2019年も残りわずかですが、年末は皆さん大掃除をしてから暖かい年越しそばを食べる方が多いのではないでしょうか。


お蕎麦屋さんは大盛況、お家でおそばを食べる方や、インスタントラーメンのおそばを食べる方もいらして皆さん日本の伝統文化に自然と沿っていらっしゃいますね。


ちなみになぜ年越しそばを食べるのか、うどんじゃダメなの?と思う方はいらっしゃいませんか。


そこで今回は、「大晦日恒例!年越しそばの由来と意味は?食べる日を間違うとダメ?」と題して年越しそばについてまとめてみました!
 



 

年越しそばは食べる理由なぜ?由来と意味は?

 

 
「年越しそば」は江戸時代から「早い、安い、うまい」ということで人気でした。


年越しそばを食べる意味の諸説がたくさんあり、有名だと「健康長寿」「家運長寿」があります。

これはお蕎麦を作る工程が長く伸ばして細く切る、ことからそれを人々の健康の考え方へ変わり、年越しそばを食べると細く長く(長寿)生きられると縁起が良いことを表しています。


また、「年越しそば」は麺類のなかでも切れやすく、食べると悪い運が切り離せる。

ということで、年越しそばを食べると「今年一年の悪い災を断ち切れる」ことを表しています。


また、長寿でいうとお蕎麦に含まれる「ルチン」という栄養素によって高血圧予防になるという諸説もあります、詳しく知りたい方は「ルチン」で調べてみてください。


まとめると年越しそばを食べる理由は、年越しそばを食べると長生きできるとされて縁起が良い食べ物といわれているからになります。
 

 



 

年越しそばはいつ食べる?食べる日が違うとダメ?

 

 
年越しそばは全国的に大晦日に食べられます。これは新年を祝う料理の一種の「年取り料理」の習慣とされています。


食べる日が違うとダメとされていません。新潟県と福島県では元旦にお蕎麦を食べる習慣があります。新潟県はそれを「十四日そば」と言われています。
 

 
また、大晦日のどのタイミングで食べれば良いかの規則もありません。よって時間があればお昼にお蕎麦屋さんにいって食べられるのもおススメします。


しかし、一般的にはお夕飯に食べられたり、除夜の鐘を聞きながら食べられますね。


大晦日に自分のスケジュール範囲で年越しそばを食べられてはいかがでしょうか
 



 

まとめ

いかがでしたでしょうか。


今回は「大晦日恒例!年越しそばの由来と意味は?食べる日を間違うとダメ?」をご説明しました。


年越しそばを食べる意味は人々の健康を祈る縁起が良い食べ物だからでした、またおそばには高血圧予防の効果があり長寿も納得できる理由がありました。


年越しそばを食べる時は、地方によって違いましたが大体は大晦日の夕飯や除夜の鐘を聞きながら食べる方が多いことが分かりました。


今年は自分で作った年越しそばを誰かに振舞って、今回知った知識を話しながら素敵な年越しを過ごすのはいかがでしょうか。
 



 

おすすめ記事もどうぞ