『五等分の花嫁』122話(最終回)のネタバレと感想!


五等分の花嫁【第122話(最終回)】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
2020年2月19日週刊少年マガジン最新号(2020年12号)に、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁最新話の【第122話(最終回)】が掲載されています!
 
これから『五等分の花嫁【第122話(最終回)】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁【第122話(最終回)】』が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む


 

五等分の花嫁【第122話(最終回)】のネタバレ

五等分の花嫁【第122話(最終回)】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 俺を舐めんな
  • 数少ない俺の自慢
  • 五つ子って

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


五等分の花嫁【第122話(最終回)】のネタバレ1:俺を舐めんな

始まりは風太郎のスピーチから。


皆様、本日はご多忙の中、僕たちの結婚披露宴にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。


これまでお世話になった方々の前でようやく挙式を執り行えたことを大変嬉しく思います。


何せプロポーズ自体は五年前にすませていますから


その言葉に思わず「マジかよ」と漏らす武田。


らいははカメラを構えてスピーチを撮影しています。


言葉をつづける風太郎。


本当に・・・長い道のりでした


場面は戻って控室。前話の終わりのシーンである五つ子のウェディングドレス姿が並んでいます。


五つ子ゲームって・・・馬鹿か!ってか四葉以外の四人!こんなお遊びでウェディングドレス着てんじゃねぇ!何してるかわかってんのか


風太郎は五つ子に感情をぶつけます。


確かにちょっと複雑だけど・・・


思いついちゃったもんね・・・


それにお遊びじゃないよ


これでも花嫁の親族だからね


風太郎の動揺は止まりません。


って言うのは嘘で私が花嫁本人です


違うよ私だよ


花嫁といえば私!


それぞれが花嫁を主張し始めました。


風太郎ならわかるよね?


・・・・・・ったく馬鹿野郎・・・少しは分別の付く大人になったかと思えば。相変わらずのようで安心した。俺を舐めんな


そう言うと風太郎は一人を指さしました。


お前だ


場面は戻って披露宴会場。ケーキカットや武田のスピーチ、らいはから花嫁への花冠のプレゼントと進んでいきます。


宴もたけなわとなりましたがそろそろお時間のようです。最後に新婦から親御様へ感謝を込めたメッセージです


その言葉が終わると中野父と勇也にスポットライトが当たり、花嫁が手紙を読み始めました。


お父さん、そして天国のお母さん。私が今日この日を迎えられたのは二人がいたからに他なりません。お母さんは私が小さな頃にいなくなってしまいましたがその教えと愛はいつまでも私の中に残っています。


そしてお父さん。幼い私は突然のことに気持ちの整理がつかず、反抗してしまう時もありました。あの時はごめんなさい。ですが時間をかけてお父さんの気持ちを知ることができました。お父さんが私のお父さんになってくれてよかった今ではそう思います。


改めて家族に感謝します。今日の私があるのは父、母、そして姉妹の皆のおかげです

 



 

五等分の花嫁【第122話(最終回)】のネタバレ2:数少ない俺の自慢

場面は再び控室。風太郎が指を差したシーンから。


えっ私・・・?


ああ


お前が一花だ


新婦のスピーチが入ります。


長女の一花は個性豊かな私たちを優しくまとめてくれるお姉さんです。ご存じの通り大活躍の女優さんで私の憧れの存在です。


指を差された一番左の花嫁は髪を戻していつもの姿に。風太郎が指摘したとおり、彼女は一花でした。


なーんだ、お姉さんびっくりしたよ。正解


懐かしいな。お前には随分手を焼かされた。クールビューティなんて世間は謳ってるが俺は騙されねぇ


風太郎の言葉は止まりません。


自堕落、鈍間(のろま)、惰眠を貪る、怠惰だ・・・


そ、そこまで言わなくても…


一花も風太郎の辛口に押され気味。


それでも強くあろうとする姿が俺には眩しく見えた。大した長女だよお前は


その言葉に思わず笑みを浮かべる一花。


なんだよー急にどうした?


