腰痛の原因と対策


「毎日のデスクワークによる腰痛がつらい!」

「腰痛を少しでも和らげる方法(対処法)を教えて欲しい!」

この記事は、そのような方に向けて書いております。



そこで今回は「腰痛の原因はストレス?対処法はストレッチが有効!効果は?」と題して、腰痛についてまとめてみました!

 



 

腰痛の原因はストレスだった!?その対処法について解説

 
腰痛の原因はストレス
 
お年寄りから若者まで、幅広い年代の多くの人達が抱えている「腰痛」。


この腰痛には様々な「ストレス」が深く関わっています。


腰痛の原因となるストレスは、「心理的ストレス」、「身体的ストレス」、「科学的ストレス」など様々ありますが、今回は「身体的ストレス」に着目して記事を書いてゆきます。


身体的ストレスとは、姿勢や疲労など、身体に直接負荷となってかかるストレスを指します。


この記事を読んでくださっている皆さんの中にも、日々のデスクワークや、重い荷物などの持ち運び作業などで腰痛を経験した方は多いのではないでしょうか?


日本国民のほとんどが抱えている、「国民病」と呼ぶにふさわしい腰痛。


本日は、そういった腰痛に効果のある、とある対処法について解説してゆこうと思います。

 



 

腰痛の対処法【ストレッチ】

 
腰痛の対処 ストレッチ
 
今回、腰痛の対処法として紹介させていただくのが「ストレッチ」です!


腰痛には様々な原因があり、そのほとんどが原因不明です。


腰痛を改善させるためには、その原因を探りながら治療したいところではありますが、「身体的ストレス」が原因と考えられる腰痛は、ストレッチによる腰痛軽減効果が期待できます。


腰痛の原因は腰自体にないことも多く、背中、お尻、足、股関節などのズレや疲労、血流量低下により引き起こされることもしばしばあります。


このように疲弊した背中、お尻、足、股関節、そして腰回りのストレッチを行うことにより、疲労を除去し、腰痛を軽減することができるのです。


特に効果的なのが、しっかり湯船につかって筋肉を温めて、お風呂上がりに時間をかけて各部位をほぐすようにストレッチすることです。


ストレッチを行う際は、伸ばす部位を意識することが重要です。



 



 

腰痛対策としてのストレッチの効果とは!?

 
腰痛対策 ストレッチの効果
 
ストレッチとは「筋肉を伸ばす運動」を意味しますが、筋肉を伸ばすことで腰痛にどのような効果があるのでしょうか?


ストレッチにより筋肉を伸ばすと、その付近の血管が伸び縮みすることで血液循環がよくなったり、自律神経の副交感神経が刺激されることによってリラックス効果を得ることができたりします。


更には、硬くなった筋肉をストレッチでほぐすことによって筋肉の緊張が緩和され、疲労が溜まりにくい柔軟な筋肉になります。


このように、血行促進・神経機能改善・リラックス効果・柔軟性向上・疲労除去などの効果によって、腰痛を軽減することができるのです。


更に、ストレッチには腰痛を軽減するだけでなく、予防する効果も期待できます。


毎日のストレッチにより筋肉の柔軟さを維持することが、身体的ストレスに強い、しなやかな腰をつくることに繋がるのです。
 

 



 

まとめ

今回は、「身体的ストレス」のみに着目した腰痛対策について解説いたしましたが、身体的ストレスが原因の腰痛は、日本国民が抱えている数多くの腰痛の中のほんの一部でしかありません。


内臓疾患が原因の腰痛、加齢に伴う筋力の低下や骨密度の低下による腰痛、精神的なストレスや不規則な生活習慣によって引き起こされる腰痛など、さまざまな原因が存在します。


それらの原因を知らないまま、自分の腰痛に何の対処もせずに時間が経過してしまうと、症状が慢性化してしまい、治ることが難しくなってしまう可能性があります。


腰痛は、こじらせればこじらせるほど治るまでに時間がかかってしまいます。


まず、「自分の腰痛の原因は何なのか?」を知ることが、腰痛対処法の第一歩なのです。


そのためにも、自分の力だけで腰痛を解決しようとはせずに、できるだけ早い段階で医療機関を受診し、腰痛の原因を突き止めましょう!
 



 

おすすめ記事