鬼滅の刃200話のネタバレ感想まとめ


2020年3月30日週刊少年ジャンプ最新号(2020年18号)に、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第200話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第200話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第200話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』200話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第200話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第200話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 明日さえ
  • 生まれ変わったら
  • 守ったもの、守られたもの

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第200話】ネタバレ1:明日さえ

今週は表紙&巻頭カラー!!


怒る無惨と心配そうな禰豆子の横顔。


二人の間に刀を振り上げる炭治郎です。


アオリ文は「人と鬼、その因果が今―断たれる!!


前回崩れ始めた無惨ですが、これはついに決着でしょうか・・・!?


見ていきましょう!!


カラーページは昇る太陽。


そして徐々に崩れていく無惨の姿。


今回は全身、崩れていっています。


ついに・・・勝負がつきました。


見開きの表紙は向かい合う禰豆子と炭治郎。


優しく微笑む炭治郎に対し、禰豆子はどこか不安げな表情です。


炭治郎の後ろには悲鳴嶼、伊黒、蜜璃。


禰豆子の後ろには実弥、義勇、伊之助、善逸が描かれています。


アオリ文は「想い 別れ 遺し 受け継ぐ人の意思―


タイトルは「勝利の代償


崩れていく無惨の姿を涙を流しながら呆然と眺める輝利哉。


村田と隊士も緊張の面持ちで見ていますが・・・


ウオオオオオオオオオォ


無惨の死を確信し、泣きながら、抱き合いながら勝利を喜ぶ隊士達。


うわあああああ、倒した!! 無惨を倒した!!無惨が死んだ!!


隠も隊士も涙ながらに喜び合います。


輝利哉は緊張の糸が切れたのか、気を失ってしまったようです。


勝利に浸る面々に、まだ終わりじゃないと一括する隠。


柱達の救護に回ります。


よせ、薬を使うな


そう言い放ったのは悲鳴嶼です。


戸惑う隠たちに、自分は手遅れだから他の者に薬を使ってくれと願う悲鳴嶼。


その手に小さな手が添えられます。


・・・・・・ああ・・・お前たちか・・・・・・


(先生)


そこにいたのはあの日、鬼に殺された子供達でした


あの日のことを謝りたいと言う子供達。


悲鳴嶼は、自分のいう事を聞かず逃げようとしたと思っていましたが、そうではなかったそうです。


(先生は目が見えないから守らなきゃと思って)


(武器を取りに行こうとしたんだ、外に農具があったから)


(私は人を呼びに行こうとしたの)


口々に悲鳴嶼に語り掛けます。


獪岳を追い出したことも理由があるのだと話す子供達。


いつも通りまた明日が来ればちゃんと話もできたのに


本当にごめんなさい


泣きながら謝ります。


そうだ明日さえ・・・


来ていたら・・・


悲鳴嶼の目からも涙が零れました。


私の方こそお前たちを守ってやれず・・・すまなかった・・・・・・


謝る悲鳴嶼に抱き着く子供達。


謝らないで


みんな先生が大好きだよ、だからずっと待ってたの


悲鳴嶼の大きな手を握るたくさんの小さな手。


そうか・・・ありがとう・・・じゃあ行こう・・・皆で・・・


行こう・・・


そう言い、泣きながらも穏やかに微笑む悲鳴嶼。


その手を握っていた隠が悲鳴嶼の死を悟り、周りの隠たちも悲鳴嶼の名を呼びながら泣きました。
 


鬼滅の刃【第200話】ネタバレ2:生まれ変わったら

場面が変わって、伊黒と蜜璃。


伊黒が蜜璃を抱き起す状態です。


朦朧とした意識の中、勝てたかどうかを尋ねる蜜璃。


勝ったという伊黒の返事に安堵しますが・・・


体が全然痛くないや・・・もうすぐ私死ぬみたい・・・


自らの限界を感じる蜜璃。


俺ももうすぐ死ぬだろう、君は独りじゃない


そう返す伊黒に、蜜璃は死んで欲しくないと伝えます。


自分はあまり役に立たなかったとも、謝ります。


そんなことはないと否定する伊黒。


初めて会った日のことを覚えているか?


伊黒が問いかけます。


うん・・・


伊黒さん・・・お館様のお屋敷で迷っていた私を・・・助けてくれた・・・


そう薄く笑う蜜璃に、伊黒は返します。


違う、逆だ


思い出す出会った日のこと。


迷ったことを顔を真っ赤にしてあわあわと伝える蜜璃の姿。


あの日あった君があまりにも普通の女の子だったから、俺は救われたんだ


ささいなことではしゃいで、鈴を転がすように笑い


柱になるまで苦しい試練もあっただろうに、それを少しも感じさせない


蜜璃の笑顔、一緒に食事を食べに行ったこと。


君と話しているととても楽しい


まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった


他の皆もきっと同じだったよ


底抜けに明るく優しい君は、たくさんの人の心をも救済してる胸を張れ


俺が誰にも文句は言わせない


伊黒の心からの言葉に蜜璃は泣き出します。


わああん、嬉しいよぉ


わたしっ・・・私伊黒さんが好き


ぼろぼろと泣きながら続けます。


伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの


だって伊黒さんすごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん


伊黒さん伊黒さんお願い


生まれ変われたら


また人間に生まれ変われたら


私のことお嫁さんにしてくれる?