ふん、せっかくだ俺も言いたいことを言わせてもらう。次はお前だ二乃


再び新婦のスピーチが入ります。


次女の二乃はちょっぴり怒りん坊だけど、強くて厳しくて私たちの背中を押してくれるお姉さんです。女子力抜群で私も見習わなくっちゃいけません


左から二番目は二乃。二乃も正解でした。あいかわらずツンツンした態度で返します。


そうよ正解!はいはいよかったわね。次どうぞ


そこまで言ったところで二乃の目には大粒の涙が。


なんでこんな時に・・・四葉だけ当ててればいいのよ


お前の強さはその人一倍の弱さの裏返しだ。厳しさもそれだけ大きな愛情があるからなんだろうな。あの頃の俺はその答えを見つけることができなかった。すまん


風太郎の言葉に二乃の涙は止まりません。


いいわよ・・・私は・・・後悔してない・・・


そうか


右から二番目の花嫁を見る風太郎。


三玖だな


うん


三度新婦のスピーチが入ります。


三女の三玖は不思議とお姉さんという感じではありません。同じ立場で接してきた親友に近いかもしれません。だからこそ自分の夢を叶えた三玖を尊敬しています


場面が戻り、風太郎に抱き着く三玖。


たまに不安になる・・・私・・・うまくやれてるかな・・・


俺が答えるまでもない。お前はそうやって常に自分の不安と戦ってきた。そうして勝ち得た結果は間違いなくお前の戦果だ」


三玖の肩に手を置く風太郎。


自分を信じろ。お前は昔からできる奴だ


そう言ってくれると思ってた。ありがとうフータロー


三玖も笑顔で答えました。


右端の花嫁を見る風太郎。


残るはお前だ、五月


えっ


えっ


びっくりする二人。


私が四葉だけど・・・


四度新婦のスピーチが入ります。


五月は私が唯一お姉さんをできる可愛い妹です。実際は私なんかよりずっとちゃんとしてるんですけどね。私がどうしていいか悩んでいる時、背中を押してくれたのも五月でした


焦る風太郎に髪飾りを解いて髪を戻す花嫁。


なーんて。じゃーん、五月でした。どう?うまくなったでしょ


この・・・焦らせやがって・・・


やっぱり五月で正解でした。


この際だから言わせてもらうが、お前に会ってからだ!俺の人生が狂い始めたのは!諸悪の根源!妖怪カレー喰い女!


・・・・・・っ


あまりの暴言に五月も言い返します。


わ、私だって!あなたと会うまでこんなにデリカシーのない人がいるなんて想像もつきませんでした。あたまでっかち!天然キス魔!やっぱりあなたとは一生馬が合いそうにありません!


五月・・・昔の口調に戻ってるわ・・・


仕方ないよ。フータロー相手だとね


二人のやりとりをほほえましく見守る他の五つ子。


・・・で、余ったお前が四葉な。はい全問正解


あ、あっさり!


淡白な風太郎の言葉に四葉はショック。そしてスピーチは続きます。


姉妹の皆がいなかったら私の人生は全く別のものになっていたでしょう。五つ子ということが負い目に感じたこともあったけど、その何倍、何百倍も楽しかった記憶が残っています


風太郎のセリフが入ります。以後、四葉と風太郎のそれぞれの言葉が。


これだけ付き合ってりゃ嫌でも覚える。俺は家庭教師だったがお前たちからも多くのことを教わった


私はみんなと五つ子の姉妹として、生まれることができて幸せでした


お前たち五つ子に出会えたこと。数少ない俺の自慢だ


スピーチの時にはちゃんと五つ子も出席していたようです。四人で席に座っているシーンが。


他の家とはちょっと違って人から見たら奇妙なのかもしれませんが私はそんな家族が大好きです
 



 

