年末が近づいてくると会社員の方は特に楽しみにしているボーナス。

前から狙っている欲しいものを買われる方、どこかに旅行をされる方、親孝行をされる方、全く使わずに貯金される方などいろんな方がおられると思いますが、ボーナスの平均金額って気になりますよね?

今回は「ボーナスの平均金額はいくら?年齢の差は?徹底解説!」と題してそんな気になるボーナスの平均金額について徹底的に解説していきたいと思います。
 



 

ボーナスの平均金額はいくら?

 

 
今回は年末が近づいてきているかつ夏と冬だと冬のボーナスの方が多い傾向にありますので会社員の冬のボーナスの平均についてご紹介していきます。

ボーナスは会社の業績によって大きく左右されるものだと思いますしもらえるだけでありがたいという考え方もありますが年収にも大きく関わってくるのでできるだけ多くのボーナスをいただきたいと思うのは当然だと思います。

大手企業の方がたくさんボーナスをもらっているという傾向がありそうですが実際のところやはり企業の規模が大きくなるにつれてボーナスの額も多くなる傾向にあります。


2018年の冬のボーナスのデータですが…


大手企業… 基本給の2.5か月
中小企業… 基本給の1か月


まず根底として上記数字が企業の平均になってくるかと思います。

もちろん業績や企業によって差がありますので一概には言えない部分もあります。

会社員の平均月給は39万円と言われていることから平均金額を算出すると…


大手企業… 約97万円
中小企業… 約39万円


となります。

大手企業と中小企業でこれだけの差があるというのは驚きですね。

多くの方が大手企業に入りたいというのがこういった現状からも考えられます。

これだけの差があるのに平均を出すのはおかしいかもしれないですが、あえて出させていただくと…


平均金額… 約68万円


となります。

この数字を見ると個人的には多く感じますがどうでしょうか?

冬だけでこれぐらいのボーナスが平均でもらえるとなると年間で100万円は超えてくるのでものすごい金額ですね。

次は大きく変わってくる年齢別で平均を見ていきたいと思います。
 



 

ボーナスの平均の金額は年齢によってどれぐらい変わるの?

 

 
上記で平均のボーナスの金額について解説させていただいた上で大手企業と中小企業では大きな差があることは理解いただけたかと思います。

それと同じぐらい年齢によってボーナスの平均金額が大きく変わってきます。

日本では年功序列という流れがまだ残っている部分もありますので社歴によって平均金額もどんどん上がっていくのは当たり前だと思いますが実際はどうなのでしょうか?


10代 …約7.5万円
20代…約28万円
30代…約56.5万円
40代…約78万円
50代…約92万円
60代…約69万円
70代…約16.5万円


様々な情報を集約したところ上記のような感じになります。

やはり年齢順に上がっていく傾向にありますね。

しかし54歳ぐらいまでは徐々に上がっていく傾向がありますが役員レベルとかでない限りは55歳を過ぎると減少する傾向になり60歳以降の定年になってくると大幅に減少する傾向にあるようです。

先ほども述べましたが最近では成果主義が増えてきているとは言え年功序列という流れがまだまだ染みついているのでこのような現状になっているのではないかと思います。
 



 

まとめ

これまでボーナスの平均金額について述べてきました。

会社員の冬のボーナスの平均金額としては約68万円です。

ボーナスは業績、企業の規模、企業の考え方、年齢など様々な要因があって決まることなので平均金額といっても一概には言えない部分もあります。

しかし、新卒で就職活動をされている方や転職活動をされている方にとってはこの記事を少しでも参考にしていただけるのではないかと思います。