2019年3月27日週刊少年マガジン最新号(2019年17号)が発売され、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁【第79話】が掲載されています!
 
 
五等分の花嫁最新話【第79話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 


 

五等分の花嫁【第79話】のストーリーネタバレ

早速、五等分の花嫁【第79話】のストーリーを見ていきましょう!
 

四葉と五月のやりとり

五月は自分のバッグの中身を見ながら何かを考え中。どうやら風太郎のことを考えているようです。
 
 
すると、元気よく四葉が部屋に入ってきます。あわてて中身をしまう五月ですが、四葉の目はごまかせません。
 
 
四葉は五月に何を隠したのかたずねますが、五月は修学旅行の準備だといってごまかしてしまいます。その説明にあっさり納得する四葉。
 
 
それから四葉は急に表情を一変させ、今の状況を悲しみ始めてしまいます。

四葉「最近の私たちの雰囲気悪い・・・。」
 
 
それでも家族のために笑顔を作るのが四葉さん。修学旅行でまた仲良くなれるといいね!と前向きです。
 
 
五月もまた健気な姉妹に対し笑顔を返すのでした。

「そうですね・・・。またあの頃のように戻れますよ。」
 
 
五月の笑顔と返事で調子を取り戻した四葉。二人は修学旅行に備えて一緒に買物に出かけていきました。
 
 

助手助手

四葉ええ子や・・・。

管理人管理人

そんな四葉を気遣う五月もホントにいい子。早くわだかまりが溶けてほしい。

 

 

兄と妹のやりとり

所変わってショッピングモール。風太郎とらいはは二人で風太郎の修学旅行の買い物を楽しんでいました。
 
 
 
風太郎のためにいろいろと物色するらいは。めちゃくちゃ張り切ってます(笑)。

しかし、自分のことになると極端に遠慮してしまう風太郎。「わざわざ新調しなくても良い」とらいはに語りかけます。
 
 
そんな兄が歯がゆいのか、らいはは思わず大きな声で言い返します。笑いながら「パンツがピロピロだもん。」さすがです(笑)。

同じクラスの人に笑われるから新しい下着で行くべきだと主張します。
 
 
そんならいはに対して「今笑われてますけど」と返す風太郎。
 
 
らいはは、「せっかく家庭教師に戻れたのだからお金を自分のために使ってもバチは当たらない」とお金をつかうことを再度提案。
 
 
そう言いながらもらいはは五つ子への誕生日プレゼントはケチらないように念を押します。

「誕生日プレゼントをケチったら嫌われちゃうよ?」
 
 
そういわれると気になりだした五つ子の誕生日。

風太郎はらいはに五つ子の誕生日をたずねますが、既に誕生日を過ぎていたことが発覚。ショックを受ける風太郎。
 
 
目を閉じて考え始める風太郎。導いた答えはなんと「五つ子の誕生日を祝福しない。」さすがというか風太郎らしいというか(笑)
 
 
そんなダメダメの兄にらいははドン引き。それでもしっかり者の妹は兄を叱りつけます。

「頂いたらお返し!小学生でも知ってる常識だよ!」
 
 
風太郎は妹に諭され、誕生日プレゼントのお返しについて再び考え直すのでした。
 
 

管理人管理人

この主人公ヤバすぎる。

助手助手

なんで祝わない方向に思考が進むのか小一時間問い詰めたい。

管理人管理人

らいはちゃんの保護者っぷりに涙が出てくる。

助手助手

実は妹じゃなくてお姉さんなんじゃない?

管理人管理人

将来の花嫁が誰なのかとかどうでもよくなるくらい衝撃の事実だな。

 

 

兄妹と姉妹の遭遇

「誕生日プレゼントのお返し」談義が続く風太郎とらいはは、やはり買い物に来ていた五月と四葉に遭遇します。
 
 
五月と四葉は風太郎とらいはが二人一緒にいることにとても驚いた様子。
 
 
らいはは驚く五月と四葉を気にすることなく、昨日五月にメールを送り、一緒に買物に行こうと誘ったことを風太郎に説明します。
 
 
ところが誕生日プレゼントを渡す当人達が現れたにもかかわらず、らいはとプレゼントの話を続けようする風太郎。

これにはらいはも呆れ顔で「プレゼントの話は内緒。」と話を打ち切られます。こういうところは実に風太郎らしい(笑)。
 
 
五月は風太郎とらいはがコソコソ話を続けている様子を見て、「風太郎が一緒なら一緒に買い物しない!」と拒絶。これも実に五月らしい(笑)。
 
 
風太郎は誕生日プレゼントの下見ができると思い、五月の発言を無視!二人についていこうとします。
 
 
当然ながら、五月は拒否。「同じものを買うのだから」となおも食い下がる風太郎。ここでとうとう五月が絶叫!
 