五等分の花嫁【第122話(最終回)】のネタバレ3:五つ子って

場面が変わってソファーに腰掛ける風太郎。披露宴は終了したようです。らいはと四葉も一緒にいます。


あー・・・疲れた・・・


お疲れ様。スーツ返してくるね


サンキューらいは


しっかり旦那さんしなきゃだめだよ、お兄ちゃん


・・・五年か。これでようやくひと段落だな


四葉が風太郎の隣にやってきました。


私も緊張の糸が解けて一気に疲れがきたよ・・・


やっぱお前も緊張してたんじゃねーか


あはは。風太郎ほどじゃないけど。誓いのキスの時、手、ブルブルだったもん


あ、あれは仕方ねーだろ!皆見てるし、お前とだって・・・


ふと、思いにふける風太郎。


五年前を思い出せって言ったよな?パニクって記憶が不確かだったが、お前に言われてハッキリ思い出した。五年前の春の旅行、あの鐘がある見晴らしのいい丘でのこと


回想シーンに入ります。丘では五月と五月の格好をした四葉の会話が。


あれっ、上杉さん付いてきてないよ


本当ですね


どうしたんだろ、私見に行って・・・ってこんな姿じゃややこしいよね。五月本人が行ったほうが・・・


そう提案する四葉ですが笑ってそれを断る五月。


大丈夫ですよ。きっと上杉君は気づいてくれるはずです


カラーンカラーンと丘の鐘が鳴り響いていました。


もしかしてあの時・・・


新婦様


四葉に尋ねようとした風太郎でしたが、スタッフから四葉に声がかけられます。


控室にお忘れ物がございました


わっ、ありがとうございます


それはいつも四葉がしているリボンでした。でも四葉はそれを受け取りません。


ごめんなさい。やっぱりもう要らないので捨てておいてください


かしこまりました


思わず風太郎は四葉に聞きます。


いいのか?トレードマークだろ


いいんだよ


ここで五つ子の母の言葉が。


(あなたたちは一人一人特別です)


どんなにそっくりでも・・・私に気づいてくれる人がいるから


その言葉に風太郎は赤面。


どうしてもっと早く言わなかったんだ


ごめんね。風太郎には伝えたいことがもっとたくさんあるんだ


な、なんだよ


ふふっそれはね・・・


会話をしながら歩いてきた二人。他の五つ子が四人で座っていました。


何してんだお前ら


ごくろーさま、いい式だったね


二人をねぎらう一花。


何って決まってるわ。式が終わればやることはひとつ。新婚旅行よ!


は?


どうやら同行する気のようです。


ま、待て!付いてくるつもりか!?


当然。その行き先に悩んでるところ


風太郎も思わず呆れます。


こいつら・・・めちゃくちゃだ・・・


あはは。いいじゃん。皆一緒の方がもっと楽しいよ。ね?


・・・・・・


風太郎は言葉が出ません。そんな風太郎を置いてきぼりにして五つ子は会話を進めます。


それなら行きたいとこ指差そっ


四葉がそう言ってくれるのなら


なんか前にも同じことで揉めなかった?


あー高校の・・・


じゃあいくよ、せーのっ


そこでシーンが切り替わり寝ている風太郎に声がかけられます。


上杉君、上杉君、上杉君起きて


風太郎は寝ていたようです。目を覚ますとそこには高校生の五つ子が。


おはよーございます


フータロー君見てたら私も眠くなってきたよ


風邪ひいちゃう


そんなとこで寝てないで早く起きなさいよ


風太郎は理解が追い付かない様子。


結婚式は・・・


えっ何?


えええっ!?


気が早いねー


風太郎はまだ状況がわかっていません。


いつまでも寝ぼけてないでさっさと決めるわよ


ん?何をだ?


卒業旅行。フータローが提案してくれたんでしょ


そ、そうだったな


どうやら卒業前のワンシーンのようです。


と、とりあえず五人で指差ししよっか


俺の意見は?


結果は知れてるけどねー


俺もやめといた方がいいと・・・


じゃあせーのでいきますよ


おっおいっ!


せーのっ


(そうだ、あの時も同じことを思ったんだ)


そして次のページでは高校生の五つ子が指を差すシーンと五年後の五つ子が笑顔で指を差すシーンが。


それを見て焦る高校生の風太郎と、笑顔で見つめる今の風太郎。


五つ子ってめんどくせー・・・


青空をバックに風太郎の独白で幕となりました。
 



 

五等分の花嫁【第122話(最終回)】感想および考察

いやー、とうとう終わってしまいました・・・。


さすがに風太郎は外しませんでしたね。残念ながら私は正解できませんでしたが(笑)


それにしても五月はキャラ変わりましたねー。あんなにテンション高いところを見せてくれるとは。


と思ったら風太郎とのやり取りではいつも通りの口調がでてきてほっとしました。やっぱり五月はあの口調がしっくりきます。


連載初期を思い出してしまいました。あれから随分遠くへきたもんだ(笑)


最終回らしくそれぞれに見どころがあってすっきりした最終回でしたね。


コミックスではその後のエピソードとかが描かれるのでしょうか?


連載は終わってしまいましたが、最終巻での追加エピソードなども楽しみですね。期待して待ちたいと思います。


春場ねぎ先生、長い間素晴らしい作品をありがとうございました!


次回作も期待しています!


前話はこちら!
 
『五等分の花嫁』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『五等分の花嫁』単行本最新刊を読む


 


五等分の花嫁はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『五等分の花嫁』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

五等分の花嫁【第122話(最終回)】を無料で読む!

文章でストーリーを追うのもいいですが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁』122話(最終回)が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む