発達障害


最近、よく名前を聞くようになった「発達障害」。


発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のアンバランスさと、その人が過ごす環境や人間関係とのズレから社会生活に困難が生じる障害の総称です。



そこで今回は、「発達障害の特徴と原因は?症状を改善する対策方法まとめ!」と題して大人の発達障害についてまとめてみました。。

 



 

自分は人とは違う。もしかして発達障害かもしれない。特徴と対策方法を知ろう!

 
発達障害
 
代表的な疾患は3つあります。


自閉症スペクトラム障害/自閉スペクトラム症(ASD)
対人関係の困難や興味・関心の限定、特定の行動を繰り返すなどの特徴がある障害のことです。


注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害(ADHD)
不注意、多動性、衝動性を主な特徴とする障害です。

学習障害(LD)
読み書きや聞く・話す、計算・推論することのいずれかが著しく苦手な状態である障害です。


こうした特性は見た目では分からないため、周囲はつい「本人の努力が足りない」と思ってしまいがちです。しかし、努力をしてもなかなか改善が難しいということがあります。


大事なことは、自分は何ができないのか、きちんと把握することではないでしょうか。


自分ができないことを無理にやっても失敗を生むだけです。何かしら得意なこともありますから、できないことと同じように、できることも把握しましょう。

 



 

最近増えている発達障害の原因とは?原因不明の症状を理解するには?

 
発達障害
 
大人の発達障害は年々増加の傾向にあるようですが、原因として考えられるのは、何らかの要因により、先天的に脳の一部の機能に障害があるそうです。


しかし、発達障害を引き起こす要因やメカニズムなどは、まだはっきりとは解明されていないようです。


そのため、原因不明と扱われるケースがほとんどで、一部の特性においては、胎児期の風疹感染などの感染症や遺伝子の異常などが影響するといわれています。


環境要因も関係する場合も考えられますが、親の育て方や愛情不足などが原因だというのは誤りだと考えられます。


あと考えられるのがスマートフォン利用者の増加だそうで、夢中になっていると、自然と視野が狭くなっていき、健常の人でもいつの間にか注意障害が悪化してしまようです。


あとはコミュニケーション不足による障害も考えられます。スマホートフォンやパソコンなどメディアの利用により、自閉化が進んでいると問題になっています。


見る時間を減らしたり、広い視野をみてはいかかがでしょうか。

 



 

発達障害の対策方法はあるの?どうやったらこの先やっていけるの?

 
発達障害
 
もし、自分が発達障害かもしれないと思いつくことがあったらどうすればいいのでしょうか?


物忘れがひどいとか、仕事で簡単なミスが続くとか、問題点などを書き出してみましょう。そこから何が自分でできないのか、きちんと把握しておきましょう。


しかし、何かしら得意な事柄もありますから、できないことと同じように、できることも把握した上で、取り組んでいくのもいいでしょう。


できないことは、周りのサポートも必要になってきますので相談してみてはいかがでしょうか。


それから、脳の発達を促進していくことが大事なわけですから、見る、聞く、話すことを意識していきましょう。いろいろな感覚を使うように意識してみましょう。


そうやって脳に情報を送ることで、それが刺激となり、脳を鍛えることができます。


あとは、適度な運動も効果的だそうで、1日1時間の散歩を習慣化させることから始めてみてはいかがでしょうか。
 

 



 

まとめ

もしかして自分のある行動が相手に迷惑をかけているかもしれません。


そのことも受け止めて早めに対処していきましょう。


生活に支障が出るほど悩んでいるなら、まずは自分がどのような症状に当てはまるのかを調べてみて、その上で支援機関や病院に相談に行ってみましょう。