 
「同じであっても全く別物・・・下着!買いにきたんです!」
 
 
思わず、「デジャブ!」と心の中でつぶやく風太郎。ホント何回繰り返すんですかね(笑)
 
 

助手助手

デジャブ!じゃねえよ!!(全力でツッコミ)

管理人管理人

鈍感系主人公の本領発揮だね。

 

四葉と風太郎のおしゃべり

らいはと五月が二人で買い物にいってしまったので風太郎と四葉は座って待つことに。
 
 
買い物に行かない四葉に「買い物をしないのか?」と尋ねると、四葉は自分は物持ちがいい方だから必要ないとのこと。
 
 
ここで風太郎は「まだお子様パンツか」と余計なことを口走ります。

当然ながら四葉は赤面。風太郎の発言が当たっていることを認めてしまいます。
 
 
四葉の驚いた様など全く気にしない風太郎。思いついたように四葉に質問します。
 
 
「四葉、お前将来なりたいものとかあるか?」
 
 
突然の質問に四葉はビックリ!それでも悩んで答えを出そうとしますが、結局「考えたこと無い」と答えます。
 
 
そんな四葉の返事は予想通りとばかりに風太郎は大きな反応をすることもなく、身体能力という四葉の特技を活かせる分野で将来を考えれば適したものが見つかるだろうと考えるのでした。
 
 
さて、四葉と風太郎がそんな会話を続けているうちに、らいはが戻ってきます。五月の試着および採寸が始まったとのこと。
 
 
ここでまたダメダメ風太郎のダメダメ発言!「五つ子なんだから他の奴と同じサイズでいいだろ」
 
 
どこまでも女性に対するデリカシーの欠片もない風太郎に「五つ子ハラスメント」と叱る四葉。

ところがその後、姉妹で胸の大きさが異なることに気づきます。そして「五月が抜け駆けで胸をお大きくしたのでは」と不信な表情で呟く四葉。

ダークサイドに落ちたようです(笑)
 
 
それを見たらいはの心のこもった一言。

「五つ子のみなさんも大変なんだね」
 
 
おもわずその言葉に反応する四葉。

しかし言葉が出る瞬間、四葉は「修学旅行を今度こそ楽しもう!」とは言い直します。

笑顔で「後悔のない修学旅行にしましょうね!」と林間学校のリベンジを誓うのでした。
 
 
そんな四葉にそっけない態度をとる風太郎。

しかし、すぐにらいはに修学旅行をめちゃくちゃ楽しみにしており、しおりを何回も読み直していることをバラされます(笑)
 
 
つづけてらいはは「写真の子にも会えるかもしれない」と発言。
 
 
らいはの「写真の子」発言に四葉は興味津々。風太郎にそのことを尋ねるも「なんでもない」と回答を拒否。

思わずむくれる四葉は「何も教えてくれないのは怪しい」と食い下がります。
 
 
そして四葉らしからぬ確信を得た発言。「なぜ話せないのか私にはわかります!それは未練があるからです!」
 
 
四葉の圧があまりにも強かったため、とうとう風太郎は白状することに。

写真の子は京都で偶然出会った子であること、そしてその子の名前は「澪奈」という名前であることを告げます。
 
 
「澪奈」という名前に四葉は反応しますが、風太郎は「これ以上は何もない」と話を終わりにしてしまいます。それでもしつこく食い下がる四葉。
 
 
四葉の圧があまりにも強かったため、とうとう風太郎は白状することに。

写真の子は京都で偶然出会った子であること、そしてその子の名前は「澪奈」という名前であることを告げます。
 
 
ここでらいはが衝撃発言!

らいは「つまりお兄ちゃんの初恋の人だよね」
 
 
らいはの言葉にまたしても興味津々な四葉でしたが、らいはのお腹が減ったので今後こそ本当に話は終了。

四葉とらいはの二人は食事に行ってしまい、風太郎は一人になりました。
 
 

助手助手

おお・・・四葉が頑張ってる。なんと健気な・・・。

管理人管理人

アホの子と思いきや、いきなり核心をついてくるからな。あなどれない。

助手助手

まあ、基本アホの子なんだけどね。

 

初恋の人?と再会

一人になった風太郎は自分の視界にある人が映っていることを確認します。そして次のセリフ。
 
 
「二回目は驚かねえぞ…澪奈」
 
 
澪奈も「なーんだ・・・残念。」と返します。
 
 
澪奈は風太郎の隣りに座ってとりとめのない会話をしようとしますが、風太郎はそれを遮り「なぜ再び現れたのか?」を問いただします。
 
 
「君に会いたくてって言ったらどうする?」
 
 
澪奈の思わせぶりなセリフにも風太郎はペースを崩さず返答します。
 
 
「こんなことしなくてもいつも会ってるだろ」
 
 
澪奈はこの風太郎の返答は想像していなかったようで目に見えて動揺します。さらに風太郎から追い打ちの一言。
 
 
「なぜ母親の名前を名乗った?」
 
 
澪奈は風太郎に全部知られていることを悟り、母の名を騙ったのは咄嗟に名乗ってしまったことであることを告げます。

「伝えたいことがあった」そう言いながら澪奈は風太郎の前に立ちます。
 
 
「君の考えている通り私は五つ子の一人・・・君に私がわかるかな?」
 
 
試すような口ぶりでそう言いながらも緊張する澪奈。

しかし風太郎は「わからない」とあっさりと答えます。
 
 
そんなマイペースな風太郎に成績優秀ならもっと考えろと強く迫る澪奈ですが、これまでの経験から思わず風太郎からつぶやきが漏れます。
 
 
「誰のフリした誰とか・・・もうたくさんだ」
 
 
そんな風太郎の態度に大きなショックを受けた澪奈は
 
 
「私のことどうでも良くなったの?」
 
 
と思わず言葉が溢れる澪奈。そのまま風太郎の返事を聞くこともなく走り去ってしまいました。
 
 
走り去る澪奈を追いかけることもなく見送った風太郎は何かを考え始めるのでした。
 
 

助手助手

風太郎のメンタルは一体どうなっているのか?(困惑)

管理人管理人

いままでのことが積み重っていろいろうんざりしている模様。

助手助手

もっと優しくしてやりなさいよ!

管理人管理人

風太郎サイドからすれば行為の意味がわからんからね。

 

澪奈の正体

店員は試着室に澪奈がいないことに驚きますがちょうどその時、澪奈が戻ってきます。
 
 
澪奈は試着室に入り、服装を脱ぐとそこに現れたのは・・・なんの五月!
 
 
五月は自分の行動について呟きます。

「思った通りにいかない・・・しかし楔は打ちました」
 
 
そう、部屋でカバンに隠していたものは「澪奈」に変装するための道具だったのです!
 
 

管理人管理人

しかし五月ちゃんは一体何がしたいのだろう。

助手助手

昔のことを風太郎に思い出してほしいんじゃない?

管理人管理人

こんな手の混んだ真似をする意味がわからん。まあそれを言ったらマンガが成立しないけど。

助手助手

もしくは風太郎をただいじめたいだけ。

管理人管理人

これまでのストーリーとか謎とかまるで関係ないな。

 

そして始まる修学旅行

そしてとうとうやってきた修学旅行当日。五つ子たちは駅のホームに集合。
 
 
二乃が風太郎の班についていくことを他の姉妹に告げていると、五月が風太郎を見つけてそばに駆け寄ります。

そして思いもよらぬ一言。
 
 
「清水寺行きましょうよ。私たちの班と一緒に!」
 
 
この言葉に真面目な風太郎は、修学旅行は班行動だからと断りますが、五月の押しに負け一緒に回ることを約束。
 
 
約束を取り付けた五月は心の中で呟きます。

(京都での思い出は大切なはずじゃなかったのですか?あなたなら気づいてくれると信じてます)
 
 
この五月の行動に他の姉妹たちは驚きを隠せません。

そして姉妹の中でもっとも驚愕した四葉は五月の積極さが信じられない様子。
 
 
(五月までどうしちゃったのーっ!)
 
 
おもわず心の中で呟く四葉。波乱の修学旅行はまだ始まったばかりです。
 
 

管理人管理人

ホントに五月ちゃんはどうしちゃったんですかね。

助手助手

もう自分からすべて言っちゃおうよと声を大にして言いたい。

管理人管理人

それやったら3~4話後が最終回だな。

 

五等分の花嫁最新話はU-NEXTで無料購読が可能!

五等分の花嫁最新話【第79話】をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
わかりやすく説明したつもりでしたが、やはり漫画の面白さは漫画を読んでこそ。
 
 
U-NEXTを利用することで電子書籍「週刊少年マガジン」を無料で読むことができます。
 
 
「五等分の花嫁」の最新話だけでなく、面白い漫画が盛りだくさんです!
 
 
いまなら「お試し期間」+「初回ポイント進呈」で無料での購読が可能です。
無料期間中に解約も可能ですので一切料金がかかりません。
 
 
無料期間だけでも、試してみることをオススメします!気になる方は下のバナーをクリック!
 
 
 

 

五等分の花嫁最新話【第79話】感想および考察 風太郎の鈍感力(笑)

はい、五月が澪奈でしたー!!(パチパチパチ)

ついに澪奈の正体が五月だと判明しました。

しかしその行動はまだまだ謎だらけ。いきなり積極的なので他の姉妹がちょっと引いちゃってます(笑)。

打ち込んだ”楔”とやらが効いてくるのはもう少し先になりそうですね。
 
 
それから風太郎冷たすぎ!よっぽどいままでの経験に苛立ちが募っていたのでしょうか?あのシーンで淡々とマイペースを貫ける男はそうはいないでしょう(笑)

そしてとうとう始まる修学旅行。
 
 
五月の思惑通りに事は運ぶのか?
 
 
風太郎は何かを思い出すのか?

次号も大いに期待しましょう!
 
 
次回の週刊少年マガジンの発売日は4月25日です。五等分の花嫁【第80話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!
 
追記
五等分の花嫁【第80話】が掲載されました!
 

 

 

まとめ

この修学旅行で一体何が明らかになるのでしょうか?次回も楽しみです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!