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

まとめ

次回はページをめくるのが怖い展開になってしまいそうですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!