寒くなってきましたね。これからウインタースポーツのシーズンが始まります。

ウインタースポーツはスキー・スノーボード・スケートとたくさんの種類があります。

そのなかで、初心者が始めやすいのがスノーボードです。

この冬、一度ゲレンデに飛び出してスノーボードを楽しんでみませんか?

今回は「令和はスノーボードに挑戦!初心者おすすめのスキー場の場所はどこ?滑り方も!」と題して初心者でも手軽にスノーボードを始められるスキー場と滑り方を紹介します。
 
関連記事もどうぞ!

 



 

駅直結!?新幹線で日帰りスノーボードを楽しもう!

 

 
ウインタースポーツにおいて、スキー場までのアクセスというのがハードルの一つではないでしょうか?

たしかに、慣れない雪面を運転するのはとても神経を使うため、ドライバーはスキー場に着いた瞬間に達成感を感じるほどです。

それを解決するのが、新幹線直結のスキー場です。

新幹線の発車時間にさえ間に合えば、あとは新幹線が連れて行ってくれます。初めてでも道に迷うこともありません。とても手軽にスキー場に行くことができます。

東京からもっとも手軽に行けるスキー場…それは、“GALA湯沢スキー場”です!
 

GALA湯沢スキー場
GALA湯沢スキー場
 

 
“東京駅から新幹線で最速75分!”“新幹線の改札を出たらリフト券売り場”という完全な駅直結型のスキー場です。

規模も大きいため、レンタルや飲食店、着替え用ロッカー等も完備されています。

宅配コーナーもあるため、道具を持っている人は宅配にすれば最小限の荷物で行くことができます。

えきねっと等のお得なプランで予約すれば、一人一万円程度で新幹線とリフト券が購入できるため、非常にリーズナブルです。

コースも充実しており、初心者から上級者まで楽しめるスキー場となっています。



スノーボードに興味があるみなさん、今年は新幹線で日帰りスノーボードを手軽に楽しんでみませんか?
 

 



 

まずはレンタルで楽しもう!スノーボード初心者が最初に学ぶ滑り方

 

 
スノーボードに興味を持った初心者のみなさんは“レンタル”でスノーボードを始めてみましょう。

いきなり高い道具を購入する必要はありません。道具の種類に悩む必要もありません。まず一度、“レンタル”でスノーボードを楽しんでみてください!

一人でスキー場に行く場合は、少し費用が掛かりますが初心者スクールに入ることをお勧めします。

インストラクターはとても親切でしっかり見てくれますので、ひとりでも怖がることはありません。周りもみんな初心者なので安心ですよ。


ここからは、初心者が楽しむための滑り方を簡単に紹介します。


一般的には“木の葉落し”と呼ばれる方法です。
まさに落ちる木の葉のごとく、右に左に動きながら滑る方法です。
 

 
まずはスノーボードを装着して、雪上に立つことから始めるのですが、実はまっすぐ立つことが初心者にとってはとても高いハードルなのです。なにしろ重心が安定しません。


立ち上がっては勝手に滑り出して、あわてて座り…を繰り返すことになります。

そこで必要なコツがあります。立ち上がって動き出したらそのまま身を任せることです。

初心者の多くが、立ったその場に留まろうとしてバランスを崩し、倒れてしまいます。

スノーボードは“滑る”ものなので、滑り始めたら身を任せましょう。

そのうち、右に左に進むようになり、自分でコントロールできるようになります。これが“木の葉落し”です。

木の葉落しができるようになると、上級者コースでなければほとんど自分の行きたい場所に行くことができるようになります。

ゲレンデを自由に滑って、ゲレンデを満喫しましょう。
 



 

まとめ

スキー場はまさに“非日常”です!

一歩雪の上に足を踏み入れたその時から、大きな解放感を感じることができます。

新しいことを始めるのは、確かにハードルが高いかもしれません…しかし、ハードルを乗り越えた先には、“非日常”という大きな魅力が待っているのです。

スノーボートはいまや、新幹線を使って日帰りで楽しめる手軽なレジャーとなりました。

令和になり、新しいことを始めようとしているあなた、一度スノーボードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
 



 
関連記事もどうぞ!