五等分の花嫁【第111話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
2019年11月20日週刊少年マガジン最新号(2019年51号)が発売され、春場ねぎ先生の漫画作品、五等分の花嫁最新話の【第111話】が掲載されています!
 
これから『五等分の花嫁【第111話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁【第111話】』が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む


 

五等分の花嫁【第111話】のネタバレ

五等分の花嫁【第111話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 罪の意識
  • 信じた道を
  • 君だって私の理想

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


五等分の花嫁【第111話】のネタバレ1:罪の意識

焼きトウモロコシの屋台前を五月が歩いています。


五月は風太郎との話し合いを思い出していました。


今回は手を出さないようお願いします。この問題は私たち家族で片ををつけます


五月は真正面をにらんでいました。


目の前には無堂先生が座っていました。


五月のほうから来たので意外そうな顔をしています。


もう一度お聞かせください、学校の先生になりたいという夢が間違っているのだとしたら私はどうしたらいいのですか


無堂が立ち上がって答えます。


五月ちゃんが五月ちゃんらしくあってほしい


無堂は五月が学校の先生にならなければいいといっていました。


五月は疑問を言葉にします。


なぜ急に私の前に現れたのですか


五月は手を口の前にやって聞いていました。


離れていた時もずっと気にしていたさ、罪の意識に苦しみながらね


その時、笑い声が聞こえます。


先生の教え子が登場しました。


ただ、二人は中野父を連れてきただけです。


お元気そうで


無堂と中野であいさつを交わします。


君にも謝るきっかけができてよかった。中野君には苦労賭けたからね


無堂はがっくりと肩を落として謝ります。


あなたには感謝しています。あなたの無責任な行いが僕と娘たちを引き合わせてくれた


無堂は中野の無責任という言葉に引っかかり覚えて固まってしまいました。


どうだろう、こと責任に関しては君も果たせていないように見える


無堂は中野を責めました。


五月が中野を頼ることなく自分のところに来たのを証拠に攻め立てています。


中野が遮りました。


何を言ってるんですかよく見て下さい。ここに五月君はいない


無堂は驚いた表情をします。


服装だけにせて五月は建物の影に隠れていました。
 



 

五等分の花嫁【第111話】のネタバレ2:信じた道を

他の5つ子も集まってみています。


ただまちがえていただけで


無堂が言い訳をし始めました。


愛があれば私たちを見分けられる、母の言葉です


五月の言葉に無堂はいらだっています。


なおも教師を目指すべきではないと叫んでいました。


私はそうは思いません。ちゃんと見てきましたから。すべてをなげうって尽くしてくれた母の姿を


みんなが五月を見つめています。


子供が知ったような口を


無堂はにぎり拳をつくりました。


あなたこそ知ったような口ぶりで話すのですね


中野が無堂に近づいていきます。


無堂が知っているのは恩師に裏切られて傷ついた姿まで。


その後の彼女が子供たちにどれほど希望を見出したのかをあなたは知らない


中野父は5つ子に囲まれて幸せそうな顔をする母の姿を思い出していました。


あなたに彼女を語る資格はない


中野は怒った口調で言いました。


五月に向けて励ましをします。


君が君の信じたほうへ進むことを望む。きっとお母さんも同じ想いだろう


五月は目に涙を浮かべます。


顔を手で覆っていました。


やがて手を振り払います。


無堂先生、最後まであなたからお母さんへの謝罪の言葉はありませんでした。私はあなたを許さない。罪滅ぼしの駒にはなりません


無堂は五月をにらみつけるものの、風太郎の父に制止されて立ち去っていきます。





 

五等分の花嫁【第111話】のネタバレ3:君だって私の理想

よかった


5つ子たちが駆け寄ってきます。


みんなで五月を囲みました。


五月は来てくれた大人にお礼を言います。


下田さんもお父様もありがとうございます


みんな照れくさそうにしていました。


すべてが終わった後、五月は風太郎と並んで歩いていました。


上杉君ありがとうございます。お母さんがいなくなってから、その寂しさを埋めるためにお母さんになり替わろうとしていました


2人は階段を上っていました。


私、お母さんを忘れなくていいんですね


五月は風太郎の方を向きます。


教えてくれたのはあなたです


たっと五月が階段を降りるとまどの景色を見ていました。


今までの5つ子たちの行動から風太郎はキスをするものだと身構えてしまっていました。


外の景色を見つめる五月に挙動不審な態度をとってしまいます。


ともかく私が自信を持てたのはあなたのおかげです


しばらくもじもじしていると五月が言います。


君だって私の理想なんだよ。それだけ聞いてほしかったの


五月は顔を赤くしました。


なんだそのしゃべり方


風太郎は手荷物を脱力させて持っています。


母脱却ということでなんか変でしょうか


風太郎はため息をつきました。


いごごち悪いから普段通りにしてくれ


もう、そんなこといわないでくだ、言わないで!
 



 



 

五等分の花嫁【第111話】感想および考察

五月、かわいい。


無堂父、何だったんだろう?


普通に罪滅ぼしに来たんだけど変装してた五月を見抜けずにせめられてしまいました。


愛あれば見抜ける!


・・・・・・風太郎、いなくてよかった。


風太郎はその場にいたら落ち込みそうです。


無堂と同レベルかーと頭抱えちゃいますって絶対。


中野父は五月の変装見抜いてましたね!


私はさっぱりわかってませんでした。


五月のヘアピンでしか判断できない。


中野父は見抜けた一方で無堂はわからなかった。


この差が愛!いいですね。


中野父は五月の言葉聞いてうれしがってそうです。


(愛だよ愛、あるから見抜けちゃうんだよなー)


とか、思ってそう。


五月はぜひとも中野父の正面にまわって顔を見てほしかったです。


風太郎との話にいってしまったのでどんな表情してたのか見れませんでした。


風太郎の父にはそのあたりつっこんで会話してほしいですね。


意外だったのはキスシーン。


なかったですね!


三玖、二乃、四葉、一花と4人とキスしたので全員やるのかと思ってました。


風太郎、五月だけキスできず!


4連続でキスしてたらこいつもか、と思ってしまうのわかります。


5つ子って似てますからね!デジャブが半端ないと思います。


予想に反して窓の外を見るだけで終わりました。


ただ、1つ変わったことがありましたね!


口調がくだけた感じになりました。


大戦果を挙げて終わりました。


次回から敬語が抜けた五月と会話になるのか。


かわいくなりました。


こうなると風太郎が4人に絞られるんでしょうか。


五月のはあくまでも理想で恋愛ではないと。


4人のうち一人なら、だれになるんだろう。


謎です。


ここでようやく文化祭が終わりました!


文化祭は文化祭で楽しいですけど速く季節が進んでほしいとも思っていたので
ありがたいです。


巻末コメント読んできました。


離れた友達がこのコメントで僕の近況を確認してくれてるみたいです


春場先生!良かったですねえ。


私、友達が漫画家になっても巻末コメントいちいちチェックしないと思います。
めっちゃ好かれてるじゃないですか。
 
前話はこちら!
 
112話はこちら!
 
『五等分の花嫁』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『>五等分の花嫁』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『五等分の花嫁』単行本最新刊を読む


 


五等分の花嫁はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『五等分の花嫁』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 

五等分の花嫁【第111話】を無料で読む!

文章でストーリーを追うのもいいですが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『五等分の花嫁』111話が掲載されている週刊少年マガジンを無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年マガジンを読む