2019年11月18日週刊少年ジャンプ最新号(2019年51号)が発売され、吾峠呼世晴先生の漫画作品、鬼滅の刃の最新話【第183話】が掲載されています!
 
鬼滅の刃【第183話】のあらすじからネタバレや感想までまとめてみました!
 
これから『鬼滅の刃【第183話】』を紹介していきますが、やっぱり漫画を読んだほうがより楽しめます。

電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』183話が掲載されている週刊少年ジャンプを無料で読むことができます。
 

今すぐ無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで週刊少年ジャンプを読む


 

鬼滅の刃【第183話】のストーリー&ネタバレ

それでは鬼滅の刃【第183話】のストーリーを見ていきましょう!
今回はストーリーを

  • 柱みんな死んだふり作戦
  • 支配の攻防
  • 外へ・・・!

の3部に分けてお話していきます。
ではどうぞ!
 


鬼滅の刃【第183話】ネタバレ1:柱みんな死んだふり作戦

今回の表紙は奇跡の再会を果たした4人。


伊之助、カナヲ、善逸、村田です。


軋む城に各々動揺している様子。


善逸、泣きながら村田の髪引っ張ってますね・・・


アオリ文は「戦線拡大 戦闘激化―


タイトルは「鬩ぎ合い


前回まさかの愈史郎の逆襲でしたが・・・どうなっていくのでしょう。
早速見ていきましょう!!


愈史郎の攻撃に抵抗してなのか、鳴り響く琵琶の音。


その度に無惨達のいる部屋が次々と変わっていきます。


かなりの圧がかかっているようで、さすがの蜜璃も潰れそうとのこと。


それでもなんとかして無惨を攻撃しようと無惨を見やると・・・


白目をむき、歯を食いしばって怒る無惨の姿が。


(こわぁぁーっ!!ホント怖いあの人。今まで私が見たどの鬼より怖いわ)


(間合いに入らずんば即死せよ!!みたいな。怖すぎて語彙がおかしくなっちゃう!!)


このあいだまでの緊迫感が嘘のようなテンションです。


心細いから悲鳴嶼に早く来てほしいと考えつつ、愈史郎の柱みんな死んだふり作戦をおじゃんにしたことを心で詫びます。


義勇達が危なかったからとっさに出てきてしまったようです。


そして、思い返されるのは鳴女戦。


服の裾を引かれた時のことです。


甘露寺の袖を引き自分は鬼だけど味方だと伝える愈史郎。


馬鹿じゃないならすぐ理解して協力しろとも。


その言葉に対し


私、馬鹿じゃないわ


そう考え「はい」と即答する蜜璃。


この時ばかりはありがたいですが、ちょっと心配になるぞ蜜璃!!


琵琶鬼を引き受けるから囮になれと愈史郎は言います。


俺は気づかれないように距離を詰めて、あの女の視覚を乗っ取る


それから脳内に侵入して、無惨の支配を外して頭も乗っ取る


愈史郎凄いですね。支配まで外せるとは・・・


それを聞いた蜜璃。


へええー!そんなことできるんだ


いーなー便利!


かっこよ!


眉きりっとしてますが口は空いている状態です。


この感じ、なんだか懐かしいですね・・・黒死牟戦にはなかったゆるさです。


それから無惨には柱や他の鬼狩りが死んだと思わせた裏で味方を集結させ、総戦力で一気に叩く


そういう作戦だったようです。


回想しているうちに足を滑らせ落下しそうになる蜜璃。


なんとか端を掴んでとどまりますが、部屋の動きは止まりません。


(なんだか城がめちゃめちゃに動いてるわ!!)


(鬩ぎ合い…!!無惨と愈史郎くんが戦ってるんだわ!)


(私たちは無惨を攻撃してイライラさせて、少しでも愈史郎くんが有利になるように頑張らなきゃ・・・)


そう心に決める蜜璃ですが、激しい部屋の動きに潰されそうになり


(一番乗りで死にそう私!!)


泣きながら頑張っています。


炭治郎も離されないよう必死です。
 


鬼滅の刃【第183話】ネタバレ2:支配の攻防

目視はできないが鳴女の傍に誰かいる


鳴女のまわりの気配を探る無惨。


珠世の鬼だな


いい度胸だ、殺してやる


愈史郎は必死に琵琶鬼の脳を操作しています。


いつのまにか傍らに鬼殺隊の剣士がひとり。


鳴女の操作に気付いた無惨。


外れかけていた支配を絡めとり、逆に愈史郎を吸収し始めました。


めいっぱいの力で抵抗する愈史郎。


それに対抗する無惨・・・


協力する!!俺を喰え!!それで無惨を倒せるなら・・・


横にいた剣士が提案しますが


うるさい黙れ引っ込んでいろ!!


