鬼滅の刃195話のネタバレ感想まとめ


2020年2月22日週刊少年ジャンプ最新号(2020年13号)に、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第195話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第195話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第195話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』195話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第195話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第195話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 逃亡
  • 開かれる視界と訪れる限界
  • 到着!!そして・・・

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第195話】ネタバレ1:逃亡

表紙は手当てを受けて眠る蜜璃に血清を運んできた茶々丸。


血清が打たれれば再び蜜璃も参戦するのでしょうか?


現時点でもかなり有利な状況になってきていますが・・・


アオリ文は「戦い続ける 大切な人がもう傷付かないよう―


タイトルは「めまぐるしく


では見ていきましょう!


始まりは無惨の独白から。


思い返すのは何百年もの間、己を灼く傷を作った男のことです。


あの男は初め、弱く見えた


覇気も闘気も憎しみも、殺意もない


そんな男が私の頸を刎ね切り刻むなど


さらにはその傷が


何百年もの間、太陽の光のように私の肉を細胞を灼き続けるなどと


例え神や仏でも予想できなかったはず


出鱈目な御伽噺としか思えない


本当化け物はあの男だ


私ではない!!


必死に戦う無惨。


最初の余裕は明らかに無くなってきています。


炭治郎も無惨が弱ってきていることを感じ取っています。


この状況になるまで繋いできた仲間を想い、無惨を倒すことを固く誓う炭治郎。


どうやらあの古傷は動くようになっており、心臓と脳の場所を表しているようです。


これで透明な世界を見ることができなくても急所を狙えるようになりました。


(伊黒さんの目をどうにかしなきゃ!!)


(鏑丸の手助けだって限界がある)


どうにかして伊黒に弱点を伝える方法は・・・


(そうだ目は・・・!!愈史郎さんの目がある・・・!!あれを拾えば・・・)


目を使うことを思いつく炭治郎。


鴉が夜明けまであと四十分だと叫びます。


その言葉に反応したのは無惨でした。


ドン


という音と共に背を向けて走り出す無惨


(走って逃げた・・・!?)


これには炭治郎も驚きを隠せません。


逃げた!!逃げた伊黒さん、無惨が逃げた!!


その言葉に同じく驚く伊黒。


しかしすぐに納得したようです。


(そうだ当然だ)


(無惨は誇りを持った侍でもなければ感情で行動する人間でもない)


(無惨は生きることだけに固執している生命体)


(夜明けも近く命が脅かされれば逃亡することにも一切の抵抗がない)


物凄いスピードで駆けていく無惨。


全ての能力を逃亡に向けているため炭治郎は追いつくことができません。




鬼滅の刃【第195話】ネタバレ2:開かれる視界と訪れる限界

(そんな・・・そんな!!)


(負けるのか?こんな負け方あんまりだ)


(みんなの命が無駄になってしまう・・・!!)


焦る炭治郎。


無惨は尚も走り続けます。


その前にはたくさんの隊士達の亡骸がありますが、無惨は全く気にしません。


踏みつけ、触手で薙ぎ払いながら進みます。


その様子に激しい怒りを感じる炭治郎。


無惨の背中に向かって、無数の隊士達の刀を投げつけます。


背後に迫る刀に気付いた無惨は破壊することでやり過ごしますが・・・


自分の日輪刀を口にくわえ、なおも刀を投げる炭治郎。


コントロールが正確です。


しつこい虫共


払っても払っても纏わり付く


今は斬撃よりも体深くに刀が貫通する方が危険だ


何とか振り切って逃げようとする無惨。


その首に上空から伊黒の一撃!!


深く無惨の頸に刀が刺さります。


瞬時に加勢に入る炭治郎。


伊黒さんこれを、受け取ってください!!


鏑丸と視覚を共有して・・・


愈史郎の目を差し出す炭治郎ですが、無惨はそれを見過ごしません。


柱達を薙ぎ払った攻撃を放ちます。


とっさに避けきれず傷を負う二人。


炭治郎の手から、目が飛ばされてしまいます。


伊黒さん、大股三歩右に飛んで!!


目の場所へ案内しようと伝える炭治郎ですが、見えない伊黒は困惑します。


鏑丸に頼む炭治郎。


その声に応え、目を加える鏑丸。


ようやく伊黒の元へ目が届きました


意図を理解し、使用する伊黒。


炭治郎、感謝する


先ほどとうって変わり、大きな技が放たれます。


(見え方は人間と異なるが視覚は開かれた。格段に戦いやすい!!)


調子を取り戻した伊黒と炭治郎、二人で挟むことで無惨の退路を阻みます。


激しい攻撃に身動きの取れない無惨。


(しつこい)


(いつまでもいつまでも)


(どけ、私の道を塞ぐな)


怒りと共に戦い続ける無惨の耳に聞こえてくる息遣い。


それは自分自身の呼吸でした。


(息切れ・・・!!)


(体力の限界が近づいている、この私の肉体に・・・!!)




鬼滅の刃【第195話】ネタバレ3:到着!!そして・・・

遂に追い詰められた無惨。


その様子をはるか遠く、町の外から見つめる人影。


禰豆子です


長く走ってきたからか、汗を流し、息が切れています。


閉じた右目をおさえ、不安げな表情で見つめている禰豆子。


目を開くと、右目は人間の頃の瞳の色に・・・!!


片目から涙を流し、まっすぐ街を見つめる禰豆子の姿で今週はここまで!!


アオリ文は「禰豆子到着!!!そして運命は動き出す・・・・・・!!!
 


鬼滅の刃【第195話】感想及び考察 追い詰められた無惨!!そしてついに禰豆子が・・・!!

禰豆子!!このタイミングで禰豆子!!


このままいけば無惨が倒せそうな感じになってきていますが、ここで到着するとは・・・


全く展開が読めませんね!!


しかも薬はしっかり効いてきているようで・・・ゆっくりと人間に戻りつつあるようです。


これは・・・一体どう関係してくるのでしょうか・・・?


前回あらわれた古傷が、移動する脳と心臓の位置を示しているのも驚きです。


これで一気に無惨を倒しやすくなりました。


そんな矢先の無惨逃亡。この状況で・・・いや、この状況だからですね。


鬼殺隊への怒りなどを捨て置いて、サクッと逃げる選択ができることはさすがです。


それでも炭治郎と伊黒の挟み撃ちで留めておけそうですが・・・


確実に有利になっている無惨戦。


その中に登場した禰豆子。


この状況ですと、禰豆子は無惨にとっての切り札になってしまいそうですが・・・


はたしてどうなるのでしょうか・・・!!


悪い想像も浮かびますが・・・来週を待ちましょう!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は3月2日です。鬼滅の刃【第196話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!
 
196話はこちら!
 

『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!