大晦日は年越しのカウントダウンが始まる少し前から、お寺から鐘の音が響き始めます。


除夜の鐘と呼ばれていますよね。多くのお寺では、年末年始の0時をまたぐ様に、鐘がつかれます。


自分の子供や孫たちが除夜の鐘の音を聞いて「あの鐘は何のためなの?」と疑問を持った時、あなたはすぐに答えてあげられる自信がありますか?


伝統や風習については「昔からそうなのだよ」と言ってしまいがちですが、一度その由来や意味を確認してみてはいかがでしょうか。思わぬ発見があるかもしれませんよ。


今回は「大晦日に除夜の鐘をつく意味は?子供にわかりやすく説明(解説)!」と題して除夜の鐘についてまとめてみました!
 
関連記事もどうぞ!
 



 

除夜の鐘をつく回数は108回?そもそも煩悩とは何なのか?意味は?

 

 
仏教寺院にある大きな鐘を見たことはありますか?あの鐘は“梵鐘(ぼんしょう)”と呼ばれています。


毎日同じ時間になると、梵鐘をつく音が聞こえてくると思います。


除夜の鐘は大晦日の夜に寺院の梵鐘を“つく”こと。漢字では“撞く”となります。


大晦日とは除日とも言われます。除日とは一年の最後の1日のことで、除夜とは大晦日の夜のことです。


除夜の鐘とは“除夜に108回梵鐘を撞き鳴らして煩悩解脱を祈る儀式”なのです。


108という回数の由来は諸説ありますが、一般的には煩悩の数といわれています。


では、“煩悩”って何なのでしょうか?


テレビでよくみられるのは、瞑想中に煩悩がでてきて肩をたたかれるシーンですね。


煩悩とは仏教の教義の一つで「心身を乱し悩ませ智慧を妨げる心のはたらき・汚れ」と言われています。


有名なものでは“欲望”“怒り”“執着”などですね。


煩悩はいくつかの種類に分かれており、すべての煩悩をあわせると108の煩悩があるとされています。


仏教においてこれらの煩悩を祓うことを煩悩解脱といいます。


仏教の僧侶たちは、日々の修行の積み重ねにおいて、煩悩を取り祓うことで悟りをひらくことを目的としています。瞑想も修行の一つです。


ですが、我々は僧侶ではないので、毎日仏教の修行を積むわけにはいきません。


除夜の鐘には修行を積んでいない普通の人であっても、煩悩を祓う力があるとされています。


その信仰が、除夜の鐘という儀式として現代にも受け継がれているのです。
 

 



 

一度体験してみては?東京で除夜の鐘をつけるお寺はこちら!

 
除夜の鐘を撞くのは僧侶が一般的ですが、参拝客も撞くことができる寺院もあります。

年越しに家族で寺院に出かけて、除夜の鐘を撞くのもいい思い出になると思いますよ。

ただし、夜中の遅い時間のお出かけになりますので、寒さと安全には気を付けてくださいね。

今回は、東京で除夜の鐘を撞くことができる寺院をいくつか紹介します。
 

新井薬師 梅照院

 

 

 
最寄り駅 西武新宿線 新井薬師駅 徒歩6分
事前申し込みなし
 

長栄山 池上本門寺

 

 

最寄り駅 東急池上線 池上駅 徒歩10分  都営浅草線 西馬込駅南口 徒歩12分
午後11時より整理券配布 先着600名
 

増上寺

 

 

 
最寄り駅 都営地下鉄浅草線 大門駅 徒歩5分 都営地下鉄三田線 御成門駅 徒歩3分
事前申し込みが必要


このほか多くの寺院で除夜の鐘イベントが行われています。

一度調べてみてはいかがでしょうか?身近な神社でも除夜の鐘がつけるかもしれませんよ。

初詣も兼ねてイベントを行っている寺院も多いので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがですか。
 



 

まとめ

除夜の鐘をきくと、落ち着いた気持ちになる人も多いのではないでしょうか。


除夜の“除”には、“古いものを捨て、新しいもの迎える”という意味もあります。


古いものとともに、心の中の煩悩を捨て、新しい気持ちで新年を迎えるために、除夜の鐘という儀式があります。


子供たちにも“今年あった嫌なことも全部鐘に追い出してもらって、新しい一年を迎えよう”と伝えてみてはいかがでしょうか。
 



 
関連記事もどうぞ!