五等分の花嫁【第113話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
2019年12月4日週刊少年マガジン最新号(2020年1号)が発売され、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁最新話の【第113話】が掲載されています!
 
これから『五等分の花嫁【第113話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁【第113話】』が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む


 

五等分の花嫁【第113話】のネタバレ

五等分の花嫁【第113話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 黙秘
  • 前田の告白
  • 待たせたな

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


五等分の花嫁【第113話】のネタバレ1:黙秘

あ、なんか音楽聞こえるな


後夜祭の中で学生バンドのアンコールライブがありました。


声を出しているのは浅野です。


浅野は学園祭でほかのクラスの子と付き合っているのが噂になっていました。


明日からいつもの日常に戻ると思うと落ち込むな


風太郎は友人の発言に同意をします。


最後の学祭でなにしてんだか


風太郎は裏方の手伝いばかりをしていてあまり参加していません。


友人たちで風太郎と屋台で飯を食べに行くことにしました。


それが終わったら会う約束をしている奴ならいる


みんな風太郎が5つ子と会うのだと感づいていました。


一花さんもいたから5人勢ぞろいだったぞ


前田は女優をしている一花もいるのを見分けていました。


前田は一花だけなら区別できるとのこと。


上杉君は当然全員見分けられるだろ


別の友人が聞いてきます。


風太郎は断言はしませんでした。


できると思う、やったことないが


風太郎は人の顔を覚えるのが苦手です。


それにくわえて変装で何度か騙されてきました。


気になったんだけど彼女たちの誰から見分けられるようになったんだい


風太郎はしばらく沈黙をします。


顔から汗を流していました。


屋台いくか


風太郎は話を切り上げて立ち上がります。


友人は風太郎の肩をつかみました。


風太郎はそれでも屋台の方向に行こうとします。


水臭いじゃないか上杉君、僕らの仲に秘密は無粋


風太郎は黙秘をしようとします。


好きなのか5つ子のだれかが


前田の言葉に風太郎が固まりました。


風太郎が黙り続けています。

 



 

五等分の花嫁【第113話】のネタバレ2:前田の告白

俺は今から告白しに行く


前田大声を出しました。


風太郎は驚いた顔をします。


今しかないだろ、明日から日常に戻っちまうのなら今しかねえ
だから上杉お前も覚悟きめやがれ


前田は風太郎にアドバイスをしました。


学生の本文は学業、それ以外は不要だと信じて生きてきた
だが


風太郎は椅子に座り直しています。


それ以外を捨てる必要なんてなかったんだ


風太郎は勉強、友情、仕事、娯楽、恋愛常に全力投球で取り組んでいる5つ子を見ていました。


凝り固まった俺にそれを教えてくれたのはあいつらだ


風太郎の言葉に友達が驚いた表情をしています。


きっと昔のままの俺なら今この瞬間も一人だったかもな


いよいよ、全員で屋台へ向かいます。
 



 

五等分の花嫁【第113話】のネタバレ3:待たせたな

風太郎は五月と話し合っていました。


私たちがそれぞれいる教室ですが


風太郎が五月に注意をしています。


何もお前らがそこまでする必要はねえ


五月は「私たちで話し合って決めたことです上杉君が気にすべきはその先」と、言います。


五人はそれぞれ別の教室にいました。


そこで風太郎を待っています。


あなたが向かうのはただ一つの教室、この提案が逆にあなたを困らせてしまうのはわかってます


五月は黒板を見ながら待っていました。


三玖は窓に手をやって待っています。


風太郎は廊下を歩いていきます。


これが私たちの覚悟どうかそれを理解してください


一花、二乃、四葉もそれぞれの場所で待機しています。


風太郎は深呼吸して歩いていきました。


これにて旭高校学園祭後夜祭、すべてのスケジュールを終了とします


スピーカーから声がします。


風太郎が扉を開けると


五月が嬉しそうな顔をします。


上杉君


一花が目をつぶっています。


やるじゃんフータロー君


四葉は一言だけ言葉を出しています。




二乃のところに三玖がきました。


終わったよ


二乃の言葉に涙を流します。


2人はお互い抱きしめ合っていました。


置いてきちゃったかな


四葉は保健室に忘れ物の携帯をとりに行きました。


これからですよ上杉君


五月がまっすぐ前を向きました。


風太郎は四葉のいる保健室にあらわれます。


よぉ


顔を赤くする四葉が風太郎を見ています。


待たせたな
 



 

五等分の花嫁【第113話】感想および考察

風太郎は、四葉を選びました!


保健室までがんばって追いかけたの想像すると笑えますね。


みんな教室でまっていたから四葉のもとにいくと突然、走り出す四葉。


あれーーーー?とあわてて追いかけてようやっと保健室で追いつきましたよと。


声だして止めればいいのにー。


みんなが教室で待っている展開は面白かったです。


まず、一花。


一人だけ屋外にでていました。


教室のベランダか屋上かな。


風太郎の動向をみていたので自分は対象外だと思っていた模様。


同じように三玖は教室の窓から観察をしていました。


風太郎が四葉と会うのを見て、移動。


二乃のところに行きました。


2人は仲がいいんですね!


二乃は風太郎の動向なんて見ずに待ち続けていました。


五月は風太郎への応援を教室でひとり呟いていたと。


だれかいるのか?気になってます。


それぞれ5つ子の考え方がみえて面白かったです。


前田君は一花に告白するっていってたので見えやすい位置にいるのは助かりますね!


頑張ってほしいものです。


五等分の花嫁で風太郎は誰と付き合うのか?


風太郎と四葉が付き合う。


幼いころに出会っていた女の子と付き合う。


恋愛漫画の王道を行きました。


あっという間に完結ですね!


巻末コメントみてきました。


深夜まで原稿が終わらなかったので結婚記念日に一人で日高屋のチャーハン食べてました


泣きそう。結婚記念日は奥さんと過ごしてほしい。寝てますかね。
仕事場と自宅が離れてるんですかね?


漫画家って自宅と仕事場が一緒で終わったら即寝てるのイメージしてました。
 
前話はこちら!
 
『五等分の花嫁』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『>五等分の花嫁』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『五等分の花嫁』単行本最新刊を読む


 


五等分の花嫁はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『五等分の花嫁』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

五等分の花嫁【第113話】を無料で読む!

文章でストーリーを追うのもいいですが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁』113話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む