寒い冬といえばウィンタースポーツの季節ですね。

うちにも子供がいるのですが初めてのスケートデビューのときのことをよく思い出します。

今回は「これで大丈夫!?初心者でも失敗しないスケート時の服装と対策!」と題して、必要だった持ち物や使わなかった持ち物を紹介したいと思います!
 



 

スケート時の子供にオススメ!怪我対策になる服装、持ち物とは?

 

 
まず最初に必要な持ち物について紹介します。
 

怪我対策になる服装、持ち物1:手袋

スケートリンクは転ぶと冷たく硬いため必需品です。
 

 

怪我対策になる服装、持ち物2:絆創膏

転んだりしたときに怪我をしてしまう可能性があるため、またスケート靴は結構靴ずれをしてしまうため持参していてよかったです。
 

 

怪我対策になる服装、持ち物3:靴下

滑っていると結構熱くなり汗で靴下が濡れてしいます。履き替えれるように数枚持っていくがオススメです。
 

 

怪我対策になる服装、持ち物4:タオル

スケートリンクは氷なので、コケたりすると意外と濡れてしまいます。また暑く汗もかくため結構使用しました。
 

 

怪我対策になる服装、持ち物4:ニット帽

スケートリンクは氷を保つため温度が10度前後と寒いため滑っていると体は暑くても顔が冷たくなってしまいます。

耳も冷たくなってしまうため、あれば耳あてでもいいと思います。
 

 

怪我対策になる服装、持ち物5:飲み物

スケートは結構体力を使うため水分補給は必須です。
 

 

意外に用意しなくても大丈夫な持ち物

必需品に思えて使用しなかった持ち物もあります。

使用しなかった持ち物1:カイロ

子供って活発で動き回るんですよね。

うちの場合は常に汗をかいていて必要ありませんでした。

ただ年配の方はずっと滑っているわけではないので、必要になるかもしれません。

ケースバイケースでお考えください。
 

 

使用しなかった持ち物2:ヘルメット

今回行ったスケート場ではヘルメットや膝肘用のサポートがレンタルでありました。

レンタルがないところもあるので前もって確認したほうがよいでしょう。
 

 
服装についてですが結構転んでしまうため、長袖長ズボンがマストです。

上着は動きやすいダウンジャケットやフリースでもよいでしょう。

また男の子は長ズボン、女の子の場合は、厚手のタイツやスパッツでもOKです。

また帰りの服も持参しましょう。


何度も転んでしまうと帰りにはズボンがびしょびしょになってしまいます。

そのまま帰ってしまうと風邪を引いてしまうため丸着替えできるように用意しておいたほうがいいです。
 



 

スケートにパーカーは必要?スケート時の快適な服装とは!?

 

 
パーカーについてですが、うちの場合は持参していて良かったです。

初めは寒いためダウンを来ていたのですが、滑っているうちに熱くなり脱いでしまいました。

滑っているときは長袖でご飯を食べているときにはパーカーを着るなどしていました。


羽織りもの(カーデガンなど)は持参していたほうがよいでしょう。
 

 



 

まとめ

以上参考にしていただき楽しく快適なスケートデビューができるといいですね。

怪我等心配なこともありますが準備をしっかりして、楽しい思い出を作ってください。
 



 

おすすめ記事もどうぞ