怒鳴りつける愈史郎。


謝る隊士。


なんだろう。なんか大丈夫な気がしてくる。


ふと気付くと、無惨に斬りかかる剣士が二人。


義勇と伊黒です。


即座に対応しますが、そうすると愈史郎の方に意識が回せません。


愈史郎は再度、無惨の支配を外しにかかります。


いける!!押し戻せる!!


琵琶の音がひとつ。


すると無惨と戦っている部屋の床がなくなりました。


落ちながら、手を強く握りしめる無惨。


と同時に鳴女の頭が潰されました


もう殺しにかかってきた!!


まずい!!城が崩壊する!!


この城は琵琶鬼の血気術のようで、鬼が死ぬと消えてしまうようです。


完全に死ぬまで何とか無惨と他の隊員を外に出そうと試みます。




鬼滅の刃【第183話】ネタバレ3:外へ・・・!!

さらに激動する城。
次に炭治郎達が着いた場所は隊員たちの遺体だらけでした。


(仲間の遺体・・・!!)


(無念だったろう・・・)


仲間を偲ぶ炭治郎。


鳴女を無力化したことで、無惨が攻撃を再開します。


激しい攻撃を何とか躱す柱達。


炭治郎がすんでで避けられず、負傷します。


さらに軋む城。


(この軋み方!!城が崩壊する)


(外に出られないと無惨以外全員死ぬ!!)


焦る伊黒。


部屋の上昇にバランスを崩し倒れる蜜璃。


そこに無惨の攻撃が迫ります。


甘露寺さん!!


大きく叫び、何かを投げる炭治郎。


それは無惨の頭に命中し、蜜璃はなんとか攻撃を避けます。


顔を上げた無惨の頭には鍔までしっかりと刀が刺さっていました


炭治郎が投げたのは、亡くなった仲間の刀だったようです。


忌々しい餓鬼め・・・!!


怒る無惨。


部屋はそのまま急上昇をつづけ・・・


そのまま地面を破壊し、月の照らす外へと


そこで今週はここまで!!


アオリ文は「舞台は遂に地上へ・・・!!
 


鬼滅の刃【第183話】感想及び考察 ついに無惨、外へ・・・!?

 
前回に引き続き、愈史郎大活躍です!!


ただでは出てこないだろうと思いましたが、激しい攻防でしたね。


それにしても、最後の部下まで自分で殺すとは・・・


これでもう残すは本当に無惨だけとなりました。


今回は蜜璃のシリアスブレイカーぶりがいい味だしてますね!黒死牟戦の心の傷に優しいです。


柱みんな死んだふり作戦もありだと思いますが、太陽の光がないと倒せませんし・・・


無惨の気を散らすことができたからこそと思うので、結果オーライかと!!


遂に表に叩き出された無惨。


しかしながらあのぎりぎりの状況。


はたして鬼殺隊の面々はみんな何事もなく脱出できたのでしょうか。


そして、外に出された挙句、鬼殺隊総戦力に囲まれたとなると・・・
いよいよ無惨は禰豆子の元へむかうのでは・・・?


そんな心配もありつつ、これからさらに白熱する戦い!!


楽しみにしましょう!!また来週!!
 



 
次回の週刊少年ジャンプの発売日は11月25日です。鬼滅の刃【第184話】も掲載予定ですので楽しみに待ちましょう!

 
前話はこちら!
 
第184話はこちら!
 

鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読む

『鬼滅の刃』単行本最新刊もU-NEXTで購読可能です!
 

 
電子書籍配信サービス『U-NEXT』の31日間無料登録でもらえる600Pを利用することで『鬼滅の刃』単行本最新刊を無料で読むことができます。
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

無料登録でもらえる600Pを使ってU-NEXTで『鬼滅の刃』単行本最新刊を読む


 

鬼滅の刃はアニメも大人気!

動画配信サービス『U-NEXT』を利用することでアニメ『鬼滅の刃』を無料で視聴することができます!
 
詳しくはこちらをごらんください!
 

 


鬼滅の刃も含めて漫画やアニメ、ドラマや映画を快適に楽しみたいなら?

現在は様々な配信サービスがそれぞれの特色を売りにして、事業を展開しています。

こちらで主要な動画配信サービスの料金やサービス面を徹底比較していますので、ぜひ参考までにごらんください!
 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます!