どうして視力は落ちるのでしょうか?


長時間のパソコン、スマートフォン、ゲームなど至近距離で画面を見続けると、目の筋肉はずっと緊張し続け、カチカチに固まってしまうようです。


そして、いざ遠くのものを見ようとしたとき、なかなか上手く筋肉が伸ばせずピントが合わなくなり視力が低下した状態に陥ることになります。



そこで今回は「視力低下による病気が急激に増加!原因から失明を防ぐための対策まで」と題して視力低下の原因や今急激に増加している病気とその対策についてまとめてみました。

 



 

視力低下によって起きる病気とは?

 

 
急激な視力低下からくる病気については、白内障、緑内障、網膜剥離、水晶体偏位、硝子体出血、視神経炎などが考えられるようです。
 

白内障(はくないしょう)

視野全体が白くかすんで見え、二重や三重に見える、まぶしく感じるなどの症状があり、視力低下があらわれます。
 

緑内障(りょくないしょう)

目の痛み、充血、頭痛、視力低下、視野が狭くなるなどの症状があらわれます。
 

網膜剥離(もうまくはくり)

視野の欠損、視力低下があらわれる。症状として、光が走るように見えたり、目の前を小さな浮遊物が飛んでいるように見えたりすることがあります。
 

水晶体偏位(すいしょうたいへんい)

物が二重に見えたり、視力低下があらわれます。
 

硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

出血により、小さな浮遊物飛んでいるように見えたり、「墨を流したような影」のようなものが見えます。出血が大量になると目のかすみや視力低下があらわれます。
 

視神経炎(ししんけいえん)

急激な視力低下から始まり、目の奥が痛むなどの症状があらわれます。



目の病気は高齢になってから発症することが多いようですが、急激な視力低下には目の病気以外に、脳出血や脳梗塞など他の病気が原因となっている場合もありますので気をつけましょう。

 



 

視力低下が急激におきた場合の原因って?急な視力低下は要注意!

 

 
視力の低下が急激にきた場合は、注意が必要です。


視力が急激に下がることは、特に病気でなくてもあるようですが、何らかの病気や原因が隠れている可能性もあります。


目に異常が起きると、急激に視力低下を起こすこともあるようです。


違和感を持ったら、眼科に相談して目の検査(眼圧検査や視力検査、眼底検査など)を行うことが最優先です。


目だけではなく、脳の周りの神経などによる異常でも、急激に視力低下を引き起こす可能性もあります。


必要に応じて脳のCTやMRIを撮影して、異常がないかを確認するなど対応が必要になってきます。


ストレスや精神的な疲れなどが原因で、視力低下につながる可能性もあるようです。


無理なことはせず、睡眠時間をしっかりとり、そして、目の検査や脳の検査をしっかりと行って「目や脳に異常はない」という安心感を得ることも重要ではないでしょうか。


近視が進んだだけの場合もあります。パソコンやスマートフォンを長時間使用したり、環境の変化によっても、近視が進む可能性はあるようです。


本当にただ単に視力が落ちてしまっただけなのであれば眼鏡で矯正することも可能です。


急激に視力が低下するようであれば、基本的には眼科の診察を受けることをお勧めします。
 

 



 

視力低下を防ぐ対策をやってみよう!今からでもできることって何?

 

 
スマートフォンやパソコンなど長時間目を緊張させて一時的に視力が低下している場合は、目にホットタオルを当て休ませる目の周りのツボを押す、ということが効果的です。


ストレスが原因の急激な視力低下は一時的なもので、ストレスを発散、解消することで回復することが多いようです。


対策としては、体を動かしたり、美味しいものを食べたり、好きなことをしてストレスを溜めないように発散させましょう。


行動を改めても視力が戻らない場合や急激に低下し続けている場合は、眼科で見てもらいましょう。
 



 

まとめ

目は大事な器官の一つ。視力が低下したら自己判断をせず医療機関に行くことが重要です。


体調管理を整えて目に負担をかけない生活をおくりましょう。