2019年12月2日週刊少年ジャンプ最新号(2019年53号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第185話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第185話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第185話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』185話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第185話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第185話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 父の言葉
  • 死闘、参戦
  • 死の淵にたどり着いたのは

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第185話】ネタバレ1:父の言葉

まさかの炭治郎の死亡宣告から迎えた今週。


本当に死んではいないでしょうが、この危機をどう超えていくのか。


今回の表紙は眠っている禰豆子。


その頭に触れ、語り掛けるのは今は亡き二人の父親。
 
禰豆子起きろ


炭治郎が危ない
 
今までもお互いの危機に家族が助けてくれていましたが、ついに父親が出てきましたね・・・


アオリ文は「炭治郎の危機に―


タイトルは「匂いのない世界


でてきました、禰豆子。


ここからどうなっていくのか、さっそく見ていきましょう。
 
父の声に目覚める禰豆子。


布団の上に立ち、宙を見つめたまま固まっています。


鱗滝さんが語り掛けると・・・
 
バキャッ
 
戸をぶち破って外に駆けだしました。


外で見張っていた槇寿郎と宇髄もびっくりです。


禰豆子が寝ていた屋敷は輝利哉のいる屋敷と同じだったようで、槇寿郎は輝利哉に指示をあおぎます。


困惑する輝利哉。
 
なぜだ?どうしたんだ?どうすればいい?


わからない


まさか無惨に操られている?


違う


そんなはずはない


もしや薬が効いて人間に戻った?


いや・・・だとすれば左近寺が捕らえているはず
 
追わなければ・・・!!
 
今すぐ禰豆子さんを・・・
 
叫ぶ輝利哉の肩にそっと置かれる手。その手には痣が・・・
 
禰豆子は好きにさせなさい


大丈夫だから
 
言葉をとめる輝利哉。


誰に禰豆子を追わせるのかという問いに、追わなくていいと返します。


動揺する妹達。
 
もし禰豆子さんが鬼に捕まるようなことがあれば取り返しがつきません
 
その通りだ・・・・・・でも・・・でも・・・
 
それを分かっている輝利哉。ですが
 
父上が好きにさせろと言ってるんだ・・・
 
年相応の子供のように涙を流しながら、そう答えるのでした。
 


鬼滅の刃【第185話】ネタバレ2:死闘、参戦

森の中を駆けていく禰豆子。


あまりの速さに鱗滝ですら追いつけません。


禰豆子の目には行くべき道を指し示す父の姿が。


崖から飛び降り尚進んでいきます。
 
この高さを飛ぶとは・・・!!人間に戻る薬が効いていないのか・・・!?
 
さすがに追いかけることができない鱗滝。


月の下、禰豆子は兄の元へと懸命にかけていきます。
 
一方炭治郎は、全く動くことができません。


意識もないようで、毒の腫瘍のようなものは前より大きくなっています。


戦況は圧倒的に不利。


柱3人がかりでも攻撃が速すぎて息が続かないそうです。


ついに攻撃を受けてしまう3人。


さらに追撃を加える無惨からなんとか距離を取ります。
 
まだ動けるか。柱・・・痣のある者は即死しないな
 
攻撃をかわし続ける蜜璃ですが、無惨の毒に倒れます。


助けようとする伊黒。


迫る攻撃の中、自分の事だけを守ってと叫ぶ蜜璃。


攻撃があたるかと思われた間一髪、鉄球が一撃を防ぎます。
 
遅れてすまない
 
鉄球を回しながら・・・悲鳴嶼です。


これはかっこいい。


ボロボロに泣く蜜璃。
 
(黒死牟を倒した鬼狩り・・・・・・)
 
眺める無惨でしたが・・・


突然頭から真っ二つにされました。


背後にいたのは実弥。


怒りのあまり表情が消えています。


すぐさま攻撃をする無惨ですが、そこに実弥は瓶を投げます。


間合いの為切り刻まれる瓶。


無惨は零れる中の液体を頭から被ることになります。


攻撃を避けつつ、空中でマッチをする実弥。


そう、油です。


一気に無惨が燃え上がります。
 
小賢しい真似を
 
斬られるよりも燃やされる方が辛いのか、怒る無惨。
 
テメェにはこれくらいが似合いだぜぇ


ブチ殺してやる。この塵屑野郎
 
静かに、深い怒りをたたえる実弥が刀を構えます。




鬼滅の刃【第185話】ネタバレ3:死の淵にたどり着いたのは

少し離れた瓦礫の中から現れたのは村田。


城の崩壊のせいか血を流しています。
 
(アイツ・・・アイツが無惨・・・)


(家族の仇・・・殺す・・・殺す!!)
 
村田も家族を鬼に殺されていたんですね・・・


憎しみと共に刀に手をかけようとする村田ですが、
 
村田―――!!
 
叫んだのは義勇です。
 
炭治郎が動けない!!安全な所で手当てを頼む!!
 
その言葉に驚く村田。それもそのはず。


村田は義勇の言葉に従い炭治郎を担ぎ、安全な所へ運ぼうとします。


その目からは涙。唇も噛み締めています。鼻もたらしてます。
 
俺の名前覚えてたんだ富岡・・・


選別の時から一緒だったんだ俺たち・・・!!


すごい差がついちゃったけど同期なんだぜ俺たち・・・!!
 
ここであかされるまさかの設定。


あの村田が義勇と同期だったなんて。


名前を憶えていてくれたことに殺意も吹っ飛んだようです。


毒がほぼ顔の全体にまわってしまっている炭治郎。


薄れゆく意識の中、役に立てと自分に言い聞かせます。
 
ふと気が付くと、青空。
 
青空?


夜が明けたのか?


いや違うそんなはず・・・
 
あれ?
匂いが全然しない
 
毒の様子もなく、森の中に立つ炭治郎。


ですが・・・その姿は、炭治郎によく似ていますが・・・市松模様の着物に手に斧を持った額に痣のない男。


いつかの記憶のあの人です。


アオリ文は「死の淵で迷い込んだのは・・・・・・
 


鬼滅の刃【第185話】感想及び考察 目覚めた禰豆子。死を彷徨う炭治郎。

 
禰豆子!目覚めましたね!!


やはり兄の危機に動いたのは禰豆子でした。爆血なら無惨の毒も消せるのでしょうか・・・!!


そして輝利哉に語り掛ける耀哉の声。


これは、もう、なんとも・・・


最期に会うことの叶わなかった父の声がどれほど子供の心に響くのか・・・
 
ついに最強の柱も合流しました。


蜜璃達は毒で動けなくなる可能性が高いので、この二人でしばらくは耐える事になるのでしょうか。


村田が出てきたという事は善逸たちも近くにいるかもしれませんね。


誰から参戦してくるのでしょう・・・


それにしても、このタイミングで村田と義勇の関係性が明かされるのは驚きでした。
 
そして最後の炭治郎。


この人が出てきたという事は・・・来週からは遂に日の呼吸の核心に迫っていくのでしょうか。


最後の型を伝えられなかったという話でしたが、記せない何かがあったのでしょうし・・・


ただの炭焼き職人だった竈門家が呼吸を受け継ぐことになった経緯。縁壱との関係。


気になって仕方ありません!!


禰豆子の到着も待ち遠しいですね!
 
また来週、楽しみに待ちましょう!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は12月2日です。鬼滅の刃【第185話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!
 

『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!