涙を零しながら想いを伝える蜜璃に、伊黒も泣きながら答えます。


勿論だ


君が俺でいいと言ってくれるなら


絶対に君を幸せにする


今度こそ死なせない必ず守る・・・


そう言い、蜜璃を強く抱きしめました。




鬼滅の刃【第200話】ネタバレ3:守ったもの、守られたもの

次は実弥。


真っ暗な闇の中、玄弥と弟たちが花畑にいるのを見つけます。


遠くに見える幸せな風景、ですが実弥は闇に語り掛けます。


お袋?


何で向こうに行かねぇんだ?


闇の中、実弥は母親を見つけたようです。


なおも語り掛ける実弥に自分は一緒には行けないと答える母親。


何でだよ一緒に行こう、ほら


母の手を掴む実弥。


駄目なのよ・・・みんなと同じ所へは行けんのよ・・・


我が子を手にかけて天国へは・・・


泣きながら断る母。


実弥は母に提案します。


・・・わかった、じゃあ俺はお袋と行くよ


俺があんまり早く行ったら玄弥が悲しむだろうし


お袋背負って地獄を歩くよ


そう言って優しく笑う実弥。


しかしそんな実弥の手を誰かが掴みます


放せ、志津は俺と来るんだ


そこにいたのは眼光の鋭い・・・実弥と玄弥によく似た男性。


そのまま実弥を突き飛ばします。


テメェッ・・・!!糞親父っ!!


糞野郎お袋を放せ!!


まさかの父親登場に激しく毒づく実弥。


突き飛ばされた勢いでそのまま飛ばされていきます。


お前はまだあっちにもこっちにも来れねぇよ


俺の息子だってことに感謝しろ。特別頑丈だ


あっあっ意識戻った、不死川さん起きた!!


目を覚ますと、泣きながら回復を喜ぶ隠と隊士達。


くそが・・・


父親の言葉に、行動に命を助けられた実弥はぼんやりとつぶやくのでした。


一方かまぼこ隊。


いってえ~~~っ!!猪に噛まれた!!


めっちゃ元気コイツ


やばいやばい吐血した死にそう!!


頼む俺が死んだら妻の禰豆子に愛してると伝えてくれ


そして俺は勇敢だったと・・・最後の最後まで禰津子を・・・


ずっと喋ってるじゃんコイツ・・・


伊之助、善逸、共に重症ですが元気そうで安心します。


そして残された一人。


炭治郎を探すのは義勇です。


自分の手当てもそこそこに、隠に止められながら炭治郎の無事を確認しようとします。


・・・・・・とっとりあえず手当てを


そう立ちふさがるように前に出る隠。


その後ろに見えるのは座ったままの炭治郎。


そして泣きながら寄り添う隠たちの姿。


息してない、脈がない。炭治郎・・・


泣き崩れる隠たち。


炭治郎の笑顔の記憶と共に、涙を流す義勇。


そのまま炭治郎の元へ行き、刀を握ったままの手に触れます。


また守れなかった


俺は人に守られてばかりだ・・・・・・


許してくれ


すまない禰豆子


すまない・・・・・・


首をたれ、泣きながら謝る義勇。


そこに同じく泣きながら駆けつける禰豆子の姿で今週はここまで。


たくさんのものを失った勝利。


アオリ文は「勝利の代償それはあまりに大きく・・・」
 


鬼滅の刃【第200話】感想及び考察 確定した勝利!!ですが・・・あまりにも悲しい犠牲・・・

まさかの、炭治郎、炭治郎、死んだんですか?


瀕死の怪我ではあっても、なんとか一命はとりとめていると信じていたのに・・・


いや、まだ、まだ炭治郎は可能性があるかもしれません。


悲鳴嶼は・・・足でしたからね・・・


最後に子供達との誤解が解けたのは良かったですが・・・


あれほどまでに鬼殺隊を支えてきた人ですからね、みんなの悲しみがよく分かります・・・


伊黒と蜜璃は、最期に会話ができて良かった・・・!!


結局来世になってしまうのがなんともですが・・・それでも想いを伝えあえたのは大事です。


生まれ変わってぜひとも幸せになってほしい・・・!!


実弥はちょっと意外な展開でした。


まさか父がでてくるとは。


しかもなんか話に聞いていたよりもちょっと良い親だった気配が・・・


実弥に続いて伊之助、善逸も元気そうで・・・本当に元気そうで。


あの二人は生活も不自由無さそうですね。


義勇は・・・彼のせいではないのにいつもこう、守ろうとしたものを失う星回りで・・・


また新たに心の傷になってしまうような状況です。


禰豆子が到着して、事態は何か変わることはあるのでしょうか・・・?


長かった夜があけて、無惨を倒して、これでみんな報われた!!


そう思った矢先に突き付けられる現実という感じが心に来る今回でした・・・


それでも決して隊士達の最期は悲しいだけものではなかったのでしょう。


思わされることはとても多いです。


この感情を噛み締めつつ、炭治郎に僅かな期待を残しつつ・・・


また来週、楽しみにしましょう!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は4月6日です。鬼滅の刃【第200話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!
 
201話はこちら!
 

『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!