みなさんは春の七草をご存知ですか?


年明けに七草粥にして食べたことがある人もいるのではないでしょうか。


1月7日の朝に七草粥を食べるという伝統があります。


1月7日は“人日の節句”と呼ばれ、端午の節句(5月5日)や七夕(7月7日)などと同じ五節句の一つなのです。人日の節句に七草粥を食べて無病息災を願う行事なのです。


贅沢なお正月料理を堪能した後、少し疲れが出ている胃腸にも優しい料理ですので、皆さんの家でも取り入れてみてはいかがでしょうか。



今回は「春の七草粥を食べる意味とは?子供に覚え方や作り方も簡単に説明! 」と題して子供にもわかりやすく説明できる七草の覚え方や意味、七草粥の簡単な作り方を紹介したいと思います。

 



 

七草粥の主役は春の七草!その名前と覚え方

 

 
“春の七草”という言葉はよく聞きますが、七草をすべて覚えていますか?
両親や祖父母から、または幼稚園や保育園、小学校では一度は誰もが教わっていると思います。


春の七草は「“せり(芹)”“なずな(薺)”“ごぎょう(御形)”“はこべら(繁縷)”“ほとけのざ(仏の座)”“すずな(菘)”“すずしろ(蘿蔔)”」とされています。


聞きなれない野菜と思われるかもしれませんが、“せり”はそのまま、“なずな”は“ぺんぺん草”、“ごぎょう”は“ハハコグサ”、“はこべら”は“ハコベ”、“ほとけのざ”は“コオニタビラコ”、“すずな”は“かぶ”、“すずしろ”は“大根”のことです。


聞いたことのある名前が増えたのではないでしょうか。


これらは早春に芽吹く野菜であり、春の七草は“邪気を払う縁起物”として人日の節句に用いられていたとされています。


正月料理で不足しがちな野菜を補充するという意味でも大きな意味があります。


せっかくなので、春の七草を覚えてみましょう。小さなお子さんがいる方は、親子で覚えてみてはいかがでしょうか。


「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ」
リズミカルに読むと覚えやすいと思います。


イラストを見て、指さしながら繰り返し口ずさんでみましょう。いつの間にか覚えていますよ。
 

 

 
七草粥を作ることになったら、実物を持ちながら口ずさんでみてくださいね。
 



 

七草粥を作ろう!作り方は誰でも簡単!

 

 
七草粥を作ろうと思ったみなさん、年明けのスーパーには七草がセットで売っていると思います。七草を自分で探しに行かなくてもいいですからね。


七草が用意できたら、下ごしらえからやっていきましょう。


七草のうち“すずな(かぶ)”“すずしろ(大根)”の根菜と、そのほかの葉物に分けます。
 

  1. すずな・すずしろは茎と根元を切り落し、薄切りにします。
  2. お湯を沸かし、塩を入れて茹でます。少し柔らかくなったら取り出して水気をきります。
  3. 葉物類はしっかり洗って根元を切り落とします。せりは根元を残しても構いません。
  4. ②で使用したお湯で葉物をサッと茹でます。(20~30秒)
  5. 茹でた葉物を水につけた後水気を絞り、粗みじんにしておきます。
  6. これで七草の下ごしらえは終了です。

 
鍋におかゆを作りましょう。お米に多めの水をいれて作っても構いませんし、炊いたお米に水を入れて煮ても構いません。お好みの方法でおかゆを作ってください。


おかゆができたら、下ごしらえした七草と塩をひとつまみ入れ、軽く混ぜ合わせながら温めてください。



以上で七草粥の完成です。


やけどしないように気を付けて食べましょう。


好みに合わせて味噌や中華だしで味付けしても美味しいです。


もっと手軽に七草粥を楽しみたい方や、一人暮らしの家族に七草粥を食べてもらいたい方には、フリーズドライの春の七草もありますよ。
 

 



 

まとめ

七草粥は中国が起源と言われていますが、日本でも平安時代には年中行事として七草粥が食べられていたといわれています。


現代は昔に比べてお正月の食事も豪華になり、胃腸の負担も大きくなっています。


七草には胃腸の疲れを和らげ、体全体をリセットする効能があります。


みなさんも1月7日は胃腸を休めて、健康的な一年を過ごせるように七草粥を食べてみてはいかがでしょうか。