日本では日頃お世話になっている人に対して、一年の締めくくりにお礼の気持ちとしてお歳暮を贈る習慣があります。“今年お世話になった感謝”を示すとともに、“来年もよろしくお願いします”という意味が込められています。


今回は「新社会人のためのお歳暮マナー!誰にどのように贈るのかわかりやすく解説」と題してお歳暮についてご説明いたします。


新社会人になったあなたも、今年はお歳暮を贈る機会があるかもしれません。
お歳暮のマナーをしっかり身に着けて、より良い人間関係を築きましょう。
 



 

ビジネスでお世話になっている相手へ!お歳暮の正しい用意と渡し方とは?

 

 
上司や取引先などビジネスでお世話になっている相手にお歳暮を贈るとき、マナーをしっかり守らなければなりません。

来年以降の人間関係を円滑にするためにも、しっかりマナーを学びましょう。


大切なのは“いつ”“どんなものを”贈るかです。

お歳暮を贈る時期はいつ?

では、お歳暮とは“いつ”贈るべきものなのでしょうか。


一般的には、12月初旬~20日頃までと言われています。地域によって少し違うこともありますので、年の近い先輩に聞いてみるのもいいと思います。

お歳暮の選び方は?

それでは“どんなもの”を贈るのでしょうか。


お歳暮の相場は“3000円~5000円”と言われています。特にお世話になっている取引先には、少し金額を大きくする場合もあります。


お歳暮の定番は“お菓子”と“スイーツギフト”です。


百貨店ではお歳暮コーナーが設置されることが多いので、相手の好きなものを事前にリサーチし、喜ばれるものを贈りましょう。


生鮮食品などは賞味期限が短いので、年末に人が集まることを想定して年末に近い時期に届くようにしておいた方がよいでしょう。相手の家族構成なども事前に把握しておくといいですね。


ただし、財布やネクタイといった仕事道具はお歳暮の品としては失礼にあたるのでNGです。気をつけましょう。
 

 

 

お歳暮の渡し方は?

次にお歳暮の渡し方です。


普段から相手の家へ訪問する間柄であればよいのですが、そうでない場合、年末は忙しくなるので郵送の方が喜ばれることが多いです。その際は、お歳暮の前に送り状が届くようにしてください。


ビジネスでお世話になる相手なので、送り状を必ず準備しましょう。送り状で感謝の気持ちと健康を祈る気持ちを伝えたうえで、そのあとにお歳暮が届くようにしましょう。
 



 

実家の両親へ!お歳暮の相場とおすすめの品

 

 
お歳暮のマナーは、ビジネスと変わりません。


実家の場合は可能であれば年末年始のあいさつなどで顔を出して、直接手渡した方が喜ばれます。家族団らんを楽しみながら両親へ感謝の気持ちを伝え、家族全員で食べられるものを用意すると喜ばれるのではないでしょうか。


今回は、実家へのお歳暮におすすめの品を紹介します。


家族であれば好みもある程度分かっていると思うので、喜ばれる品物も用意しやすいのではないでしょうか。


相場としては、4000円から5000円程度にしてお互いに負担にならないようにしましょう。
 

ビール・ジュースなどの飲み物

ビールやジュースは自分たちで楽しめるだけでなく、来客用などにも使えます。


ビール好きな両親であれば、普段買えないプレミアムビールも喜ばれます。
 

 

お菓子・デザート

ビジネス同様お菓子やデザートはお歳暮の定番です。自分が気に入ったお菓子など、エピソードがあるものは話のタネになり喜ばれます。
 

 

ハムやソーセージなどの加工肉

こちらもお歳暮の定番です。実家が両親だけの場合、食べるのに時間がかかる場合もあるため、消費期限の長い加工肉が喜ばれます。
 

 
両親の喜ぶ顔を思い浮かべながら、大好物を贈ってみてはいかがでしょうか。
 



 

まとめ

お歳暮は相手へ感謝の気持ちを伝えるとともに、来年以降の人間関係を円滑にするために贈るものです。相手への感謝がしっかり伝わるように、マナーを守り、正しい方法で贈りましょう。

上司や取引先などのビジネス関連の相手だけでなく、実家のご両親にも新社会人になったのを機に贈ってみてはいかがでしょうか。

相手がビジネスの相手であっても、実家の両親であっても、相手に喜ばれるものを贈るということを心がけましょう。
 



 
関連記事もどうぞ!