年末恒例の大掃除!大掃除しないとなんだかスッキリしませんよね。


しかし大掃除をなぜ年末にしないといけないのか、何か意味があるのか気になりませんか。


また大掃除をしないといけない日が具体的にあるのかご存知ですか?


今回は、「【必見】年末に大掃除をする本当の意味(理由)は?始める時期はいつから?」と第して、年末に大掃除をしないと罰が当たる?意味があるのか?と年末に大掃除する日は詳しく決まっているのかについてご紹介いたします。
 
関連記事もどうぞ!
 



 

年末に大掃除をしないと罰が当たる?意味(理由)がある?

 

 
まず年末の大掃除の由来は、「煤払い」です。煤払いは神社で年末に行われている大掃除のことで天井や壁にある埃を払うことを表します。


払いには清めるという意味があります。


江戸時代、江戸城で煤払いが行われておりこれが庶民の文化にも繋がったようです。
煤払いでは専用の道具の「煤梵天」で埃を払うそうです。
 

 
また、大掃除をする意味は新年を明るく過ごせるようにという説もありますが、主にお正月に神様を自分に家に綺麗な状態でお招きするためと言われています。



昔の言い伝えで日本にはお正月にそれぞれの家庭に幸せをもらたす神様がやってくると言われています。よってお正月に門松や鏡餅を飾って神様をおもてなしするとされています。


年末に大掃除をする理由として、幸せをもたらす神様をお迎えするためと、由来は煤払いで神社で行われる大掃除でした。


幸せをもたらす神様がいらっしゃるのに汚いお家ではお招きできませんよね、これを知ってしまったら汚い状況でお招きしたら罰があたると感じてしまうかもしれませんね。


では、年末の大掃除は具体的な日付はきまっているのでしょうか。
 

 



 

年末に大掃除する日は詳しく決まっている?

 

 
大掃除の意味で述べて通り江戸城を大掃除することが始まりでしたが、当時は12月31日に掃除するのではなく12月13日鬼宿の日に大掃除をされていました。
 
鬼宿日は外に鬼がいて家の中にいて何かをするのが良い日といわれています。
よって現在でも大掃除の日は12月13日から12月31日の間(29日を除く)に行うことが良いという習わしがあります。
 
しかし、間違えてはいけないのが12月29日に大掃除をすることは縁起が良くないと言われています。12月29日は「9」が苦に繋がるので昔から日本では敬遠されています。
 
と、説明しましたが縁起を信じない方は11月からお掃除を始めることをおススメします。
11月からガラスや網戸の拭き掃除などまだ寒さを感じない時に外に出るような作業をされるのはいかがでしょうか。
 
そして12月頃にお風呂掃除や台所など家の中の掃除をするという計画をすれば一気に掃除しなくてすみますね。
 
縁起を気にされる方は12月13日から、気にされない方は11月頃から少しづつ。
どちらにしても一日で一気に終わらせるのは大変ですね。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生がときめく片づけの魔法 改訂版 [ 近藤 麻理恵 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2019/10/27時点)

 



 

まとめ

今回は、年末に大掃除をしないと罰が当たる?意味がある?と年末に大掃除する日は詳しく決まっている?をご紹介いたしました。


年末の大掃除はしないと罰があたるとは言われていませんが、大掃除の意味として幸福を導く神様をお招きするためと思えば掃除も楽しくなりそうですね。


また大掃除をする日にちは江戸時代からの名残で12月13日は良いとされていましたが、迷信を信じない方は11月頃から少しづつお掃除を始めることをおすすめします。


今年ももうすぐに終わりますね、皆さん来年を楽しく迎えるために家の中を隅々までピカピカにしましょう。
 



 
関連記事もどうぞ!